<   2018年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

忙しいときこそストレス解消ということで引き続きキッスの話書きます。普通の人と2周半くらい遅れて高校3年生でキッスのファンになったわけで最初の新譜はヘヴィ路線の『地獄の回想』でしたね。前作『暗黒の神話』からひっそりエースの代わりを務めていたヴィンセントクサノがヴィニーウィズヴィンセントとせっかく名前新たに頑張ったのにあまりにきかん坊の自己中野郎だったためにたったアルバム1枚でクビになりまして翌1984年発売の『アニマライズ』ではキッス初の西海岸出身マークセントジョンなる無名のギタリストが3代目リードギタリストとなりました。時はLAメタル全盛期ですからヴィニーもそこそこの早弾きさんでしたがこのマークは尋常じゃない早弾き野郎でして32分音符とか弾いちゃうのだそうです。だそうですというのは僕には聴き取れなかったからです。とにかくそんな話題性に事欠かない時代にキッスのファンになってたシンイチ君(19)は次の新譜『アニマライズ』発売が待ち遠しくてたまりませんでした。もうね、予約してた新譜を手にした時は天にも昇る気持ちで聴いたわけです。1曲目の『アイヴハッドイナフ/I've Had Enough(Into the Fire)』のカッコいいこと!前にも書きましたが80年代のハード路線キッスは82年の『暗黒の神話』から85年の『アサイラム』までアルバムトップの曲がだいたい同じようなポールスタンレーのザ・ヘヴィメタルな曲を持ってきててその中でも僕は未だに何度聴いてもカッコいいなと思うのがこの曲ですね。疾走感のある16ビートにカッティングのようなリフで始まりいきなりマークさんの超早弾きソロなわけです。キッスの曲でヴォーカル入る前にギターソロが入る曲ってあまり無いのですがこの曲はキマってましたね〜。ただですね、いまになって思うのはこの曲以外はあまりぱっとしなかったってこと。シングルカットされたのは『ヘヴンスオンファイヤー/Heaven's On Fire』と『スリルズインザナイト/Thrills In the Night』だったと思いますがもちろん悪い曲じゃないんだけどなんかイマイチしっくりこないっつうか。後年本人たちから明かされたその原因てのは実はこの頃ジーンはほとんどキッスの仕事をしてなくてアルバムにも歌ってる以外参加してなかったのだそうです。ひどいね。なのでアルバムはポールの単独プロデュースだと。この『アニマライズ』に至る前までも何度もキッスは仲間割れの危機を経験するのですがそのたびにそれを乗り越える原動力となったのはポールスタンレー先生でして彼こそがザ・キッスなわけですね。それはそれで良いし78年のソロアルバムにしてもその後のソロアルバム『LIVE TO WIN』にしてもカッコいいのは間違いないんだけどやっぱりキッスってのは4人の個性的なキャラがあってのバンドだったのでポール単独色が強いのはキッスとしてはやっぱりどこか物足りないものなのですね。『アニマライズ』はまさに孤軍奮闘するポールのバンドのアルバムだったということです。がんばれポール。ただし彼が頑張りすぎるとどんどん商業路線になっていくんだよな。それはこいつの存在無くして語れないんですね〜。デズモンドチャイルド。しかし止まらんなこの話。ということで、今日はこのへんにしておきましょうか。
[PR]
by uegaito | 2018-02-19 20:44 | ロック | Comments(0)
気を取り直して地道に頑張ることにしました。というか何を頑張るのだろう。さて久々にキッス書きます。これまでの話の中でたびたび出てきてる『地獄のさけび/Hotter Than Hell』ですが僕がこれ買ったのは教習所に通ってる時だったので大学1年の秋くらいかな。恐らく『地獄の回想』の次の『アニマライズ/Animalize』が新譜で出るか出ないかの頃じゃなかったかしら。何度も書くように僕がキッスを聴き始めたのは世間の方々とはズレてて80年代のヘヴィ路線でしたからソリッドで速いテンポかつ分厚いコーラスの曲ばかりだったので初期の3枚のアルバムのシンプルというか軽量感満載のが信じられなかったわけです。中でもとりわけなんじゃこりゃだったのがこの『地獄のさけび』でした。なんというかヘタウマ?というかチューニングズレてないですか?みたいなギターで始まるタイトル曲などは当時の僕にはどうにも馴染めない感じでしたね。ところがこの中の『ゴーインブラインド/Goin' Blind』というジーンの曲がジワジワと感じ出しましてそしたらこの曲のギターソロが何とも味のあるというか泣き具合が最高というかってなっちゃっていまでもエースのソロの中では最高レベルではないかと思っている次第です。このソロがすごいんだって教習所で一緒だった中学校の同級生スチくんに熱く語ったものでした。そうなってくると他の曲も聴き方が変わるんだね。この頃は作曲するだけで自分では歌わん主義のエースの曲『パラサイト』や後のアンプラグドライブのオープニングを飾ることになる『カミンホーム/Comin' Home』、名盤『地獄の凶獣/ALIVE!』のラストを飾る名曲『レットミーゴーロックンロール/Let Me Go Rock'n Roll』などほんと後年キッスの名曲と言われることになる曲ばかりなんだよね。エピソード的にはデビューアルバム『地獄からの使者/KISS』を出したけど全然鳴かず飛ばずだったもんだから焦ったレコード会社が早く2枚目出せとせっついてメンバーの手持ちの曲を持ち寄ってとにかく超ハイスピードで出したというセカンドアルバムなんだそうです。ウィキ読んだんじゃないよ!このくらいファンなら常識ですよ常識。ところがこれも売れないわけです。3枚目『地獄からの接吻』を出しても売れない。この頃には契約してたレコード会社カサブランカレコードの社長さんは自分個人のクレジットカードの利用枠一杯にお金借りて破産寸前だったってのも有名な話。ところがイチかバチかで出したライブアルバムが大当たりでバンドはもちろん一気にスターダムにのし上がるし社長はギリギリ破産を免れたってわけでした。そのライブアルバムが『地獄の凶獣』ね。なんだかとても共感を覚えるつうかアメリカンドリームだぜって感じですよね。さてその頃待望の新譜『アニマライズ』が出るわけですがそのことはまた今度ということで。つづ・く。
[PR]
by uegaito | 2018-02-15 12:00 | Comments(0)
一時の連投はいったい何だったんだって感じの間の空き方でしたがいろいろありまして。このブログだいたい毎日のアクセス数って一桁かせいぜい20までは行かないくらいの極めてマニアックなあれだと思ってたのですが先月末に突然増え出しまして1/30にはなんと「126」とか行ってしまったわけです。大したこと書いているわけでもないのになんで100超えるんだ???と気持ち悪く思いましてすぐにエクサイトブログに問合せのメールをしました。だって変な炎上とかだったら嫌ですからね。まあコメントが一切入ってなかったので炎上のはずはないんですけどね。一応ね。もしかして何かブレイクした?なんて淡い期待も抱いてしまったわけです。ところが1/30がどうやらピークだったようで翌日から111→78→59→78→47と萎んでいきまして2/11には「1」ですよ。人を馬鹿にするのも大概にして欲しいものです(涙)。昇って落ちて気持ちはぼろぼろです。エクサイトブログの方によるとどうやら特定のbotとか言う機械的なアクセスってやつが増加してたようで、こいつを集計から除外するように対応したのでもう安心ですって。そうなんだ。。。そうだよねやっぱり。久しぶりに毎日ワクワクしたのになあ。アクセス数「1」だって。誰だよそれ。というわけですっかり書く気が失せてしまったわけですがそれも悔しいので書き続けますよ。それにしても機械的なアクセスだか何だか知らないけどそういう変なのにやられてもせいぜい「126」止まりというのがブロガーにはほど遠いってわけです。どうせエラーなら1万アクセスくらい行ってみたかったなあ。
[PR]
by uegaito | 2018-02-13 19:32 | つれづれ | Comments(0)

ウエガイトのブログ


by uegaito