すごばんと来年は弘前と忘れてましたが趣味は音楽でした

最近のフジ月9は硬派&シリアス路線でせっかく良い感じのが続いていたのに久しぶりにダメなドラマが戻ってきましたね。タイトルとか主演が誰とかは書きませんがこんな資格者を冒涜したドラマは即刻打ち切りにして欲しいレベルです。まあいいやこの話はテンションが続いてればまた改めて書くことにします。さて大学3年生以来30数年ぶりにバンドをすることになったって話。その前に学生時代のバンドの名前が「あちょー」だったことをここで書いておきます。あちょー。なんていい加減な名前だこと。ライブの日のリハで音の調整をして下さるPAの方に「次、あちょーさんお願いしま〜す」って言われたとき心底後悔したものです。ということで30数年ぶりのバンド(しつこい)の話。メンバーは建築家の大川宗治さん(G)と彦根明さん(Dr)、おおすごい。そして浅尾悦子さん(Vo)に筒井信也さん(Key)。えええ???外苑前に日本建築家協会(JIA)という建築家ばっかりが集まっている公益社団法人があるんですが浅尾さんはそこの関東甲信越支部事務局長で筒井さんは専務理事です。それに上垣内(B)の5人。バンド名は「すご〜いバンド」。またかって?今回の名付け親は僕ではありませんので。なんでこんなことになったかというとJIAは毎年全国の会員がどこかの都市に集まって基本的には真面目に建築や都市のことを考えたり議論したりする大会を開いてるのですが一昨年の大阪大会の大懇親会で翌年の徳島大会実行委員メンバーがPRのためにバンド演奏をしたところえらい盛り上がっていったいどのくらい盛り上がったかというとゲストで来ていた海外の建築家の方々がおれにも歌わせろ的なくらいらしくじゃあ来年の徳島大会でバンド大会やっちゃうかとかなって関東からもバンド出してよってことで前々からシャウトがスゴいと噂の浅尾さんを筒井専務がノセて更にいくつもバンドやってて上手な大川さんと彦根さんが誘われてそう言えば上垣内さんベースやってたって言ってたよねって引っ張り込まれてできた次第。やってたのは30年前ですよって言ってもいいからいいからと。皆さんとっても上手なのに一人だけど素人同然で入ることになってとにかく申し訳なくてって感じで今に至ってると。おまけに大阪の懇親会時におれにも歌わせろと言ってたタイの建築家ヌイさんも徳島で歌うからこの曲とこの曲を練習しといてくれとか連絡来たりして。徳島大会では地元四国支部のバントに東北支部のバンド、僕ら関東甲信越支部のバンドが出て、地下のライブハウスが入りきれないほどの満員になったもんでまた大変。こんなに盛り上がるんじゃ今年の東京大会でもやるか!ってバンドパーティとして非公式ながら公式プログラムになってしまったという冗談みたいな話。東京大会も満員御礼の大盛り上がりでこりゃ来年の弘前大会でも続けるぞーって。ということで月イチくらいでスタジオ入って練習してるのです。基本的に仕事が軌道に乗るまでは趣味は封印してたんだけど独立18年経っても軌道になんか乗ることもなく何が趣味だったかも忘れかけてたのでこうやって誘われたのは有り難くてそれなりにいい気分転換になってたりしてます。仕事で結構大変な問題が起きた日に練習があったりするとメンタルの弱い僕は演奏にモロに影響したりして苦言を呈されたりしてます。30年のブランクはやっぱり大きいんだけど三つ子の魂百までってのか閾値を超えた練習をしてたからなのか全然弾けなくなってるわけではなかったりして不思議なものです。課題曲を覚えるまでは本当に大変なんだけど覚えると他の皆さんは安定的に上手なので気持ちいいくらい楽しいものです。この話もう少し続きます。たぶん。
[PR]
by uegaito | 2018-11-09 12:00 | ロック | Comments(0)