(2016年11月28日現在)

f0113361_12372582.jpg

HUG高輪 ゆらりん高輪保育園(2016)

ゆらりん高輪保育園(HUG高輪)が雑誌建築ジャーナル2016年12月号に掲載されました。(2016.11.28)
東浅草の住宅B&S HOUSE の竣工写真をアップしました。(2014.10.16)
浅草橋の老舗扇子店松根屋店舗の写真をアップしました。(2014.9.4)
アイデアコンペ第2回SRF賞専門部門佳作を頂きました。(2014.3.15)
村民保養施設さぎり荘が第30回福島県建築文化賞復興賞を受賞しました。(2013.12.21)
雑誌KJ2013年12月号に前田産科婦人科医院が掲載されました。(2013.11.15)

最新作Lebenschaft Projekt完成披露会のお知らせをアップしました。(2013.10.26)
近作悠楽里えどがわエントランス改修の写真をアップしました。(2013.6.19)
近作野木の家の写真をアップしました。(2013.6.1)
近作Lebenschaft Projekt I(前田産科婦人科医院)の写真をアップしました。(2013.5.28)

*  *  *

建築とか設計とかとはあまり関係ないというかむしろどうでもいいことが多いんですが、宜しかったら以下(↓)の上垣内個人のブログもお楽しみ下さい。いやほんとすみません。

[PR]
# by uegaito | 2018-12-31 23:59 | お知らせ | Comments(1)
コウメさん17歳になりました。いやはや。待ちに待った第一子誕生でしたのでそれはそれは手厚く育ててしまったがために超弩級のかまってちゃんになりました。しかしまあ世の中の17歳ってもっとスレてるっつうかまだまだ遠い世界の人たちだと思ってたらまさか自分の娘が17歳になっちゃうとはなあ。大丈夫なんだろうかと心配になるくらい幼いんだけどそれってのは親の前限定の演技なんでしょうかね。わかりませんが。何にしても松本伊代が歌った歳が終わり南沙織や森高千里が歌い中森明菜が煽った歳に突入したわけです。そして来年は岡崎友紀の歳だね。何が言いたいのかよくわかりませんが誕生日に際しての所感でした。
[PR]
# by uegaito | 2018-06-01 10:51 | 我が家のことですみません | Comments(0)
あんなに連投してたのにってくらいパッタリ書き込みが無くなってあっという間に1ヶ月以上経ってしまった(汗)。書きたいことは山のようにあるんだけどあり過ぎるが故に書けなくなるってこともあるのでした。とか言ってるうちに『わろてんか』終わっちゃうしね。やっぱり再開するには朝ドラネタでアイドリングするのが手っ取り早いってわけで『半分、青い。』行きます。なんと言っても主人公の名前が「すずめ」なのが最高だね。我が家のすずめさんことハッパさんは一歩間違うと本当に名前が「すずめ」になりかけてたのは一部では有名な話です。結婚6年目にしてようやく授かった待望の長女に「〜梅」という名前をつけてこれ以上ないくらい上出来な気分に浸ってたらすぐに次女が生まれまして正直なところネタが尽きてた父としては梅シリーズしかないだろうとひねり出したのが「鈴梅(すずめ)」でした。まさかその後事務所を移転したすぐそばに鈴梅(すずうめ)さんがあるとは思ってもみませんでしたがそれはそれで良い名前じゃないかと思ってたわけです。しかし子シリーズならまだしも梅でシリーズにするのは可哀相というカミさんの意見と「ハッパ」という対抗馬出しに救われまして「すずめ」ちゃん実現には至らなかった次第です。そしたらまさかの「すずめ」ちゃんが主人公じゃないですか。ついでに書くと1クール前の連ドラ『ファイナルカット』で橋本環奈さんはハッパさんでしたね。かなり嬉しかったね。さてその『半分、青い。』ですがまあそれなりに面白い出だしだとは思ったけどこれで半年保つんだろうかというのが正直な感想でございます。面白いんだけどね。明らかに僕らの世代が狙い撃ちされてるこの感じ、『あまちゃん』『ひよっこ』の何匹目のどじょうなんだって感じがあざといなと思ったり。でも観ちゃうんだよな結局。だいたいなんだよ中村雅俊がお祖父ちゃんって。総理大臣だったんだぞ。どうしよう話をまとめられなくなってきた。今宵はここらでよかろうかい。そういうことで。
[PR]
# by uegaito | 2018-05-05 21:16 | 我が家のことですみません | Comments(0)
いやしかし書いたり書かなかったりの差の激しいこと。それもこのブログの個性と言うことですっかり開き直っております。さて心配された『人体六〇〇万年史』ですがちゃんと下巻まで全部読みましたので。途中『隠蔽捜査7』も読みましたが。『人体〜』では非常に興味深いことを知りました。人類は長距離を走るように進化したんだってよ坂もっちゃん。人類の狩猟形態はただ単に集団で動物を狩るってわけじゃなくて追いかけて追いかけて追い詰めて獲物が自身の放熱ができなくなってぶっ倒れたところを狩ったんだそうです。人類だけ毛皮に覆われてないから発汗して運動による体温上昇をコントロールできたのでこういう芸当ができたんだと。なるほどね。つまりマラソン選手は最も進化した人類だってことか。短距離やってる場合じゃないぞコウメさん。さて『人体〜』『隠蔽〜』と読み終わってさて何読むかなとなったんだけどふとした新聞記事で『死都日本』(石黒燿著)という小説を知りまして早速買って読み始めました。ら、まだほんと読み始めた頃なんだけどいきなり霧島の新燃岳が噴火するじゃないですか。こうして書いている今日もまた噴火したってニュースだけどめちゃ怖いんだけど。なんでってこの『死都日本』て霧島が噴火で無くなっちゃう話なんだから。カルデラ噴火がとんでもなく恐ろしいってことは前々から知ってて九州には阿蘇山はじめとしてカルデラ火山銀座だということも知ってて鹿児島湾が姶良カルデラだってことも知ってて7300年前の鬼界カルデラの破局噴火が九州の縄文文化を全滅させたってのも知ってたんだけど霧島もカルデラ火山でしかもその下に30万年前に破局的噴火を起こして地球を危機的状況におとしめた加久藤カルデラってのがあったなんて知りませんでした。前にNHKスペシャルで阿蘇山がカルデラ噴火つまり破局的噴火を起こしたら日本が終わる可能性があるってやってて阿蘇山の動向にはドキドキしてたもんだけど霧島はノーマークでした。まあマークしたところで噴火を防ぎようもなければ逃げようもなさそうなんだけどね。どのくらい怖いかは是非『死都日本』を読んで欲しいんだけど今日書きたいのは噴火の怖さ以外にこの小説が2002年に出版されてたってことなんだな。なにも3.11や熊本地震の後に便乗的に書かれたんじゃなくてそれらの前にまるでそれらによって起こったことを警告するような場面がいくつもあるってこと。物語中で霧島カルデラの破局的噴火が予知されて国が水面下で対策の準備に入るんだけどまず川内原発をさりげなく廃炉にしておくくだりがあるんです。現実と比べてなんて危機意識の高い国なんだろうと思わざるを得ないよね福島のことを思うと。2011年の東北のような規模の地震は千年に1回だとか関東大震災クラスの地震は70〜80年ごとに来てるとか言われてたりするけど千年はそれでも過去の歴史資料から追えるレベルで後生に警告を残すこともできるタイムスパンなんだけどカルデラ火山の噴火というのは時間規模が万年単位なのでそうもいかないわけです。さっきも書いたように日本では鬼界カルデラの7300年というのが一番最近なんだから。7300年前って何時代だっけじゃないから。46億年の地球の歴史からしたらそれでも割と高頻度なんだけどね。だから子孫に警告するなんてできずにこれほどの恐ろしい出来事が今の人々にとっては全くピンとこないんだと。まだ地震や台風の方が怖いってことになるわけですね。小説中ではなんと天孫降臨の物語こそがその子孫への警告を表してるという説も展開しててとても興味深かったんですがこういう突拍子もない説をそのままモロに本にしたりしないで作中人物の唱える説として出すあたりがこの作者の巧妙なところだと思うわけです。とにかくもの凄い知識量と調査量なんですが著者はまずお医者さんなんです。で小さい頃から火山が好きで自分で色々調べていくうちにこれを書くことになったんだと。いやはや改めて小説家というのは尋常な頭脳ではないんだなと実感した次第です。ところで新燃岳大丈夫かな。南九州だけに、チェスト。気張れ。いやむしろ気張らないで下さい。
[PR]
# by uegaito | 2018-03-25 17:43 | 読書 | Comments(0)
以前の記事でハッパがブツ女化していることを書いたことがありましたがこの子もう立派な仏像語る女子になってました(汗)。興福寺の阿修羅像@八部衆ラブのようなのです。昨年修学旅行でこの像をナマで見て固まったと言ってました。みんなが早く次行こうというのに一人じっと動かないで見てたとか。思えばセゾン美術館にクリムトが来たときに『接吻』の前に固まって感極まった人の娘なのでこれも血なのかもね。ハッパの仏像マニアに対してかくいう父もその昔祖父の逝去でお経に触れたことで仏教にのめり込みましてその勢いで仏像の見方も覚えましたがまさかこんなところで父娘の会話に活用されることになるとは思いもしませんでした。家族にどれだけ仏像の面白さを伝えても気味悪がられるだけでしたから熱心に聴いてくれる中三娘に妙な幸福を感じてしまう次第です。とは言っても25年も前のことなのでだいぶ忘れてしまってるんだけどね。観音菩薩の見分け方とか如来の見分け方とか阿弥陀如来の印の結び方とか三尊像の構成とかくらいしかわからないかな。どんどはれ。
[PR]
# by uegaito | 2018-03-04 07:00 | 我が家のことですみません | Comments(0)
忙しいときこそストレス解消ということで引き続きキッスの話書きます。普通の人と2周半くらい遅れて高校3年生でキッスのファンになったわけで最初の新譜はヘヴィ路線の『地獄の回想』でしたね。前作『暗黒の神話』からひっそりエースの代わりを務めていたヴィンセントクサノがヴィニーウィズヴィンセントとせっかく名前新たに頑張ったのにあまりにきかん坊の自己中野郎だったためにたったアルバム1枚でクビになりまして翌1984年発売の『アニマライズ』ではキッス初の西海岸出身マークセントジョンなる無名のギタリストが3代目リードギタリストとなりました。時はLAメタル全盛期ですからヴィニーもそこそこの早弾きさんでしたがこのマークは尋常じゃない早弾き野郎でして32分音符とか弾いちゃうのだそうです。だそうですというのは僕には聴き取れなかったからです。とにかくそんな話題性に事欠かない時代にキッスのファンになってたシンイチ君(19)は次の新譜『アニマライズ』発売が待ち遠しくてたまりませんでした。もうね、予約してた新譜を手にした時は天にも昇る気持ちで聴いたわけです。1曲目の『アイヴハッドイナフ/I've Had Enough(Into the Fire)』のカッコいいこと!前にも書きましたが80年代のハード路線キッスは82年の『暗黒の神話』から85年の『アサイラム』までアルバムトップの曲がだいたい同じようなポールスタンレーのザ・ヘヴィメタルな曲を持ってきててその中でも僕は未だに何度聴いてもカッコいいなと思うのがこの曲ですね。疾走感のある16ビートにカッティングのようなリフで始まりいきなりマークさんの超早弾きソロなわけです。キッスの曲でヴォーカル入る前にギターソロが入る曲ってあまり無いのですがこの曲はキマってましたね〜。ただですね、いまになって思うのはこの曲以外はあまりぱっとしなかったってこと。シングルカットされたのは『ヘヴンスオンファイヤー/Heaven's On Fire』と『スリルズインザナイト/Thrills In the Night』だったと思いますがもちろん悪い曲じゃないんだけどなんかイマイチしっくりこないっつうか。後年本人たちから明かされたその原因てのは実はこの頃ジーンはほとんどキッスの仕事をしてなくてアルバムにも歌ってる以外参加してなかったのだそうです。ひどいね。なのでアルバムはポールの単独プロデュースだと。この『アニマライズ』に至る前までも何度もキッスは仲間割れの危機を経験するのですがそのたびにそれを乗り越える原動力となったのはポールスタンレー先生でして彼こそがザ・キッスなわけですね。それはそれで良いし78年のソロアルバムにしてもその後のソロアルバム『LIVE TO WIN』にしてもカッコいいのは間違いないんだけどやっぱりキッスってのは4人の個性的なキャラがあってのバンドだったのでポール単独色が強いのはキッスとしてはやっぱりどこか物足りないものなのですね。『アニマライズ』はまさに孤軍奮闘するポールのバンドのアルバムだったということです。がんばれポール。ただし彼が頑張りすぎるとどんどん商業路線になっていくんだよな。それはこいつの存在無くして語れないんですね〜。デズモンドチャイルド。しかし止まらんなこの話。ということで、今日はこのへんにしておきましょうか。
[PR]
# by uegaito | 2018-02-19 20:44 | ロック | Comments(0)
気を取り直して地道に頑張ることにしました。というか何を頑張るのだろう。さて久々にキッス書きます。これまでの話の中でたびたび出てきてる『地獄のさけび/Hotter Than Hell』ですが僕がこれ買ったのは教習所に通ってる時だったので大学1年の秋くらいかな。恐らく『地獄の回想』の次の『アニマライズ/Animalize』が新譜で出るか出ないかの頃じゃなかったかしら。何度も書くように僕がキッスを聴き始めたのは世間の方々とはズレてて80年代のヘヴィ路線でしたからソリッドで速いテンポかつ分厚いコーラスの曲ばかりだったので初期の3枚のアルバムのシンプルというか軽量感満載のが信じられなかったわけです。中でもとりわけなんじゃこりゃだったのがこの『地獄のさけび』でした。なんというかヘタウマ?というかチューニングズレてないですか?みたいなギターで始まるタイトル曲などは当時の僕にはどうにも馴染めない感じでしたね。ところがこの中の『ゴーインブラインド/Goin' Blind』というジーンの曲がジワジワと感じ出しましてそしたらこの曲のギターソロが何とも味のあるというか泣き具合が最高というかってなっちゃっていまでもエースのソロの中では最高レベルではないかと思っている次第です。このソロがすごいんだって教習所で一緒だった中学校の同級生スチくんに熱く語ったものでした。そうなってくると他の曲も聴き方が変わるんだね。この頃は作曲するだけで自分では歌わん主義のエースの曲『パラサイト』や後のアンプラグドライブのオープニングを飾ることになる『カミンホーム/Comin' Home』、名盤『地獄の凶獣/ALIVE!』のラストを飾る名曲『レットミーゴーロックンロール/Let Me Go Rock'n Roll』などほんと後年キッスの名曲と言われることになる曲ばかりなんだよね。エピソード的にはデビューアルバム『地獄からの使者/KISS』を出したけど全然鳴かず飛ばずだったもんだから焦ったレコード会社が早く2枚目出せとせっついてメンバーの手持ちの曲を持ち寄ってとにかく超ハイスピードで出したというセカンドアルバムなんだそうです。ウィキ読んだんじゃないよ!このくらいファンなら常識ですよ常識。ところがこれも売れないわけです。3枚目『地獄からの接吻』を出しても売れない。この頃には契約してたレコード会社カサブランカレコードの社長さんは自分個人のクレジットカードの利用枠一杯にお金借りて破産寸前だったってのも有名な話。ところがイチかバチかで出したライブアルバムが大当たりでバンドはもちろん一気にスターダムにのし上がるし社長はギリギリ破産を免れたってわけでした。そのライブアルバムが『地獄の凶獣』ね。なんだかとても共感を覚えるつうかアメリカンドリームだぜって感じですよね。さてその頃待望の新譜『アニマライズ』が出るわけですがそのことはまた今度ということで。つづ・く。
[PR]
# by uegaito | 2018-02-15 12:00 | Comments(0)
一時の連投はいったい何だったんだって感じの間の空き方でしたがいろいろありまして。このブログだいたい毎日のアクセス数って一桁かせいぜい20までは行かないくらいの極めてマニアックなあれだと思ってたのですが先月末に突然増え出しまして1/30にはなんと「126」とか行ってしまったわけです。大したこと書いているわけでもないのになんで100超えるんだ???と気持ち悪く思いましてすぐにエクサイトブログに問合せのメールをしました。だって変な炎上とかだったら嫌ですからね。まあコメントが一切入ってなかったので炎上のはずはないんですけどね。一応ね。もしかして何かブレイクした?なんて淡い期待も抱いてしまったわけです。ところが1/30がどうやらピークだったようで翌日から111→78→59→78→47と萎んでいきまして2/11には「1」ですよ。人を馬鹿にするのも大概にして欲しいものです(涙)。昇って落ちて気持ちはぼろぼろです。エクサイトブログの方によるとどうやら特定のbotとか言う機械的なアクセスってやつが増加してたようで、こいつを集計から除外するように対応したのでもう安心ですって。そうなんだ。。。そうだよねやっぱり。久しぶりに毎日ワクワクしたのになあ。アクセス数「1」だって。誰だよそれ。というわけですっかり書く気が失せてしまったわけですがそれも悔しいので書き続けますよ。それにしても機械的なアクセスだか何だか知らないけどそういう変なのにやられてもせいぜい「126」止まりというのがブロガーにはほど遠いってわけです。どうせエラーなら1万アクセスくらい行ってみたかったなあ。
[PR]
# by uegaito | 2018-02-13 19:32 | つれづれ | Comments(0)
このブログ自分で書いてて未だによくわからないのが記事ランキングのトップがいつもγ-GTPとノンアルコールビールと飲み過ぎ注意報だってこと。これそんなに面白いか?いやまあどれも同じくらい大して面白くないんですけどね。誰かこの現象の原因知ってたら教えて下さい。さてまだ『人体六〇〇万年史(下)』が読み終わってないのに時間つぶしで本屋に入ってしまったのが運の尽き。平積みされてた『信長の二四時間』(富樫倫太郎著)を買ってしまい猛烈な勢いで読んでしまいました。こういうのよくあるんですよね。追い抜かされた方の本はそのまま放置ってパターンも多いんですがさすがに『人体六〇〇万年史』は読み切るって心に決めてたので今では再開してるのです。が。今日新聞で『隠蔽捜査7』が発売されてることを知って早速ネットで注文しちゃいました(汗)。これ到着するまでに『人体六〇〇万年史』読み終わるのは無理だろうなあ。また割り込みだよ。ところで先の『信長の二四時間』ですがこれがまた面白かったんだな。読み始めたら止まらない感じ。毎度のことだけどベースは史実ですから織田信長が本能寺で殺されることはみんな知ってるわけです。殺したのは明智光秀ってことになってることも日本人ならたいていの人は知ってるわけですね。『本能寺の変431年目の真実』も読んでるし『信長協奏曲』も観てる身としては(笑)たいていの別切り口解釈への耐性もついてると思ってたわけです。でもまだあるもんなのね〜。しかも確かに言われてみればそうだよねってくらい信憑性がある。もしこれが真実だったとしたら明智光秀はあまりに可哀相すぎる。いやはやしかし織田信長は本能寺の変で死体が出てこなかったってことがこれほどいろんな物語を生むことになるんだけど(実は生きてて海を渡って何とかになった的な小説もあったよね)膨大な調査と知識に裏付けられた小説家の想像力というのは本当にすごいなと思わされる一冊でした。そういうことで。
[PR]
# by uegaito | 2018-01-31 10:00 | 読書 | Comments(0)
『アライヴ2』の後に買ったキッスのアルバムが何だったかはもう本当に完全に思い出せないので印象的な順にその頃の思い出を書くことにします。キッスの名盤と言えば『地獄の軍団/Destroyer』というのはファンの間ではほぼ意見の一致するところでしょう。スタジオ盤で通算4枚目、直前に出たライヴ盤『地獄の凶獣/ALIVE!』で一躍スターダムにのし上がったキッスがその地位を不動のものにしたまさに名盤だと僕も思います。『デトロイトロックシティ』『雷神/God of Thunder』『ベス/Beth』『狂気の叫び』などライヴの定番が多く収録されている1976年発売のアルバムですが僕はB面トップの『燃えたぎる血気/Flaming Youth』が大好きでしたね。ギターソロだけ変拍子になる不思議な曲ですがとにかく若さと元気いっぱいでこの頃でしかできない曲だと思いますね。『地獄の軍団』はそれまでのストレートでシンプルなロック中心の3枚のスタジオアルバムとは打って変わってアルバムオープニングがSEで始まったりハモりのきれいなツインリードのギターソロがあったり少年少女合唱団のようなコーラスが入ってたり変拍子があったり当時の彼らにしては相当実験的な要素が鏤められてました。作り込むことで当時有名だったプロデューサーのボブエズリンのアイデアという話も聞いたことがありますがこのボブエズリンてこの後1992年の『リヴェンジ/Revenge』で再登板します。この『リヴェンジ』ってのがまたせっかくヘヴィ路線に転換して素顔も晒したキッスがまたもや妙な商業ロック路線になってしまっていった80年代後半をばっさりと切り捨ててヘヴィ&ダークに戻った原点回帰のアルバムでして僕はこれも名盤だと思っています。つまり節目節目でキッスにとって重要な役割を果たしたプロデューサーなんだけど不思議とキッス自身はあまり評価してないみたい。想像するにあれせいこれせいと指示がうるさいんだろうね。かくして『地獄の軍団』の次のスタジオアルバム『地獄のロックファイヤー/Rock'n Roll Over』では『地獄の凶獣』のプロデューサーだったエディクレイマーに戻ってます。この『地獄の軍団』を買ったのは大学入ってご褒美に買ってもらったステレオ(というのも懐かしいがきっとコウメたちには想像がつかないだろうな)が来てからだったので1984年だな確か。しかしご褒美にステレオ買ってもらうってどんだけ甘えてたんだろうな自分。ほんと申し訳なく思いますがいま自分がコウメたちにそれできるかというときっと無理だろうから親父を超えてやるぜどころじゃないわな。なんでキッスの話から自己反省にならねばならぬのか。ともあれ大学に入ったら割の良い家庭教師や塾のバイトに精を出して憧れのギターを買いました。さすがにこれは自力で買ったね。真っ黒なボディにミラーのピックガードのレスポール、グレコのジョンサイクスモデル。普通キッス好きならレスポールでもサンバーストとかそれかフライングVとかだろうと思うんだけどホワイトスネイク聴いてるわけでもないのにジョンサイクスモデルでしたね。これはもうすっかりボロボロだけど今でも手元にあってたまにいじってます。エレキギター買ったら次はもうこれしかないでしょう。バンドね。というあたりで、つづ・く。
[PR]
# by uegaito | 2018-01-29 09:09 | ロック | Comments(0)

ウエガイトのブログ


by uegaito