カテゴリ:つれづれ( 516 )

暑すぎる。この調子だと10年後には50℃記録しました!なんてニュースが流れてそうなくらい酷暑化が加速してる気がしますね。だからブログサボってたってわけじゃないんだけど。一つ前の記事がコウメさんの誕生日の話ってことはほぼ3ヶ月もサボってしまってるわけですがまあ色々ありまして。今期放映中の『ラストチャンス』っつう地味なドラマがあるんですがその中で「人生の七味唐辛子」ってのが出てくるんです。曰く「うらみ、つらみ、ねたみ、そねみ、いやみ、ひがみ、やっかみ」なんだとか。なんだか地味にじんわり実感してしまうんだよなあ。さて3ヶ月前に花のセブンティーンになったコウメさん、すっかりおしゃれに目覚めてまして見てるこっちが恥ずかしい。あ、照れるって意味でね。決して似合ってるとか似合ってないとかそんなことをコメントして家庭内に波風立てるつもりはありませんのでよろしく。なんかわかんないけど気がつけばこじゃれた雑誌が家に増えてるしね。出かけるときはイヤリングとか付けちゃったりしてね。一緒に外出するとあれこんなに背が伸びてたっけと驚かされるんだけどヒールの高いサンダル履いてたりね。まあカミさんもウン十年前は厚底履いてたからね。簡単には驚きませんよ僕は。別に驚かそうと思って履いてないでしょうけどね。何か書きにくいなあやっぱり。昔は良かったなほんとに。何書いても本人が読むこと無かったから面白いなあと思ったことをそのまま書けたもんだ。ということで当たり障り無いテレビの話でもしようかね。もうテレビドラマ観るくらいしか楽しみが無くなりつつあるんだよね悲しいことに。いま必ず欠かさず観てるのはまず『西郷どん』『半分、青い。』。朝ドラは完全に惰性だけど今年の大河ドラマは久々にかなり面白い。鈴木亮平って俳優さんは正直『花子とアン』の時はどうだろうって感じだったんだけど今大河では役作りを徹底して臨んでるのがひしひし伝わってきてぐいぐい引き込まれてます。この方言葉について非常に考えてらっしゃってて以前何かのインタビューで「ら抜き言葉」の話をしてるのを観てその意見に感心したことがあります。彼曰く「ら抜き言葉」は日本語の衰退側の現象ではなく進化側だと。敬語の「れる、られる」との区別をするために発達した口語なんだって。事実かどうかは別として現象に嘆くでもなく迎合するでもなく自説を唱えるのがとても好感覚えた記憶があります。てことで『西郷どん』毎週楽しみにしてます。今期はあとは前述の『ラストチャンス』を地味に観つつ同日その手前の『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査』、『チア☆ダン』くらいかね。『絶対零度』は最近すっかり恋愛色が蒸発し切って観やすくなった月9枠で直前の『コンフィデンスマンJP』に続く見応えあるドラマだと思いますね。『ひよっこ』で行方不明になって記憶喪失にまでなってしまってたお父さんが今回は格好良くご活躍なさっています。『チア☆ダン』はね、もうね、こういういい人しか出てこない予定調和の様式美みたいなドラマをね、七味にまみれて疲れ切った週の終わりに観ないとね、やってられないのよ、50歳過ぎると。主演のお嬢さんをはじめロケッツの皆さんさすがにコウメやハッパと同じ高校生役は無理があるんじゃないかよって観ていて恥ずかしくなったりもするけどまあいいんですそういう細かいことは。流れ的に仕方ないとは言え土屋さんと広瀬さんの役年齢がひっくり返ってたりするのもご愛敬なわけです。役や脚本にうるさいイメージの五代雄介さんじゃなかったオダギリジョーさんが先生役で出演しているというのも僕としてはドラマの信頼性が高かったりしてね。8人揃わないと部活になれないってなったらちゃんと8人揃うし20人揃わないとジェッツには勝てないって言ったらちゃんと20人になるしチアリーダー部はどうなっちゃたんだろうとか誰も気にしないしとにかく細かいことが気になる人は観ない方が良いドラマナンバーワンです。とうとうハッパ名が主役ってのも我が家的には推したくなるところです。そんな感じで来週も頑張ろう。どんどはれ。
[PR]
by uegaito | 2018-08-25 14:23 | つれづれ | Comments(0)
一時の連投はいったい何だったんだって感じの間の空き方でしたがいろいろありまして。このブログだいたい毎日のアクセス数って一桁かせいぜい20までは行かないくらいの極めてマニアックなあれだと思ってたのですが先月末に突然増え出しまして1/30にはなんと「126」とか行ってしまったわけです。大したこと書いているわけでもないのになんで100超えるんだ???と気持ち悪く思いましてすぐにエクサイトブログに問合せのメールをしました。だって変な炎上とかだったら嫌ですからね。まあコメントが一切入ってなかったので炎上のはずはないんですけどね。一応ね。もしかして何かブレイクした?なんて淡い期待も抱いてしまったわけです。ところが1/30がどうやらピークだったようで翌日から111→78→59→78→47と萎んでいきまして2/11には「1」ですよ。人を馬鹿にするのも大概にして欲しいものです(涙)。昇って落ちて気持ちはぼろぼろです。エクサイトブログの方によるとどうやら特定のbotとか言う機械的なアクセスってやつが増加してたようで、こいつを集計から除外するように対応したのでもう安心ですって。そうなんだ。。。そうだよねやっぱり。久しぶりに毎日ワクワクしたのになあ。アクセス数「1」だって。誰だよそれ。というわけですっかり書く気が失せてしまったわけですがそれも悔しいので書き続けますよ。それにしても機械的なアクセスだか何だか知らないけどそういう変なのにやられてもせいぜい「126」止まりというのがブロガーにはほど遠いってわけです。どうせエラーなら1万アクセスくらい行ってみたかったなあ。
[PR]
by uegaito | 2018-02-13 19:32 | つれづれ | Comments(0)
今週金曜に最後の2話を連続で放映する『マチ工場のオンナ』、今クールではなく近年まれに見る良いドラマです。といってもきっとわからない人にはわからないんだろうけど。正直なところ『陸王』でも及ばないくらいの出来だと思うね。キャストがまた絶妙に素晴らしい。内山理名さんほんと良い女優さんになったなあ。僕がえらそうに言うことじゃないけどさ。だいたい竹中直人と柳沢慎吾が一緒に出てるのに全然くどくないってのが実に不思議なんだけどぴたっとハマってるんだなこれが。4話の終わりで竹中直人演じる「かっちゃん」の中学生たちを前にした台詞、本当に胸を打たれました。もっともっといいものを作りたい、ものつくりに終わりはないんだ、って。その前の、俺がみんなくらいの若い頃はものつくりの職人がみんなの憧れだった、ってところ、建築家もそう遠くない時代に同じようなことになってるようで他人事じゃなく胸が熱くなったよ。ドラマはいよいよ佳境のリーマンショック。あれを乗り越えた社長はみんなこのドラマ見て何かしら苦しかったまさにあの頃を思い出してしまうだろうな。僕も本当に苦しかった。1話目で夢の中でお父さんの舘ひろしに話しかける主人公の「社長って孤独だね」ってつぶやき、言い古された台詞なのにシチュエーションもハマってるせいか何だか泣けてくる。泣かないけどね。マチ工場は最近、後継者不在で黒字廃業してきてるって話らしいね。一方で失業率が、とか就職難が、とか言ってたのになんでこうなるんだろうね。まあ今ではバブル期の再来のような売り手市場らしいから余計こういうところには人材が集まらないのだろうけどさ。残りの2話でどんな奇跡が起きるのか。これほど録画を3回も4回も見返したドラマは無いよ。金曜が待ち遠しいったりゃありゃしない。ほんとですから。
[PR]
by uegaito | 2017-12-28 15:00 | つれづれ | Comments(0)
先日の白状はやはり勇み足だったと反省するも後悔先に立たず覆水盆に返らず反省なら猿でもできるまあやってしまったものは仕方がない。眼が顔の前についているのは前を見るためだ前向きに生きろってのじゃあ魚は横についてるから横向きに生きるのかねなんだよ横向きの生き方ってとかくだらないことをすぐ思ってしまう。そんなくだらない話をもう一つ。17分半。なんの時間かというと人間が一日に上の歯と下の歯を合わせる積算時間だそうです。つまり一日24時間1440分中17.5分しか上下の歯はくっついていないらしい。本当かよと思うけど確かに食べてるときだってずーっと歯を合わせてたら噛めないですからね、離したり噛み合わせたりを繰り返すわけです。その噛み合った時の時間が全部でたった1050秒しかないんだそうですよ。1日の1.2%だけしか噛んでいない。これ以上の時間を噛んでいる人はつまり食いしばっている人ってことで歯の余分な摩耗や傷み、顎の関節痛などを引き起こすのだそうです。さかもっちゃん大丈夫かね。誰?さかもっちゃんって。気になる人は調べてください。とにかく彼がしゃべるシーンを観るとほぼ歯は閉じてます。腹話術の逆ですね。顎関節症になってなければいいけど。余計なお世話?どんどはれ。
[PR]
by uegaito | 2017-12-21 12:18 | つれづれ | Comments(0)

Lと○とニョロ

f0113361_21284300.jpg
唐突ですがこれ「うえがいと」って読むんだそうです。ミャンマー語。この前ミャンマーの方に教えてもらいました。なんというかどうにも推測すらできない感じが秘密っぽくていいです。左から「う」「え」「がい」「と」なんだそうです。音だけで追った字ですので意味はありません。面白いことにそれぞれの文字には書き順がちゃんとあるんですね。まあ日本語も同じか。例えば最後の「と」の字は下のLと上の○が無い状態が基本形で「た」の音の字なんだけどまずその下にLをつけると「つ(とぅ)」になって更に上に○がつくと「と」になるんだと。上から順番に書いたりしたらダメなんだそうです。ここまでいいですか?賢明な方はもうサッシが付いた、じゃなくて察しがついたと思いますが最初の2文字は基本形が一緒です。「あ」の音を表す字の下にLがつくことで「う」になったり、上にチョンとつけることで「え」になるわけです。お〜。でも「がい」の字はこれだけで一文字なんだって。まず視力検査で「下」の形が基本形で「が」その下にLがついて「ぐ」上に○がついて「ご」じゃんね。右に視力検査の「下」が二つくっついたのがありますがこれは基本形で「か」その上にニョロッとつけて「かい」。で左の「ご」と合わせて「がい」だってんだから困っちゃう。無理矢理納得しようとすると左がGで右がKaiで合わせてGkai→Gaiって感じかな。いやはやしかし他の言語に触れるというのはやっぱり面白いですね。こんな字誰が考えたんだ〜って叫びたくなるけどきっと日本語だって外国の人からすると平仮名とか見て同じように叫びたくなるんだろうな。漢字に至ってはちゃぶ台ひっくり返したくなったりして。でもそこを我慢して読み書きできるようになると世界平和に一歩近づくわけです。ほんとかよ。ほんとですって。
[PR]
by uegaito | 2017-11-28 21:56 | つれづれ | Comments(0)
信じらんないくらいサボってしまった汗。ほぼ半年。もう何というかどうやって再開して良いかわなんなくなってしまったってのもあったんですけど、とにかく忙しなかったっていうのが実情でした。忙しいってのは良い回転をする忙しさとその逆ってのがあるんだけどこの数ヶ月はどっちかというと後者でしたね。全然休んでないのに空回りするっていうか。人生そういうときもあります。なあコウメさん。別に書くネタが無くなったわけでもなくてこの間にFBやツイッターに頻繁に書き込んだわけでもないんですがね、やっぱりタイミング逃したってことでしょうね。というわけで再開しようと思います。走り続けてきてふと立ち止まるっていうんですかね、気がつけば独立開業してからもう17年以上経ってて、今月で蔵前の事務所に移って15年目に入りました。ついでにこのブログは12年目に入ったかな。人生の1/3は独立して設計事務所をやってることになります。そんだけやってりゃ色々ありますわな。その中でもとりわけ印象的なのが2009年に起こった奇跡的なお二人の人物との出会いですかね。全然別々の仕事で場所も都内と地方とで全く関係ないのに同姓同名の女性お二人とこの年に数ヶ月ずれて出会います。このお二人とのそれぞれの出会いによってその後の僕の仕事はガラッと様相を変えることになり今に至ります。お二人には足を向けて寝られないですが西と北にいらっしゃるので今は北枕で寝てます。なんだかこうやって文字に起こすと全然ミラクル感が感じられないですね。でも人生何回かこういうミラクルがあるものです。あと何回ミラクルがあるか楽しみですがあまりそれに頼っているわけにはいきませんから日々頑張るしかないですね。コウメも頑張ろう。どんどはれ。
[PR]
by uegaito | 2017-11-11 12:48 | つれづれ | Comments(0)
今クールのドラマは粒ぞろいで困る。あまりに面白いのが多いので普通の人の半分も無い貴重な小型連休が録りためてた分の消化で終わってしまったくらい。なにやってんだかね。でまずは『CRISIS公安機動捜査隊特別班』これは大半の人が認めるところでしょうね。テレビドラマのレベルを超えてますよね。それから同じ警察もので『小さな巨人』もうほとんど半沢直樹が隠蔽捜査って感じですけどやっぱり引き込まれます。警察ものはまだありまして『犯罪症候群』これがまたダークで次回が待ち遠しいタイプ。脚本は『まれ』の人らしいんだけどこういうダークサイドの方が得意なんだろうなきっと。そしてダークっつったら『リバース』これも重たいけど面白い。どれも達者な役者さん揃いで製作の本気度がわかろうってもんです。何年に一度かの当たり年っつうかきっと夏以降はしばらくダメなのが続くんだろうなってくらい力が入っている気がします。これに朝ドラと大河があるんだからもう十分おなかいっぱいですが重たいのばっかりですと息抜きしたくなるもんでして『釣りバカ日誌2』で中和しつつ爽やか&清らかな『ツバキ文具店〜鎌倉代書屋物語』これは心が洗われるいいドラマです。ということで残念ながら豪華キャストの『貴族探偵』は我が家の録画リストから削除されてしまいました。しかしまあテレビっ子ここに極まれりというかいいのかねこれで。
[PR]
by uegaito | 2017-05-07 15:36 | つれづれ | Comments(0)
設計という仕事はなかなか社会に理解されないので設計者の立場はなかなか向上しないと言うのが伝統的なこの世界のぼやきです。施工が現場という視覚的にオープンな「そこ」で行われるため汗水流して頑張っている職人さんたちの姿を見れば誰でも大変なことがわかりますから無理に値切ったり工期を短縮させたりはしないでしょうが、設計は割と見えないところでやってますからね。どのくらい大変なのかをわからせることが難しいからだ、という話ですね。まあね。そうなんだと思いますけどね。この手の論理で行くと設計図を何枚描いたかで設計料が決まる話から抜けられないですよね。設計作業って遊んでいるように見えるときもあるというか往々にしてそう誤解されることが多いので四六時中見られてもなあという感じがしますね。設計の本質は図面の枚数ではなくてどれだけ建築主や社会にとって有益な空間を生み出せるかですからその思考の過程は机の前に座ってガシガシ作業している(時ももちろんありますけど)よりフラフラしながら考えていることが多いものなのですよね。創造するという作業はルールが無いので思いつくためにはありとあらゆることをするものなのです。産みの苦しみってのは本当に苦しいので多少遊んでいるように見えてもどうか生暖かい目で見守って欲しいなとこう思うわけです。ただの言い訳でした。そういうことで。
[PR]
by uegaito | 2017-04-13 09:57 | つれづれ | Comments(0)
舌の根の乾かぬうちにとはまさにこのことでして明日から始まる新しい朝ドラ『ひよっこ』やっぱり観ますのでよろしく。なぜかというと舞台が奥久慈のようなのです。ロケ地が茨城県北部の高萩市だそうでもう目と鼻の先は鮫川村ですから。朝から美しい里山風景見て元気になろう。有り難う朝ドラ。もう裏切らないでね。ということで久しぶりにツイッター並みに短い投稿でした。
[PR]
by uegaito | 2017-04-02 13:42 | つれづれ | Comments(0)
『べっぴんさん』、まさかの朝ドラ史上最低作品更新(←僕の中で)とは本当に残念でなりませんね。前半は本当に面白かったのになんでああなっちゃったんだろう。思い返せば『純と愛』も『まれ』も前半はそこそこ面白かったんですよね。てことは朝ドラを半年間保たせるというのは本当に大変なことなんだっつうことなんですかね。『あさが来た』は奇跡なんだなきっと。確かに『あまちゃん』だって後半はやや作為的だったもののキャストの魅力でなんとか持ちこたえた感はありますもんね。でもそれにしても『べっぴんさん』はひどすぎた。最大の敗因はあまりに若い俳優陣に老け役をさせる無理を通したことかな。完全に学芸会レベルに陥りましたからね。『おしん』みたいに総入れ替えしても良かったかと。さくら役なんて事故だね完全に。コウメと同い年の娘さんにあの役は可哀相ってもんだ。お陰様で有村架純には可哀相だけど次回は観る気なくなりましたのでよろしく。この話は切りが無いのでこのへんにして事故と言えば先日のライン乗っ取りの話を書いておかないと。いまさらですけど。3/13(月)正午頃、始まりは某プロジェクトの実施設計アップ直前の超ドタバタの時にiPadのFacebookメッセンジャーに入った某氏からのメッセージ「今忙しい?」でした。よりによってアップ直前で焦りに焦っている時でしたから「締め切り前で切羽詰まってますが何か?」と応えた僕に対して某氏にしてはやけに思いやりのない要求だなと思いながらも、相手が相手ですしあまり疑わずにリクエストのままに応えてしまったのがいけなかった。しばらくしてから修業時代の同僚から電話が入ります。そう、締め切り前の切羽詰まってるときに(涙)。上ちゃんライン乗っ取られてるよ、と。。。それからはもうほんと大変でした。僕の顔写真付きで、コンビニ行って3万円のビットコインだかなんかを買ってきてくれっておねだりの通知がラインに入って来るって、色んな人から電話やメールで乗っ取りを教えてくれてそのたびに平謝りに謝るわけです。小学校6年時の担任の先生から電話かかってきたときはさすがに参りました。そんなところにまで迷惑かけてたんだって。よりによって締め切り前の切羽詰まってるときに(涙)。引っかかる方が悪いとは言えこういう下らないトラップを仕掛けるくそ野郎にほんと殺意を覚えましたね。色々な方にアドバイスをもらい何とか収束させたのが翌々日だったかな。もうラインのアカウントは削除しましたよ。幸か不幸か元々家族間の連絡を取るためだけに使ってて他の方々とは一切開いてなかったので。コウメにもなりすまし通知が入ったようなんだけどさすがサクッと撃退したようで逞しい。普段からコウメとハッパには何で勉強する必要があるか・・・それは他人から騙されないようにするためだ!と力説している父としてはそれが実践できてるコウメを頼もしく感じる一方でそう言ってる父が騙されるというこの体たらくに面目丸つぶれな最悪の出来事だったわけです。ダメじゃんとか中3の娘に言われるようじゃほんとダメじゃん。
[PR]
by uegaito | 2017-03-26 13:53 | つれづれ | Comments(0)

ウエガイトのブログ


by uegaito