人気ブログランキング |

カテゴリ:我が家のことですみません( 379 )

我が家の味と好き嫌い小僧と乞うご期待

コウメさんが料理の練習を始めました。まずは我が家の定番(?)麻婆豆腐もどきに先週末挑んで無事美味しくできました。ここだけの話あれは誰が作っても分量間違えなければ美味しいんだけど。まあそれでも可愛い娘の手作りはやっぱり格別でございました。この調子で毎日作ってくれるととってもありがたいんだけどね。さてこの麻婆豆腐もどき、なんで「もどき」がつくかというと一般的な麻婆豆腐ではないからです。説明になってませんね。話は50年近く前に遡ります。ピーマンも人参もしいたけも嫌いなシンイチくんにほとほと手を焼いていた母が知り合いから教えてもらってとにかくこの3種をみじん切りにして豚ひき肉とニンニクとで炒めネギのぶつ切りと豆腐を入れて煮込み醤油ベースで味付けしたのをご飯にかけて食べさせたらこれが美味しい美味しいとぺろっと食べたんだそうな。せっかく問題が解決したのに今度はこんなん辛くないし麻婆豆腐ちゃうと不満を言い出す父には別鍋で鷹の爪を入れて煮込んだのを出してこれでどうやと。このような母の涙ぐましい努力によって苦手な食べ物が無くなって健康に育っていいおっさんになったわけですが、自分に娘が生まれてからは母から教わって自分でも作り始めましてコウメもハッパも小さい頃から大好きなメニューの一つになっております。だんだん自分で作るときはアレンジをするようになり今ではまず3種のみじん切りを20〜30分しっかり炒めて甘みを出してからひき肉と合わせたり味付けにオイスターソースを加えたり味噌と醤油を同量くらいで合わせたりとバージョンアップされております。最近ではようやくコウメも辛いのも食べられるようになったので豆板醤もがっつり入れたりしてます。休みの前日だったりするとニンニクもぶつ切りでドバッと入れたりね。これがまた美味しいのです。という我が家の味をまずは一つ覚えたコウメさんは一体どこへ向かうのか。乞うご期待。
by uegaito | 2020-01-28 22:00 | 我が家のことですみません | Comments(1)

最後のセンター試験と8年間とお疲れ様

お約束のように初日は雪がちらつきましたが二日目はすっきり晴れ渡った試験日和?の今日でセンター試験の歴史が幕を閉じるんだそうです。共通一次世代にはなんのこっちゃって感じですが来年からはまた共通試験って名前に変わるそうです。改変で問題視されたマークシートですが結局記述式では採点の問題を克服できないということで恐らく来年の試験も結局中身は変わらないんじゃないかって感じですね。しかし我が家にとっては本当に迷惑な話というかよくもまあ振り回してくれたなあって感じです。高3のコウメにとっては試験がガラッと変わるので浪人できない背水の陣だとか、高2のハッパにしてみたら英検を取っとかないと大変だとか。まあお陰様でコウメは不退転の決意でなんとかなりましたが。そう、コウメさんおよそ8年間に及ぶ受検/受験との戦いがようやく今日のセンター試験を以って終結となりました。お疲れ様でした。ここでは詳しく書けないけど本当に長い道のりでしたね〜。しみじみ。さあこれからはのびのび大学生生活を満喫してくださいませ。そして親の方はひと息つく間もなく次はハッパさんです。コウメの時もドラマみたいにあれから一年後とかすっ飛ばないかなって思ったけどこの受験てのはやっぱり親にとっても本当にしんどい期間だな。ためになったことといえばマークシート試験用の鉛筆が売ってるってことを知ったことくらいか。バカな世の中が加速しておりますがそれも日本が平和だからなわけでありがたいことですね。たぶんね。いやあしかしこのブログ書き始めた頃は幼稚園生だったコウメが3ヶ月後には大学生とはね。よくもまあこんなブログだらだら書いてきたもんだ。
by uegaito | 2020-01-19 18:01 | 我が家のことですみません | Comments(0)

根性の塊とリクブと最後の大井陸上競技場

花の18歳になったコウメさん、先日の大会を以ってとうとう高校陸上部生活引退となりました。ということで雨模様の中を夫婦で大井陸上競技場まで行ってきました。ケンブリッジ飛鳥のようにはいきませんでしたがまあしかし2年半よく頑張りましたよ。だいたいですよ、運動部なんて練習も上下関係も厳しすぎてとても入れなれなかった父にまあよくこんな根性の塊のような娘ができたもんです。土砂降りの雨だろうが大会だといえば走りますし合宿だってちゃんと参加してしかも楽しんで帰ってくるし。すごいよ君は。思えば小学校の時から走るのが早くてそのまま中学校に上がったら陸上部に入りたかったんだけどたまたま中学校には陸上部がなくて、だからってなんで茶道部に入ったのか謎ですが茶道部員なのに連合陸上大会の選手に選ばれたりしてほんと謎でしたね。そして高校に入ってようやく念願の陸上部で短距離を選んだはいいけどやっぱり人生そんな簡単にはいかないわけでなかなかタイムが伸びず悩んだりしてました。最後の大会は4×100mリレー、いわゆる「四継」でした。2年半一緒だったゆいさんと1年生の後輩2人とで頑張りました。結果はまあそういう感じでしたが本人曰く長年のライバルだった二松学舎に勝ったので嬉しいのだそうです。よかったね最後にすっきりできて。さあこれで泣いても笑ってもいよいよ受験モードに完全突入です。陸上部で培った根性と体力でこのヤマを難なく乗り切ってほしいものです。そして小さい頃ドリフみてハッパと一緒に笑っていたようにゲラゲラ大笑いしてほしいものです。とにかくまずは陸上部お疲れ様でした。どんどはれろ。
by uegaito | 2019-06-25 20:12 | 我が家のことですみません | Comments(0)

コウメ18歳と簀巻きと我が家のことですみません

なには無くとも子は育つと言いますがいつの間にやらコウメさんも18歳になってました。7月の参議院選挙では投票できるんですよ。いや参ったね。つまりおぎゃあと生まれてからもう18年も経ったということですからね。前頭葉あたりがペコペコしていた1歳くらいの頃が実に懐かしい。リアルに脳に情報を書き込んでいるって感じだったなあ。そんなコウメも今月でとうとう部活も引退していよいよ受験モード突入です。運動部の底力と集中力を存分に発揮してほしいものです。来年の今頃はどうなっていることでしょうね。それにしてもこうやって瞬く間に時は過ぎてあっという間に結婚とかして子供産んだりするのだろうなあ。今時こういうこと書くとセクハラなのかな。まあ自分の娘のことだからいいでしょ。このブログを書き始めた頃は5歳だったコウメさん、最初の頃はこんなこと書いてたな。これとか本当に懐かしい。早く家帰って昔のビデオを見たくなってしまった。小さい頃はよくモドす子で本当に大変だった。2歳くらいの頃にコウメだけ連れて地方の知人宅に旅行に行った時に何かの拍子にカミさんを探し始めていないことがわかって大泣きした時もそのままげぼ〜だし。あの時はさすがに人の家を汚してはなるまいと思わず両手で受けてしまったものでした。受けきれませんでしたけど。それから幼稚園くらいまではクループに悩まされたりもしたな。咳き込んでいるうちに呼吸ができなくなるやつ。夜中によく起こるのでなんども慌てたものです。ひどい時には救急車で運ばれた。もみじみたいな小さな手の甲に点滴の針打って・・・うう、何だか思い出したら泣けてきた。幼稚園入った最初のクリスマス会楽しみにしてたのにやっぱり急性肺炎か何かで入院して鼻から管通すときに暴れるので簀巻きにされてて本当にかわいそうだった。やばい思い出したら本当に泣けてきた。もう思い出すのやめよう。とにかく元気に18歳になったんだからね。おめでとう。
by uegaito | 2019-06-04 19:32 | 我が家のことですみません | Comments(0)

53歳とハッパ初手料理とごはんがススムくんてなんだっけ

昨日で53歳になりました。念願の60歳まであと7年と迫りました。しかし信じられん自分が53歳だなんて。確かに早く60歳になりたいとは思ってるけどそれはこんな状態ではないんだよな。あと7年で理想的な状態になれるのか甚だ疑問なわけですがまあそれをいま心配しても仕方がない。きっとなれると信じて今日も明日も頑張ろう。ということで昨日は史上最強レベルと言われた台風21号の影響で仕事先で足止め食っていつ帰れるかわからなくなったカミさんの代わりになんと!ハッパさん(15)が夕飯を作ってくれました!!!僕の記憶が正しければハッパがこれほどきっちり単独で料理をしたのはこれが初めてのはずです。ちなみにコウメさん(17)はまだです(笑)。きっと能力を温存しているのでしょう。そしてこの写真がハッパさん力作の一品。トリ胸肉とナスのなんとかかんとか。やればできるじゃないの。いやあとっても美味しかったです。娘の手料理というのはいいものですなあ。
53歳とハッパ初手料理とごはんがススムくんてなんだっけ_f0113361_21091121.jpg
とにかくご飯が進む進む!それにしてもこれどうやって作ったのかというとスマホでクックパッド見ながらってんだから今時のJKは違いますな。JKだけじゃないか。ハッパはハリポタ本を何度も熟読するくらいで文章読むのが苦痛で無いようでとにかく取説もきちんと全部目を通す子でしてクックパッドに書いてある通りに作るわけです。生まれたときから手先が器用な子ですからね。レシピ通り上手に再現してました。まあなんというかたまたま偶然とは言え父の誕生日に手料理を作ってくれて父は猛烈に感動したぞハッパよ。ということで早々に酔っ払って寝ました。どんどはれ。

by uegaito | 2018-09-05 21:09 | 我が家のことですみません | Comments(0)

コウメ17歳とアンドロメダ級とついでに会社も14歳ですので

コウメさん17歳になりました。いやはや。待ちに待った第一子誕生でしたのでそれはそれは手厚く育ててしまったがために超弩級のかまってちゃんになりました。しかしまあ世の中の17歳ってもっとスレてるっつうかまだまだ遠い世界の人たちだと思ってたらまさか自分の娘が17歳になっちゃうとはなあ。大丈夫なんだろうかと心配になるくらい幼いんだけどそれってのは親の前限定の演技なんでしょうかね。わかりませんが。何にしても松本伊代が歌った歳が終わり南沙織や森高千里が歌い中森明菜が煽った歳に突入したわけです。そして来年は岡崎友紀の歳だね。何が言いたいのかよくわかりませんが誕生日に際しての所感でした。
by uegaito | 2018-06-01 10:51 | 我が家のことですみません | Comments(0)

またすずめかよとハッパの時代といいから仕事にチェスト気張れ

あんなに連投してたのにってくらいパッタリ書き込みが無くなってあっという間に1ヶ月以上経ってしまった(汗)。書きたいことは山のようにあるんだけどあり過ぎるが故に書けなくなるってこともあるのでした。とか言ってるうちに『わろてんか』終わっちゃうしね。やっぱり再開するには朝ドラネタでアイドリングするのが手っ取り早いってわけで『半分、青い。』行きます。なんと言っても主人公の名前が「すずめ」なのが最高だね。我が家のすずめさんことハッパさんは一歩間違うと本当に名前が「すずめ」になりかけてたのは一部では有名な話です。結婚6年目にしてようやく授かった待望の長女に「〜梅」という名前をつけてこれ以上ないくらい上出来な気分に浸ってたらすぐに次女が生まれまして正直なところネタが尽きてた父としては梅シリーズしかないだろうとひねり出したのが「鈴梅(すずめ)」でした。まさかその後事務所を移転したすぐそばに鈴梅(すずうめ)さんがあるとは思ってもみませんでしたがそれはそれで良い名前じゃないかと思ってたわけです。しかし子シリーズならまだしも梅でシリーズにするのは可哀相というカミさんの意見と「ハッパ」という対抗馬出しに救われまして「すずめ」ちゃん実現には至らなかった次第です。そしたらまさかの「すずめ」ちゃんが主人公じゃないですか。ついでに書くと1クール前の連ドラ『ファイナルカット』で橋本環奈さんはハッパさんでしたね。かなり嬉しかったね。さてその『半分、青い。』ですがまあそれなりに面白い出だしだとは思ったけどこれで半年保つんだろうかというのが正直な感想でございます。面白いんだけどね。明らかに僕らの世代が狙い撃ちされてるこの感じ、『あまちゃん』『ひよっこ』の何匹目のどじょうなんだって感じがあざといなと思ったり。でも観ちゃうんだよな結局。だいたいなんだよ中村雅俊がお祖父ちゃんって。総理大臣だったんだぞ。どうしよう話をまとめられなくなってきた。今宵はここらでよかろうかい。そういうことで。
by uegaito | 2018-05-05 21:16 | 我が家のことですみません | Comments(0)

阿修羅像とナマスと接吻と言っても今日はキッスのことじゃないよ

以前の記事でハッパがブツ女化していることを書いたことがありましたがこの子もう立派な仏像語る女子になってました(汗)。興福寺の阿修羅像@八部衆ラブのようなのです。昨年修学旅行でこの像をナマで見て固まったと言ってました。みんなが早く次行こうというのに一人じっと動かないで見てたとか。思えばセゾン美術館にクリムトが来たときに『接吻』の前に固まって感極まった人の娘なのでこれも血なのかもね。ハッパの仏像マニアに対してかくいう父もその昔祖父の逝去でお経に触れたことで仏教にのめり込みましてその勢いで仏像の見方も覚えましたがまさかこんなところで父娘の会話に活用されることになるとは思いもしませんでした。家族にどれだけ仏像の面白さを伝えても気味悪がられるだけでしたから熱心に聴いてくれる中三娘に妙な幸福を感じてしまう次第です。とは言っても25年も前のことなのでだいぶ忘れてしまってるんだけどね。観音菩薩の見分け方とか如来の見分け方とか阿弥陀如来の印の結び方とか三尊像の構成とかくらいしかわからないかな。どんどはれ。
by uegaito | 2018-03-04 07:00 | 我が家のことですみません | Comments(0)

一人称わたしと仁王立ちと何を遠心分離したいのだ

このブログを書き始めた頃は5歳だったコウメもこの春で高校2年生です。そんなコウメさん小さい頃からずっと自分のことを名前で呼んでいたのですが高校に入った途端に一人称を「わたし」にしたのには驚きましたね。ちゃんと常識的に成長していて安心したものです。ディズニーランドが大好きで先日も友達と行ってました。このディズニーランド行きってのがなかなか毎回悩ましいわけです。夜のパレードを見ないで帰るのはお金をどぶに捨てるのと同じくらいの勢いで言われるとまあ仕方ないかなとは思うんだけど21時に退場しても帰宅できるのは23時近くになってしまう。さすがに遅すぎだろうと。僕なんか当時大学1年生だったカミさんとの最初の遠出(といっても都心)で家に送り届けるのが22:30の門限を10分くらい過ぎてしまった時に門の前に仁王立ちしてるお義父さんにえらい怒られたもんな。あれ、僕もやりたいんだけどね。キミは一体うちの大事な娘を何時まで連れ回してるのだ(怒)とか。娘さん年頃になってきてお父さん心配でしょう、とかよく言われるけど早くこれやりたいので誰か我こそはという強者コウメにアタックしてくれないでしょうか。話がズレましたが父に似て絶叫モノが全く苦手なコウメさんその先日のランド行きでは友達が許してくれずスペースマウンテンに何度も乗らされて辛かったとか言ってましたが世の中の人々はなんであんな乗り物が好きなんでしょうね。ほんと不思議です。スペースマウンテンなんてあれはただの遠心分離機ですよ。僕なんてカミさんと初めてあれに一緒に乗ったあといわゆるガクブル状態で具合悪くなってそのまま介抱されながら帰宅という情けない経験しかないですから。また話がズレてしまいました。そういうわけでそれなりに成長しているコウメもまだ一緒に出かけてくれますがいつまで付き合ってくれるのものやらね。そういうことで。
by uegaito | 2018-01-27 17:25 | 我が家のことですみません | Comments(0)

15歳とひつじのショーンとハッパ先輩

誰も興味のないキッスの話ばっかり書いていると極めて少ないけど少ないなりにいる貴重な読者の方々にさえ見捨てられてしまいかねないので少しだけ話題を変えます。我が家の脱力系女子ハッパさんも来週にはなんと15歳になります。信じられます?僕は信じられません。それだけじゃありません。そんなハッパも恐ろしいことに高校受験ですから。てことはこの春からJKですよ。あのハッパが。この子はですね小さい頃からとにかく穏やかです。受験生ですから観たいTV番組はかなり我慢してるようですがそれでもひつじのショーンだけは毎回録画して観ているようです。自分の世界がはっきりある子なので親友はその世界の中にいるから現実には必要無いと言わんばかり、現実世界で何があっても動じない感じがします。ハリーポッターやらニュートやらスキャマンダーやら最近はナユタン星人とか口走ったりしてますが実は流行りもんのTWICEについても詳しかったりへえと思うことも垣間見えるようにはなってきましたね。いつもお姉ちゃんが先を全力で走ってるので親としてはそっちにばかり気を取られてしまいがちですがこの子も密かに吹奏楽部では部長だったりクラスでは学級委員やったりしてるってんだから人間わからないものです。しかも学校ではしっかりしている人と思われているんだって。ハッパ先輩!とか言われて。ほお〜。しかしまあなんですね。だんだんこの手のネタを書くのも筆が進まなくなってきましたね。やっぱりあとからクレームつきますからいい加減なこと書けません(書いてるじゃんね)。キッスの話みたいな当たり障りないんだとあんなに長文いくつも書けるのになあ。
by uegaito | 2018-01-06 16:00 | 我が家のことですみません | Comments(0)