人生七味唐辛子要りませんとら抜き言葉と予定調和バンザイ

暑すぎる。この調子だと10年後には50℃記録しました!なんてニュースが流れてそうなくらい酷暑化が加速してる気がしますね。だからブログサボってたってわけじゃないんだけど。一つ前の記事がコウメさんの誕生日の話ってことはほぼ3ヶ月もサボってしまってるわけですがまあ色々ありまして。今期放映中の『ラストチャンス』っつう地味なドラマがあるんですがその中で「人生の七味唐辛子」ってのが出てくるんです。曰く「うらみ、つらみ、ねたみ、そねみ、いやみ、ひがみ、やっかみ」なんだとか。なんだか地味にじんわり実感してしまうんだよなあ。さて3ヶ月前に花のセブンティーンになったコウメさん、すっかりおしゃれに目覚めてまして見てるこっちが恥ずかしい。あ、照れるって意味でね。決して似合ってるとか似合ってないとかそんなことをコメントして家庭内に波風立てるつもりはありませんのでよろしく。なんかわかんないけど気がつけばこじゃれた雑誌が家に増えてるしね。出かけるときはイヤリングとか付けちゃったりしてね。一緒に外出するとあれこんなに背が伸びてたっけと驚かされるんだけどヒールの高いサンダル履いてたりね。まあカミさんもウン十年前は厚底履いてたからね。簡単には驚きませんよ僕は。別に驚かそうと思って履いてないでしょうけどね。何か書きにくいなあやっぱり。昔は良かったなほんとに。何書いても本人が読むこと無かったから面白いなあと思ったことをそのまま書けたもんだ。ということで当たり障り無いテレビの話でもしようかね。もうテレビドラマ観るくらいしか楽しみが無くなりつつあるんだよね悲しいことに。いま必ず欠かさず観てるのはまず『西郷どん』『半分、青い。』。朝ドラは完全に惰性だけど今年の大河ドラマは久々にかなり面白い。鈴木亮平って俳優さんは正直『花子とアン』の時はどうだろうって感じだったんだけど今大河では役作りを徹底して臨んでるのがひしひし伝わってきてぐいぐい引き込まれてます。この方言葉について非常に考えてらっしゃってて以前何かのインタビューで「ら抜き言葉」の話をしてるのを観てその意見に感心したことがあります。彼曰く「ら抜き言葉」は日本語の衰退側の現象ではなく進化側だと。敬語の「れる、られる」との区別をするために発達した口語なんだって。事実かどうかは別として現象に嘆くでもなく迎合するでもなく自説を唱えるのがとても好感覚えた記憶があります。てことで『西郷どん』毎週楽しみにしてます。今期はあとは前述の『ラストチャンス』を地味に観つつ同日その手前の『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査』、『チア☆ダン』くらいかね。『絶対零度』は最近すっかり恋愛色が蒸発し切って観やすくなった月9枠で直前の『コンフィデンスマンJP』に続く見応えあるドラマだと思いますね。『ひよっこ』で行方不明になって記憶喪失にまでなってしまってたお父さんが今回は格好良くご活躍なさっています。『チア☆ダン』はね、もうね、こういういい人しか出てこない予定調和の様式美みたいなドラマをね、七味にまみれて疲れ切った週の終わりに観ないとね、やってられないのよ、50歳過ぎると。主演のお嬢さんをはじめロケッツの皆さんさすがにコウメやハッパと同じ高校生役は無理があるんじゃないかよって観ていて恥ずかしくなったりもするけどまあいいんですそういう細かいことは。流れ的に仕方ないとは言え土屋さんと広瀬さんの役年齢がひっくり返ってたりするのもご愛敬なわけです。役や脚本にうるさいイメージの五代雄介さんじゃなかったオダギリジョーさんが先生役で出演しているというのも僕としてはドラマの信頼性が高かったりしてね。8人揃わないと部活になれないってなったらちゃんと8人揃うし20人揃わないとジェッツには勝てないって言ったらちゃんと20人になるしチアリーダー部はどうなっちゃたんだろうとか誰も気にしないしとにかく細かいことが気になる人は観ない方が良いドラマナンバーワンです。とうとうハッパ名が主役ってのも我が家的には推したくなるところです。そんな感じで来週も頑張ろう。どんどはれ。
[PR]
by uegaito | 2018-08-25 14:23 | つれづれ | Comments(0)

ウエガイトのブログ


by uegaito