<   2016年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

赤備えと万千代と鍋之介

今頃&またTVネタで恐縮ですが今年の大河ドラマ『真田丸』はかなり人気のようですね。ずっと視聴率が低迷していた大河ドラマが『笑点』を抜いたというのはきっと画期的なことなのでしょう。その『真田丸』クライマックスとなる大坂の陣で信繁は自軍を赤備えにさせます。これはこの時代に最強軍団とされた武田騎馬軍団をなぞってのこととドラマ中でも言ってましたね。この赤備え、元々僕の記憶では武田家の山県昌景軍がやってて、長篠以降滅ぼされた山県軍の残党をそのまま井伊直政が吸収した際に備えも引き継いだんだと山岡荘八の『徳川家康』に書いてあったと思うんだけど確かに真田信繁も流れ的には採用してもおかしくないよな。興味深かったのは冬の陣の緒戦で確か真田丸を井伊直政の次男直孝軍が攻めるシーンがあったと思うんだけど(ちゃんと見てなかったので記憶おぼろげで悔しいんだけど)両軍赤備えだったっけね?ちなみに来年の大河ドラマは井伊家の話なんだってね。個人的にはとても嬉しいね。僕は忘れもしない大学院の入試勉強の最中に辛い勉強から逃げるようについ前出の『徳川家康』を読み始めてしまって思わず全26巻を読んでしまった阿呆なんですがその時から徳川四天王となる井伊直政に妙に惹かれまして。なんかミステリアスなんだよな。家康の隠し子説とかあるくらい突然徳川(松平)家の歴史に出てきてぐいぐい出世するから。来年の主役はその直政のお母さんらしいです。しかも演じるのは我が戦国ツンデレの女王柴咲コウさんなんだって。『信長協奏曲』での帰蝶(濃姫)ですね。いやあ嬉しいなあ楽しみだなあ早く来年にならないかなあ。今期の『真田丸』で徳川四天王の中の本多忠勝だけ目立たせたのって来年と話が重複しないようにだったりしてね。忠勝が信幸のお舅さんだからってのももちろんあるだろうけどさ。あれ本郷猛じゃなくて藤岡弘、さんはちょっと無理があったよなあ。確かに勇猛果敢な武将だったようだけど傷を受けたことが無いという伝説があるくらいしなやかでクレバーな武将だったという印象なのでもちっと豪傑さの無い人の方がいいのになあと思ったなあ。まあ面白かったけどね。そうそう本多忠勝も鹿角の兜だったんだよね。いま信繁が被ってるのはその赤備えバージョンね。かっこいいよね。この手の話は止まらなくなるね。そういうことで今日はここまで。
[PR]
by uegaito | 2016-11-25 12:35 | つれづれ | Comments(0)

初雪と54年とまだ51年

記録のため。11/24(木)早朝から雪です。首都圏11月の初雪は54年振りなんだとか。54年前だと生まれてないので初体験ですがさすがに不気味だね。だってつい数日前は小春日和の暖かさだったんだから。昨日だって午前中はこんなんでほんとに雪降るのかね〜なんて言ってたくらい。どうせ予報が外れるだけだと思ってたらついさっき(現在15:30)までがっつり降ってた。確かに雪降ったくらいだから寒いんだけど真冬のような震える寒さではないってのがまた気になる。11/22未明には福島県沖でM7.4の地震で震災をフラッシュバックさせる津波警報。その前の日本時間11/13夜にはまたしてもニュージーランドで大きな地震だしね。やだね。しばらくは気を抜かないようにしないとね。
[PR]
by uegaito | 2016-11-24 15:37 | つれづれ | Comments(0)
なんとこのブログ始めてまる10年経ってしまいました。最初の書込のつまらないこと!しかし10年て・・・我ながらよく続いたもんだ。大抵が下らないことばかり書いてるんだけどね。ところで最近朝ドラ『べっぴんさん』の女優さんたちが昭和顔だって書いたけど同じことがネットニュースで出ててびっくり。みんなそう思ってたんだね。実はこの数年注目されてる若手の女優さんて割と昭和っぽい顔が多いと思ってたんですよね。というか昭和の女優さんを思わせるというか。例えば広瀬すずさんなんか僕には若い頃の中田喜子さんに見える。カミさんに言わせると相当目が悪いらしいけど。僕がね。そうかね。更には土屋太鳳さんは若い頃の黒木瞳さんに見える。目悪い?多部未華子さんなんて若い頃の(しつこい)木の実ナナさんに見えるよ。あとはわかりません。3人しかいないじゃんかね。面白くなくてすみませんでした。ともあれ11年目突入はまた下らない話でスタートでしたということで。
[PR]
by uegaito | 2016-11-16 19:33 | つれづれ | Comments(2)
まさかの連投(笑)。こういうときはたいてい煮詰まっております。そういう時もあるさ。そういう時ばっかりかも知れないけど。で昨日の続き。朝ドラ『べっぴんさん』今日もちゃんと観ました。お父さんかっこよかったね。でも郷秀樹(しつこい)がリーダーになったってのがやっぱりいいなあ。ウルトラマンは完全な悪役はダメです。ね黒部さん。さてその『べっぴんさん』毎年後期の製作はNHK大阪ですから関西が舞台となってるわけですがこの期の前作『あさが来た』にしてもどうも気になるのが関西弁でしてつまり主役を始めキャストのほとんどは割と非関西語圏(笑)の方のようなのですよね。僕はちなみに千葉県生まれの埼玉県育ちなので関西弁がしゃべれるわけではないのだけど父が大阪の人で喜寿を過ぎても未だにへんてこに大阪弁が残ってるくらいですから小さい頃から日常的に独り大阪弁しゃべっててそれを聴いて育ったもんだからイントネーションが染みついてましてそこについては違うとすごく気になるのです。語彙は無いんだけど。だからあさ役の波瑠さんのドラマ初期の台詞も気になったし今回だとお母さん(はな)役の菅野美穂さんのナレーションがとっても気になる。それっぽければいいじゃないのとか言われそうだけどイントネーションは文化だからね。も少し誰かそばの人が注意してあげて欲しいなあと。天下のNHKなんだから。そうそう天下のNHKといえばこの『べっぴんさん』だけじゃなく最近は「ら抜き言葉」もすっかり普通になったのね。以前は有働アナなんか絶対に赦さなかったのに。まあ生きた話し言葉をセリフにするならそれも仕方ないとは思いますけど。それと「一生懸命」。これって「一所懸命」だと僕は習ったけどいまではすっかり市民権を得たようですね。朝ドラでも普通に使われてる。っていうか地デジで字幕放送になってもしかしたらセリフは「一所懸命」なのに字幕打つ人がミスしてるのかも知れないけどさ。とかまあ言ってしまったけど『べっぴんさん』は面白いですから文句はありませんから。すみれとゆりの関西弁は割と僕の耳には問題ないし。さてそろそろ仕事に戻ろう。そういうことで。
[PR]
by uegaito | 2016-11-05 14:45 | Comments(0)
今頃で大変恐縮ですが今期の朝ドラ『べっぴんさん』にハマりました。始まって3週くらいまでは色々思うところあって観てなかったのですがふと4週目をリアルタイムに観て一気に引き込まれ録りためてた1話目から見返して完全にのめり込んだ次第です。なんでしょうね。なんか主人公の4人の女性を応援したくなると言うか。皆さん昭和っぽい顔で実にいいです。特にすみれと君枝は最高に昭和っぽい。すみれ役の芳根京子さんはまるで『池中玄太80キロ』の頃の杉田かおるを観ているようです。わかりますかね。そして君枝役の土村芳さんはデビュー当時の菊池桃子そっくり。に僕は感じるんです。だいぶ識別能力も劣化しだしてるからね。いやしかしどうでもいいこと書いてるなあ。ちょっと真面目になると、『あさが来た』『とと姉ちゃん』と続いて今回も戦後に成功した女性が主人公の話で、これがどうやらもう戦中戦後の苦労の話は飽きたとか言われて視聴率がとうとう下がりだしたようなのですが、朝から今日も一日頑張らなきゃなあと思ってる側からすると『純と愛』やら『まれ』みたいにこの先どうなっちゃうのかわからない不安ばかりで嫌〜な気分にさせられるくらいだったらハッピーエンドな結末がはっきりわかってる話の方が安心してみられるってもんです。朝から無駄に哲学したくないですから。いいじゃないですか、育ちの良い女性が戦中戦後と苦労しながら結局成功する話。朝からそういうの観ると自分もそうなりそうな気になりませんかね。なりませんか。そうですか。すみれのあのちょっとおどおどした上目遣いで手をモジモジする仕草とか編み込みの髪型とか僕には他人とは思えない何かを感じるのですよね〜。これわかる人は相当な通ですね。何のだ。結局それか。そうかもね。あ、言っときますけど別に杉田かおるのファンというわけではないですからね。ちいぼうとか確かに可愛かったけど。あ、それから闇市の元締めが帰ってきたウルトラマンだというのも朝からなんだかちょっと嬉しい昭和40年生まれでした。そういうことで。
[PR]
by uegaito | 2016-11-04 12:44 | つれづれ | Comments(0)

ウエガイトのブログ


by uegaito