こういうのを罰が当たったって言うんでしょうかね。インフルエンザになってしまいましたよ。しかもクリスマスの日に。一応ね最終回というか娘たちにしてみたら好きだったドラマをいきなり打ち切りにしたようなもんですからねその罪滅ぼしというかイブの日がたまたま日曜日でしたしじゃあがっつりご馳走でも作ってやっかと早い時間から買い出し行って仕込して頑張りました。ところがどうにも体がだるい。途中ユンケル飲んだりしながらなんとか豪華料理を作り上げてよっしゃと思ったら具合悪くなって、でももったいないから食べるだけ食べてダウンしました。この時点で実は38℃ほど熱があったんだけど調理した張本人であった手前体温までは黙ってたのです。すまん我が妻我が娘たち。ちなみにこの晩はちょっと高めのワインも買ってちょっといいクリスマスケーキもカミさんが買ってきてたんだけどどちらも堪能できず寝床から出られず。ケーキは結局どんなのだったかすらわからないまま3人の胃袋に消えていました。で翌日。朝から念のためにかかりつけの先生のところに行ったらもうこういうときだけ嫌な予感てのが的中するものでA型確定です。いい加減にして欲しいよね。今年2回目ですよ。2月に一度罹ってるから。その時は予防接種してたのに罹ったんだけどだからってわけじゃないが今回は予防接種してなかったんだよね。先月の風邪が長引いててなかなか接種するタイミングを失ってて。そしたらこれだ。仕事納めが寝込み納めになってしまった。厄落としになったと言ってくれた友達もいたけど本当にそうなら良いんだけど。もうサンタ頼みもできないし来年は自力で頑張らないとね。ここのところたくさん書きたいことができてきたんだけど今日はこの辺で。そういうことで。
[PR]
# by uegaito | 2017-12-27 20:45 | 我が家のことですみません | Comments(0)
先日の白状はやはり勇み足だったと反省するも後悔先に立たず覆水盆に返らず反省なら猿でもできるまあやってしまったものは仕方がない。眼が顔の前についているのは前を見るためだ前向きに生きろってのじゃあ魚は横についてるから横向きに生きるのかねなんだよ横向きの生き方ってとかくだらないことをすぐ思ってしまう。そんなくだらない話をもう一つ。17分半。なんの時間かというと人間が一日に上の歯と下の歯を合わせる積算時間だそうです。つまり一日24時間1440分中17.5分しか上下の歯はくっついていないらしい。本当かよと思うけど確かに食べてるときだってずーっと歯を合わせてたら噛めないですからね、離したり噛み合わせたりを繰り返すわけです。その噛み合った時の時間が全部でたった1050秒しかないんだそうですよ。1日の1.2%だけしか噛んでいない。これ以上の時間を噛んでいる人はつまり食いしばっている人ってことで歯の余分な摩耗や傷み、顎の関節痛などを引き起こすのだそうです。さかもっちゃん大丈夫かね。誰?さかもっちゃんって。気になる人は調べてください。とにかく彼がしゃべるシーンを観るとほぼ歯は閉じてます。腹話術の逆ですね。顎関節症になってなければいいけど。余計なお世話?どんどはれ。
[PR]
# by uegaito | 2017-12-21 12:18 | つれづれ | Comments(0)
『おんな城主直虎』終わってしまいました。賛否は色々あるようですが僕は良いドラマだったと思いますね。これほど世の中には本当の悪人なんていないんだ、みんなそれぞれ事情を抱えて生きたんだという解釈で戦国の世を描いたドラマは無かったんじゃないかな。若い頃に同じ大河ドラマで観た築山御前と信康の悲劇は川谷拓三演じる大賀弥四郎の鋸挽きの刑というとんでもなくショッキングなエピソード付きだったので今回の切ない描写はとても興味深かった。いずれ石川数正が出奔するって知ってる人は別の意味でちと複雑な気持ちになったかも知れませんが。ともあれ毎週欠かさず観てるドラマがまた一つ終わって残るはラスト1話の『陸王』と3話を残す『マチ工場のオンナ』だけになっちゃった。これらの話はまた今度にゆずるとしてどんないいTVドラマでも最終回があるように我が家の神経戦もとうとう夕べ最終回を迎えました。そうですコウメとハッパに白状しました。サンタなんていないんだと。そしたら意外だったのが、いやほんと意外どころじゃなかったんだけど、ハッパよりもコウメの方が本当に彼の存在を信じてたみたいなの。困ったね。やっちゃったよお父さん。まさか高1にもなってまだ信じてるなんて思ってないじゃんね普通。うすうすそんなことじゃないかとは思ってたんだよね〜やっぱりね〜くらいで笑って済むかと思ってたのにいやあ本気でショック受けてましたねコウメさん。参ったなほんと。最低だなこのオヤジ。どうすればいいんでしょう。どうしたらいいの?ほんとに。迷えるバカオヤジに誰か良いアドバイスを下さい。無着先生お願いします。ああコウメさんよ、やっぱりよく調べたらさ、サンタっているみたいだぜ〜良かったじゃん、今年もよ〜くお願いしときな。とか今更言ってもなあ。それってアマゾンじゃん、とか言ってくれたらバカなオヤジも救われるんだが。中村梅雀風に「おしまい」。
[PR]
# by uegaito | 2017-12-18 21:01 | 我が家のことですみません | Comments(0)

Lと○とニョロ

f0113361_21284300.jpg
唐突ですがこれ「うえがいと」って読むんだそうです。ミャンマー語。この前ミャンマーの方に教えてもらいました。なんというかどうにも推測すらできない感じが秘密っぽくていいです。左から「う」「え」「がい」「と」なんだそうです。音だけで追った字ですので意味はありません。面白いことにそれぞれの文字には書き順がちゃんとあるんですね。まあ日本語も同じか。例えば最後の「と」の字は下のLと上の○が無い状態が基本形で「た」の音の字なんだけどまずその下にLをつけると「つ(とぅ)」になって更に上に○がつくと「と」になるんだと。上から順番に書いたりしたらダメなんだそうです。ここまでいいですか?賢明な方はもうサッシが付いた、じゃなくて察しがついたと思いますが最初の2文字は基本形が一緒です。「あ」の音を表す字の下にLがつくことで「う」になったり、上にチョンとつけることで「え」になるわけです。お〜。でも「がい」の字はこれだけで一文字なんだって。まず視力検査で「下」の形が基本形で「が」その下にLがついて「ぐ」上に○がついて「ご」じゃんね。右に視力検査の「下」が二つくっついたのがありますがこれは基本形で「か」その上にニョロッとつけて「かい」。で左の「ご」と合わせて「がい」だってんだから困っちゃう。無理矢理納得しようとすると左がGで右がKaiで合わせてGkai→Gaiって感じかな。いやはやしかし他の言語に触れるというのはやっぱり面白いですね。こんな字誰が考えたんだ〜って叫びたくなるけどきっと日本語だって外国の人からすると平仮名とか見て同じように叫びたくなるんだろうな。漢字に至ってはちゃぶ台ひっくり返したくなったりして。でもそこを我慢して読み書きできるようになると世界平和に一歩近づくわけです。ほんとかよ。ほんとですって。
[PR]
# by uegaito | 2017-11-28 21:56 | つれづれ | Comments(0)
心を入れ替えて毎日更新するぞと決めた途端に風邪引きまして高熱出して寝込んだり咳がひどくて寝られなかったりついでに耳は聞こえなくなるわ結膜炎にはなるわで最悪の11月後半でしたがようやく復調してきました。まだ咳がしつこいんだけど。さてだいたいこのブログは設計してる感じが全然しないのが良いのか悪いのかですがちゃんと仕事してまして今年の秋口は現場が4件に設計が2件重なって体がいくつあっても足りない状態でした。それも9月末で駒形の住宅が、10月中旬にビルインの保育園が、10月末で横浜の研修センターがそれぞれ引き渡しになり残る現場は目黒の保育園だけになりました。その中で去る11/25に建築主の主催でお披露目があった研修センターの話。設計をスタートさせたのは昨年の初夏でしてクライアントは横浜市保土ケ谷区の電気工事会社会津電業株式会社さま。20代の社員が全体の半数いるという若くて元気の良い会社ですがその分技能も若いという悩みを解消させるため自前の実習研修ができる施設を作ってしまおうと思ったわけです。当初シンプルに倉庫の上に事務所が乗っかったような施設をイメージされていたのですが社長のお考えをうかがっているうちに踏み込んだ提案ができるのではないかと考えて1階の実習スペースから2階の座学講義スペースまでを一連の研修体験スペースとして連続させて多様な視点場と振り返りの場を持った実学の場になればとご提案したのが昨年夏。その後幹部社員の皆さん方とのWSも経て活用のイメージも膨らませながら設計を進め、このほど竣工となりました。
f0113361_13431451.jpg
これが1階の実習スペース。壁と天井のダミーが作られてそこに電気設備の実習材料が取り付けられています。平土間でこの手の研修をしようとすると上の方の説明も確認も脚立を使ったりして危なっかしいし大変なところを右側の踊り場から普通に立って天井懐が見えるわけです。
f0113361_13480046.jpg
他にも座って実習を受けられる幅広の階段スペースや高所作業車訓練もできる吹抜もあり、多様な実習体験が楽しくできるようにしてあります。やっぱり勉強は楽しくなければ続きませんからね。
f0113361_13491838.jpg
f0113361_14221020.jpg
全体の構成はこのようになっております。1階の実習スペースから途中の踊り場スペースを経て2階に上がるようになっており、2階からも吹抜を介して実習の様子がすぐ確認できるようになっています。

f0113361_13521800.jpg
研修センターの名前は「すだち」。ここからどんどん一人前に巣立っていくことを願って社長がつけたそうです。人材を育てるためにまず研修センターを作ろうと考える中小企業の社長さんどのくらいいますかね。この社長の慧眼はセンターを建ててしまうだけではなくて人材の発掘の仕方もとてもユニークです。そういう面でもとても勉強させて頂いた仕事でした。この施設、当たり前ですが電気工事の研修をするためにできています。だけど実際に据え付けられた実習材料を見ていると意匠設計者こそここに来て研修を受けた方が良いんじゃないかと思うくらいためになります。いや本気でそのうちウチのメンバーで研修受けに来ようかしらと思ってますので菊地社長どうかよろしくお願いします。

[PR]
# by uegaito | 2017-11-27 14:19 | 建築 | Comments(0)
信じらんないくらいサボってしまった汗。ほぼ半年。もう何というかどうやって再開して良いかわなんなくなってしまったってのもあったんですけど、とにかく忙しなかったっていうのが実情でした。忙しいってのは良い回転をする忙しさとその逆ってのがあるんだけどこの数ヶ月はどっちかというと後者でしたね。全然休んでないのに空回りするっていうか。人生そういうときもあります。なあコウメさん。別に書くネタが無くなったわけでもなくてこの間にFBやツイッターに頻繁に書き込んだわけでもないんですがね、やっぱりタイミング逃したってことでしょうね。というわけで再開しようと思います。走り続けてきてふと立ち止まるっていうんですかね、気がつけば独立開業してからもう17年以上経ってて、今月で蔵前の事務所に移って15年目に入りました。ついでにこのブログは12年目に入ったかな。人生の1/3は独立して設計事務所をやってることになります。そんだけやってりゃ色々ありますわな。その中でもとりわけ印象的なのが2009年に起こった奇跡的なお二人の人物との出会いですかね。全然別々の仕事で場所も都内と地方とで全く関係ないのに同姓同名の女性お二人とこの年に数ヶ月ずれて出会います。このお二人とのそれぞれの出会いによってその後の僕の仕事はガラッと様相を変えることになり今に至ります。お二人には足を向けて寝られないですが西と北にいらっしゃるので今は北枕で寝てます。なんだかこうやって文字に起こすと全然ミラクル感が感じられないですね。でも人生何回かこういうミラクルがあるものです。あと何回ミラクルがあるか楽しみですがあまりそれに頼っているわけにはいきませんから日々頑張るしかないですね。コウメも頑張ろう。どんどはれ。
[PR]
# by uegaito | 2017-11-11 12:48 | つれづれ | Comments(0)
あっという間にコウメさん16歳おめでとう。そして我が社は13歳おめでとう。16歳ですよ。伊代はまだとか言ってる歳になっちゃったよ。困ったね。JKになったコウメさんは今日で4日間続いた恐怖の中間テストが終わってようやくまともに睡眠とれると思ってることでしょう。徹夜で勉強するのは全然構わないんだけど家族を巻き込むのはやめて欲しいなあほんと。いっちょ前のことを言うくせに全然親離れできてないんだから。それにしても僕が高校生の頃はテスト前勉強で徹夜するなんてあり得なかったんだけど今はそんなんじゃダメなのかね。まあ3年間頑張ってください。
[PR]
# by uegaito | 2017-06-01 13:52 | 我が家のことですみません | Comments(0)
今クールのドラマは粒ぞろいで困る。あまりに面白いのが多いので普通の人の半分も無い貴重な小型連休が録りためてた分の消化で終わってしまったくらい。なにやってんだかね。でまずは『CRISIS公安機動捜査隊特別班』これは大半の人が認めるところでしょうね。テレビドラマのレベルを超えてますよね。それから同じ警察もので『小さな巨人』もうほとんど半沢直樹が隠蔽捜査って感じですけどやっぱり引き込まれます。警察ものはまだありまして『犯罪症候群』これがまたダークで次回が待ち遠しいタイプ。脚本は『まれ』の人らしいんだけどこういうダークサイドの方が得意なんだろうなきっと。そしてダークっつったら『リバース』これも重たいけど面白い。どれも達者な役者さん揃いで製作の本気度がわかろうってもんです。何年に一度かの当たり年っつうかきっと夏以降はしばらくダメなのが続くんだろうなってくらい力が入っている気がします。これに朝ドラと大河があるんだからもう十分おなかいっぱいですが重たいのばっかりですと息抜きしたくなるもんでして『釣りバカ日誌2』で中和しつつ爽やか&清らかな『ツバキ文具店〜鎌倉代書屋物語』これは心が洗われるいいドラマです。ということで残念ながら豪華キャストの『貴族探偵』は我が家の録画リストから削除されてしまいました。しかしまあテレビっ子ここに極まれりというかいいのかねこれで。
[PR]
# by uegaito | 2017-05-07 15:36 | つれづれ | Comments(0)
我が家にコーヒーメーカーが来ました。いつの間にかコウメもハッパもコーヒーを飲むようになってたんだなあってのが何よりびっくりです。早速淹れようってことになって取説熟読女子のハッパさんがよ〜く読んで使用開始です。ペーパーフィルターの不要なタイプなんだってね〜すごいね〜なんて言いながらコポコポといい音と香りを立ててサーバーにコーヒーが落ちていきます。いいねえ。ドリップが終わり4つのカップに注ぎ分ける中学校最高学年ハッパさん。くるくるとカップの上でサーバーを回しながら注ぎます。お茶を湯飲みに注ぐような動作ね。なんでそんな動きをするのと聞いたら吹奏楽部部長のハッパさん、だってそう書いてあったからと。へえコーヒーってカップに注ぎ入れるときも回しながら入れるもんなんだ〜って取説を見たらそんなことどこにも書いてない。書いてないじゃんと言うと国語と音楽の得意なハッパさん、あ、こっちだ、と見せてくれたのがコーヒー豆の袋に書いてある「淹れ方」。ドリッパーにお湯を注ぐときの動作じゃんか(汗)。さすがだよ君は。絶対に裏切らない。いくつになってもネタを提供してくれていつも有り難う。これからもよろしくね。どんどはれ。
[PR]
# by uegaito | 2017-04-21 10:36 | 我が家のことですみません | Comments(0)
設計という仕事はなかなか社会に理解されないので設計者の立場はなかなか向上しないと言うのが伝統的なこの世界のぼやきです。施工が現場という視覚的にオープンな「そこ」で行われるため汗水流して頑張っている職人さんたちの姿を見れば誰でも大変なことがわかりますから無理に値切ったり工期を短縮させたりはしないでしょうが、設計は割と見えないところでやってますからね。どのくらい大変なのかをわからせることが難しいからだ、という話ですね。まあね。そうなんだと思いますけどね。この手の論理で行くと設計図を何枚描いたかで設計料が決まる話から抜けられないですよね。設計作業って遊んでいるように見えるときもあるというか往々にしてそう誤解されることが多いので四六時中見られてもなあという感じがしますね。設計の本質は図面の枚数ではなくてどれだけ建築主や社会にとって有益な空間を生み出せるかですからその思考の過程は机の前に座ってガシガシ作業している(時ももちろんありますけど)よりフラフラしながら考えていることが多いものなのですよね。創造するという作業はルールが無いので思いつくためにはありとあらゆることをするものなのです。産みの苦しみってのは本当に苦しいので多少遊んでいるように見えてもどうか生暖かい目で見守って欲しいなとこう思うわけです。ただの言い訳でした。そういうことで。
[PR]
# by uegaito | 2017-04-13 09:57 | つれづれ | Comments(0)

ウエガイトのブログ


by uegaito