人気ブログランキング |

そして令和となつぞらと血迷い

令和になりました。巷では改元を祝って10連休のようです。しかしこれをまともに楽しめる人はかなり恵まれていると言えましょうね。暇がある時はお金がなくてお金がある時は暇がない(こっちは滅多にないが)なんてまるで不確定性原理みたいですがいまはむしろどっちも無いようなもので「ある」が両立できる日が来るよう頑張らないとなと。さて気を取り直していつもの朝ドラ話になります。僕は毎度新しいドラマが始まるとたいてい最初の1〜2週間は観ないんです。前作が良くできてた時はその余韻を楽しみたいし逆の場合はしばらく立ち直れないことが多くて。で前作『まんぷく』はそれなりに楽しめたので次の『なつぞら』はどうしようかなあと思ってました。聞けば黎明期のアニメーターの話なんだけど最初は十勝で酪農だというしなんだかきっとまた『まれ』みたいな感じなんだろうなと高をくくっていたというか。ところがたまたま1話目を観たらもうだめでした。なんでしょうこの僕ら世代狙い撃ちのような設定。オープニングがまるでハイジのようなアニメで歌ってるのもスピッツで。これまで『ひよっこ』ですら主題歌のところは飛ばすか音消すかでとにかくいいオープニングに出会ったことがなかったんだけど録画なのに飛ばさないのって初めてかも。子役含めてキャスティングから設定から何から何まで密度が高いというかなんというか。この連休中も録画してたのを何度も見返してしまった。特に9話なんてもう7回くらい観てる(苦笑)。やっぱり草刈正雄という名優の存在が本当に大きいなと思うドラマなんだけどこの『真田丸』の昌幸にハイジのオンジと赤毛のアンのマシューが合体したようなカルピス劇場世代にはもうたまらない役作りが感動ものです。この方昨年は『68歳の新入社員』のような役もやってたりして幅の広い俳優さんだなと思ってたりします。まあとにかく『なつぞら』観た後は他のどんなドラマも学芸会に見えてどんよりしてしまうくらい完成度の高いドラマだな。とにかく泣かされる。歳とると涙もろくなるっていうけどこれは老化じゃなくてそれなりにいろんな経験をしてきてるのでこういう良質なドラマを見るとそういういろんなことが蘇ってきて泣けてしまうわけです。子役の活躍した2週間はまさに僕にとってそんな感じでした。広瀬すずの「やっぱりおじいちゃんが大好き」にはなぜか僕まで打ちのめされました。早くそういう孫ができないかなあと令和元年早々血迷う53歳でした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by uegaito | 2019-05-05 15:50 | つれづれ | Comments(0)