人気ブログランキング | 話題のタグを見る

27年前とオーロラとアラスカ鉄道

新型コロナ感染症とかCOVID-19とか言われ出したのが昨日のようですが実はもう2年も経つんですね。なんだか公私ともに翻弄されまくった2021年ももうすぐ終わります。このブログも一つ前の書込みが6月ですからなんと半年もサボってしまいました。色々ありすぎて書ききれないので新婚旅行の思い出話でも書こうっと。27年前の年末年始僕ら夫婦はアラスカに新婚旅行に行ったのでした。1994年10月10日に大宮氷川神社で結婚式を挙げたわけですが新婚旅行はその年の年末年始にかけてアメリカ合衆国西海岸に行きました。式挙げて翌日から2泊3日で山中温泉行ったくせにそれはそれとしてまた行ったわけです。すみません。最初は大学院の時にちょっとだけあれした思い出の地サンフランシスコに入りまして年越しをしましたがメインの目的地はアラスカ北極圏フェアバンクスのリゾート地チェナ温泉、また温泉かよって言わないでくださいそれが目的じゃないんだから。そもそもなんで式挙げてすぐにこっち行かなかったかというと「その季節」を待つ必要があったわけです。SFからシアトルでアラスカ航空に乗り換えて(これがまた最高に心地よい接客な訳です。当時アラスカ航空は世界一と言われるほど接客クオリティが高かった)まずアンカレッジに入りここでお願いしていたツアコンの方と合流してフェアバンクスに向かいます。そこで少し体慣らしていよいよチェナ温泉へ。当時最低気温マイナス26度とかなんだけど露天の温泉があってみんな水着着てそこ入ってお湯の中はあったかいのに髪の毛凍ってるとかを体験したりして。たしかここで3泊したかな。この間にあれが見れるかどうかは運次第と言われて来ました。そう、オーロラね。これが見たくて見たくて準備に準備を重ねてこの時を迎えたわけです。日本人観光客で溢れてるかと思ったけど意外といなくて僕ら夫婦と同じようにもうひと組み新婚さんがいました。オーロラを見るには宿から極寒のなかひらけた丘に向かって歩いていかねばならず、しかも行ったらすぐ必ず見られるわけではない中で待ってると凍え死ぬので(笑)少ししたら引き返して暖をとるってのを繰り返すんですが、たしか2日目の夜だったと思う、丘に登ってう〜さむ〜とか言ってたらいきなりぶわ〜っと空いっぱいにオーロラさんが出てらっしゃいましてそらもう驚いたわ嬉しいわで二人で狂喜乱舞でした。写真も撮ったんだけど当時フィルムですから引越し繰り返すうちにどっか奥の方にしまわれてパッと出てこなくなっちゃった。ということで今回は一切写真なしですので。でこの時たまたま一緒に体験してたのがもう一組の新婚さんでしてこの旭川のご夫婦とは帰国後は一度も会えていないんだけどいまだに年賀状のやりとりが続いてます。オーロラはテレビなんかでもたまに映像が見られますがやっぱりリアルはそんなもんじゃないです。しかもその後の滞在中にあれほどの全面的なのは見ることができず相当ラッキーだったみたいだし。そんな感動的なチェナの滞在の後はフェアバンクスからアンカレッジまで11時間かけて走るアラスカ鉄道の旅でした。距離的には東京大阪間くらいなので飛行機ならすぐなんだけどわざわざゆっくり走るのは野生動物が横切ったりするからとか。実に贅沢な旅でした。そしてデッキから美しい景色を撮ってたらアンカレッジの新聞記者のおいちゃんに取材されて記事になってしまうという。後日本当に送られてきたのがこれ。今ならメールでPDFなんだろうけどね。
27年前とオーロラとアラスカ鉄道_f0113361_18432835.jpg
笑っちゃうよね。『トーキョーのウエガイトシンイチがフェアバンクスからアンカレッジに向かうアラスカ鉄道の旅の道中で広大なアラスカの景色をビデオに収めてるところ。ウエガイトと彼の新婚ホヤホヤの奥さんヨーコはフェアバンクスエリアに新婚旅行に来てた。』いやはやいい思い出でした。髭面の記者のおっちゃんが僕の横で景色撮影しながら「びゅーりふぉー」連発するのがやけに記憶に残ってていまだに声を思い出せるんだなこれが。そんな幸せな旅を終えてアンカレッジからシアトル経由で東京に戻って来たら町屋のアパートが空き巣に入られてたというオチまでついてるけど今では全部新婚のいい思い出でございます。え?空き巣どうなったかって?まあそれはそのうち気が向いたら続編書きますかね。
ともあれあと40分で紅白が始まってあっという間に2022年です。来年こそは楽しいことばかりの一年であってほしいね。また旅行も行きたいもんです。

by uegaito | 2021-12-31 18:53 | つれづれ

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31