一人称わたしと仁王立ちと何を遠心分離したいのだ

このブログを書き始めた頃は5歳だったコウメもこの春で高校2年生です。そんなコウメさん小さい頃からずっと自分のことを名前で呼んでいたのですが高校に入った途端に一人称を「わたし」にしたのには驚きましたね。ちゃんと常識的に成長していて安心したものです。ディズニーランドが大好きで先日も友達と行ってました。このディズニーランド行きってのがなかなか毎回悩ましいわけです。夜のパレードを見ないで帰るのはお金をどぶに捨てるのと同じくらいの勢いで言われるとまあ仕方ないかなとは思うんだけど21時に退場しても帰宅できるのは23時近くになってしまう。さすがに遅すぎだろうと。僕なんか当時大学1年生だったカミさんとの最初の遠出(といっても都心)で家に送り届けるのが22:30の門限を10分くらい過ぎてしまった時に門の前に仁王立ちしてるお義父さんにえらい怒られたもんな。あれ、僕もやりたいんだけどね。キミは一体うちの大事な娘を何時まで連れ回してるのだ(怒)とか。娘さん年頃になってきてお父さん心配でしょう、とかよく言われるけど早くこれやりたいので誰か我こそはという強者コウメにアタックしてくれないでしょうか。話がズレましたが父に似て絶叫モノが全く苦手なコウメさんその先日のランド行きでは友達が許してくれずスペースマウンテンに何度も乗らされて辛かったとか言ってましたが世の中の人々はなんであんな乗り物が好きなんでしょうね。ほんと不思議です。スペースマウンテンなんてあれはただの遠心分離機ですよ。僕なんてカミさんと初めてあれに一緒に乗ったあといわゆるガクブル状態で具合悪くなってそのまま介抱されながら帰宅という情けない経験しかないですから。また話がズレてしまいました。そういうわけでそれなりに成長しているコウメもまだ一緒に出かけてくれますがいつまで付き合ってくれるのものやらね。そういうことで。
[PR]
by uegaito | 2018-01-27 17:25 | 我が家のことですみません | Comments(0)