<   2016年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

物心ついたとき住んでた家は平屋でその後すぐそばの2階建てに引っ越したんだけど、恐らく部屋数は下の階が居間と台所で2階が2間だったかな。いや、下はもう一部屋あったかな。だめだ思い出せん。とにかく寝るのは2階でつまり食事したりくつろぐのは下の部屋って決まってて、こういうの普通には当たり前だろうって思うだろうけどなんだかその頃は疑問を持ったんだよな。上で食事しちゃダメなんだろうかって。で母親にお願いして弟と三人でお昼を2階で食べたんだたしか。ぽかぽか陽気の気持ち良い日でなんだかとっても幸せになった気がしたもんです。すごく特別なことのような。でもそれっきりだったかも。母親にしてみればそりゃ面倒くさいよな。この家に引っ越してしばらくは下の階にしかなかったトイレに夜中行くのが怖くてかなり両親を困らせた記憶もあり。これ以上は恥ずかしくて書けないけどね。なんで2階にもトイレが無いんだろうって思ったもんだ。なんにせよずっと新興住宅地のいわゆる建売住宅に転々と移り住んでたので大学入るまで住宅ってのはほんとにそんなのしか知らなくて最初の課題確か住宅の平面だけ与えられてそれを立体に起こせって課題だったと思うけどもうそのまま建売ですって感じだったね。参照してたのが不動産業してた父の持ってた『高級住宅(苦笑)』とかいう雑誌で今教えてる学生たちには申し訳ないですが結構ひどいもんでした。それから住宅設計の課題が出た際に出題した坂田種男先生の田園調布のご自宅に学生みんなでお邪魔させてもらってちょっとしたカルチャーショック受けたんだな。建売しか知らなかったんだから。その頃からおませな友達と建築雑誌を読むようになってみんな大抵新建築だったんだけど僕はなぜか今は無き『室内』を毎月買って読み耽ってたね。なんでだろう。これからはインテリアの時代だとか叫んでたらしい。微笑ましいね。やっぱり時代は安藤忠雄さんの上り調子の頃でしたから生協の本屋に行って安藤忠雄作品集とかも買っちゃってね。2年後期の課題は超影響受けてましたね〜。いいじゃんね別に。早熟な同級生はスカルパにお熱でした。僕は「カルロス・カルパ」だとずっと思ってましたけど。要するに原体験が建売だった分、大学入って見聞きしたあらゆるものが新鮮で新鮮で全て憧れに変わっていったわけです。自分でもこういう素敵な空間や造形を実現させたいって暑くじゃなくて熱く思ったんでしょうねきっと。そういうのが大切なんじゃないかって今の歳になるとつくづく思う次第です。前期2年生の設計課題を受け持っている大学で昨日住宅設計の課題提出だったんだけど建築考えるのが楽しくて仕方ないって模型がしゃべりかけてくるような作品がいくつか出てきて自分の学生時代とかを思い出してしまいました。どんどはれ。
[PR]
by uegaito | 2016-05-31 20:25 | つれづれ | Comments(0)

12と15と160

毎年一年が同じ365日だってのが信じられないわけですがまた今年も6/1がやってまいります。会社の創立記念日とそしてコウメさんの誕生日です。会社は満12歳、とうとう干支が一回転しましたね。でもってコウメはとうとう満15歳です。今年のハッパの誕生日を以て我が家は二人ともティーンエイジャーになってるわけですがコウメさんは15歳ですからね〜。杉田かおるは15歳で母になってましたからそろそろ心配だよな。早く孫欲しいとか言ってる割にはいらん心配してたりして相変わらずブレまくりだね。コウメさん、もうカミさんよりはっきりと背が高いからね。ついでに書くとハッパも同じくらいなので我が家で一番のチビはとうとうカミさんになってしまいました。まだまだ伸びてる感じなのであと数年したら父も抜かされるかしら。ヒールとか履くようになったらもうダメだなきっと。三社祭の翌日から修学旅行に行って先週末には中学校生活最後の運動会も終わってさあいよいよ本格的に高校受験モード突入だね。もうこれは本人が頑張るしかないからな〜。
[PR]
by uegaito | 2016-05-30 20:28 | 我が家のことですみません | Comments(0)
久々に我が家のことですみませんな話題。先日といっても5/8ですが気分転換の下手くそな父を見かねて娘2名が堀切菖蒲園までお出かけ付き合ってくれた時の話。まだ花菖蒲の季節には早かったようで咲いてたのはそれこそコウメさんだけだったけどまあそれなりに楽しめましてさて帰ろうかなというときにひたすらしゃがみ込んで四つ葉のクローバーを探してたハッパを尻目にいきなりコウメさんが見つけたのがなんと五つ葉のクローバー!四つ葉を通り越してるのでなんか不安になったコウメさんすぐにスマホで検索したら経済的な幸福の暗示だということで大喜びです。いやしかしこんなのあるのね。
f0113361_17332121.jpg

すごいね〜よかったね〜とか良いながらその帰り道、元々堀切菖蒲園はどの駅からも微妙に遠くて行きのように堀切駅まで歩くんだったらそのまま家に帰れるんじゃないのかということで荒川沿いを三人でボチボチ歩き始めたわけです。悔しさもあってか帰り道もしゃがみ込んじゃ見つからずを繰り返していましたハッパさん。ところがところがまたしてもコウメが発見。それもまた五つ葉!こんなことってあるのね。
f0113361_17334792.jpg

この子はそう言えば以前もう10年ほど前だったかな、にも立て続けに四つ葉のクローバーを2つか3つ見つけたことがあったな。これだ。9年前だね。しかも4つだよ。何か持ってるのかもね。今のところそんなにその恩恵を感じたことがないのできっとそのうちどーんと良いことあるんだろうな。楽しみだねえ。ほんにほんに。まだ言うか。
[PR]
by uegaito | 2016-05-22 17:31 | 我が家のことですみません | Comments(0)
楽しみにしてる人がいるんだからちゃんと書こうよという嘘かほんとかわからない声に支えられて1ヶ月半ぶりの投稿は小さい頃の想い出シリーズです。小学校の3年生か4年生かとにかく良く覚えていないんだけど一緒に遊んでた4つ下の弟の年齢を考えると恐らくそのあたりじゃないかと思う昭和49年頃でしょうか。なぜかその頃弟と二人で流行ってたのがわざと感電する遊びでして(苦笑)いやほんとなんであんなバカな遊びをしてたのか全然わからないのだけど今考えると実に恐ろしい。細かいシチュエーションも記憶が無くてただビビビっときて「お〜こえ〜」とか言ってるシーンだけ妙に記憶に残ってる。裸電球をソケットにねじ込んだり緩めたりしてるうちにきっと感電したんじゃないかと思うんだけどね。バカでしょほんと。あの頃はなんであんなにバカだったのだろう。正しい昭和の悪ガキって感じですけど。同じ時期もう一つ狂ったようにハマってたのが段ボールで基地作る遊び。ちょうどその頃一面の田んぼだった自宅の裏手にでっかいスーパーマルヤができましてしかもちょうど我が家の側にサービスヤードがあったもんでふんだんにフレッシュな段ボールがありまして冷蔵庫用のでっかい段ボールとか取ってきちゃあ自宅とそのスーパーとの間の隙間に基地をこさえてたわけです。芹沢君という同級生とあと弟がメンバーだったと思う。芹沢君元気かなあ。これ読んでる皆さんの知ってる芹澤君とは違いますので念のため。段ボールをいくつもつなぎ合わせてその中に豆電球仕込んでお菓子とマンガ本を持ち込んで。とても楽しかったいい想い出です。でもその幸せな時間もそう長くは続きませんでして近所の一つ二つ年上のお兄さん方に見つかってしまい入り込まれて乗っ取られてしまいましたとさ。あいつらいま生きとるのかなあ。いかんいかん毒づきそうになってしまった。もしかしたらそれで基地を手放して家に戻って同じようなスケール感の二段ベッドを基地に見立てて電球持ち込んで感電したのかも。でもこの一瞬だけビビビってくる感じが妙に気持ちよかった記憶がありましてね。もうしませんけどね。この手の話書き始めたら止まらんな。どうしたもんじゃろのう。
[PR]
by uegaito | 2016-05-19 20:01 | つれづれ | Comments(0)

ウエガイトのブログ


by uegaito