友&愛と!!とフューリさん

さて誰も期待していないシリーズに戻ります。これ書いてるうちにだんだん思い出してきたんだけど高校生の頃はまだネット通販なんてありませんでしたから(そもそもCDがまだ出てない)とにかくレコード買うにはレコード屋に行って在庫のあるのを買うか注文したり予約するしかなかったわけです。タワーレコードみたいな巨大なレコード店も確か東京に出現したのは大学3年生くらいだったと思うんだよな。なのでむしろどうしても欲しいやつ以外はレンタルレコード店のお世話になったものです。友&愛ね。懐かしい。レコード借りてきてカセットテープにダビングして聴くのが当時は主流だったですかね。コウメやハッパにこの話しても全く何言ってるかわかんないだろうね。いやはや隔世の感ってこういうのを言うんだな。そういう感じで小遣いもらうごとにこつこつキッスのLPを買い集めていったわけですが『キラーズ』『地獄の回想』『暗黒の神話』と来て次に何買ったんだっけな。もう全然覚えてないので仕方ないから適当に話を作ることにします。いいじゃないのどうせ適当なことしか書いてないんだから。『地獄の回想』で素顔になったキッスは折からのMTVブームにうまいこと乗ってそれなりに復活を果たします。そんな中で元々彼らはライブアクトとしてブレイクしたってことを知ってライブ盤を買うことにしました。ここで『地獄の凶獣/ALIVE!』を買うのが順当な気もするんだけど僕は『キラーズ』収録曲の中で『デトロイトロックシティ』『ラヴガン』あたりに強い興味を持ったこともあって1978年発売の『アライヴ2/ALIVE II』を買ったわけです。そうそう確かにそうだこれ買ったんだ。LP2枚組でジャケットを開くとライブのオープニングの様子が見開きいっぱいに印刷されてて両袖のクレーンでせり出しながら演奏するジーンとポール&エースの雄姿に震えたものです。1曲目は『デトロイトロックシティ』かっこよいんだなこれが。このアルバムはとにかくこの時代の彼らのヒット曲代表曲を丸ごとパックしたような煌びやかなラインナップでもちろんライブ盤の前作『地獄の凶獣』とは1曲も被らないサービスっぷりですからまあこのタイミングで買ったのは正解でしたね。ライブバージョンはどれもオリジナルよりずっと躍動感があってスピーディで、それが後々オリジナル盤を買ったときに複雑な気持ちになる原因にもなるのですけどね。『デトロイト〜』以外にも『ラヴガン』『愛の謀略/I stole your love』『狂気の叫び/Shout It Out Loud』などは未だに色褪せることないと思いますね。僕はね。それからこの時はなんか歌が下手なのこの人?と思った『ショックミー/Shock Me』。言わずと知れたエース様のヴォーカル初披露曲ですね。このヘタウマにはまった人のどれほど多かったことか。そして後年の素顔にとんでもなくがっかりした人もどれほど多かったことか。この70年代の頃はすらっとした体型に長いストレートの髪でシルバーのメイクでしたから一部では女性なんじゃないかなんて噂まで立ってたくらいです。後年のがっかり度はヴィニーの比では無かったかと思いますね。まあいいです。ちなみにこの頃はまだ彼は日本では「エースフューレー」と表記されていました。今では実際の発音に近い「フレーリー」になってますが当時違ってた原因は彼らの通算2枚目のアルバム『地獄の叫び』のアルバムジャケットに書かれていた日本語にあったというどうでもいいトリビア(この言葉も既に古い)です。ついでにこのジャケットはオリジナル盤自体に日本語が使われていてタイトル『地獄の叫び』も邦題ではなく原盤にも書かれていました。それが彼らのアルバムの邦題がいちいち『地獄〜』となるきっかけだったというのもマニアならではの知識であります。ってウィキ見たら書いてあるので何の自慢にもならず本当に辛い時代です。ということでつづ・く。のでした。
[PR]
by uegaito | 2018-01-10 13:10 | ロック | Comments(0)

ウエガイトのブログ


by uegaito