人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ビャーッとペケッとパキッ

ビャーッとペケッとパキッ_f0113361_1513113.jpg

吉澤邸の話の続き。これは南側の外観です。左半分がアトリエ、右半分が住まい。とにかく開口部が大きいですね。いま思うとよくまあやった(=施工させた)なって感じですがこの時は色んなことを「やんなきゃ」って気負ってて、ある種のてんこ盛り状態だったなあっていまこの写真を見ていて思いますね。中空ポリカーボネート板をアルミの押縁だけで留めるディテールや上から見ると一枚板の端を折り曲げただけのシンプルな片流れ屋根なんかは、まあ若さというか今思えば相当乱暴なデザインだった。写真で見ると右上の屋根は、1寸勾配で右上がりの屋根をペケッと折り下げたんだけど、まあ模型だったら板をほんとにペケッと折ればいいけど、実物は厚みもあれば下地もあるし、なによりちゃんと強度がないといけないから、大工さんは相当この部分に手こずってました。この写真には写ってないけど右の奧ではペケッと折り上がってるしね。こっちも作業場で仮組みして考えてくれてました。本当にまあご苦労をお掛けしたと反省しております。この設計をしている頃はまだ南青山の先輩の事務所に居候してたって前に書いたけど、当時その先輩が、木造や鉄骨造は骨組みに対して外壁が自由な「皮膜のデザイン」だって言ってたのをヒントに、骨組みの上に貼った薄紙をぺりぺりっと剥がしたような開口部をつくろうとしたんだよなあ。それまでコンクリート系のものしか設計したことのない僕にとっては、とても未知な領域で、これからしばらくは木造や鉄骨造が続いたこともあってそのことについてずっと考えていた気がします。写真は同じく尾形正茂君。まだまだ続くよ。
by uegaito | 2012-07-20 15:33 | 建築
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28