人気ブログランキング | 話題のタグを見る

その13と目地と基礎

その13 このひび、大丈夫?(その4)

次に目地のひびについて。目地はサイディングの継ぎ目の他、外壁を室内まで貫通しているサッシやドア、換気口、配管類、さらには外壁に取付いた照明器具などの縁の隙間から雨水が入らないようにコーキングと呼ばれる弾力性の充填剤で目止めされた部分を指します。このコーキング材は油分を含んで材料にしっかり接着し水を弾いているのですが時間とともに油分が徐々に抜けて硬くなる性質があります。一般的な耐用年数は10年程度とされていますが紫外線や乾燥に大きく影響されるので場所によっては5年程度で劣化が見られる場合もあります。コーキング目地の劣化はひびとして現れますので目地にひびがあると要注意です。いずれ目地のやり替えをする必要があります。外壁の塗替えのタイミングで全ての目地もやり替えるのが一般的でその周期は1015年くらいが一つの目安です。

最後に基礎のひびについてです。木造住宅でも基礎だけは鉄筋コンクリート(RC)造です。RC造は圧縮に強いコンクリートと引っ張りに強い鉄筋の両方の強みを生かした構造でサビに弱い鉄筋をアルカリ性のコンクリートが包んで補い合う合理的な組合せです。コンクリート面がひび割れると徐々に水が毛細管現象で内側に染みていき、いずれ鉄筋に到達し錆びさせてしまいます。鉄は錆びると体積が膨張するのでその力でコンクリートのひびをさらに大きくして水が入りやすくなりさらに鉄筋が錆びるという悪循環を生みます。この悪循環が進むと基礎に踏ん張る力がなくなり地震の際などに倒壊の危険を生じさせます。ですので基礎のひびは特に見過ごせません。ただし基礎はコンクリートの保護と美観を兼ねてモルタルを塗っている場合もありそのモルタルだけが乾燥収縮でひび割れている可能性もあります。床下換気口(最近の住宅では無い場合が多いです)の隅に斜めに入っている場合などは、ほぼコンクリート自体のひびの可能性が高いのですがそれ以外はどちらかを見分けるのは難しいでしょう。基礎にひびが見つかったら一級建築士などの専門家に見てもらってください。
by uegaito | 2021-01-16 12:00 | 建築
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30