<   2015年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

所属している浅草法人会青年部会で小学校に出向いて租税教室をやってましておかげで色々小学校の特質みたいのが垣間見られて面白い。浅草税務署管内には11の小学校があって、結構それぞれ違うんですよね。今日は初めて東上野にある上野小学校に行きまして、こことっても建築的に上手でとにかく感心してしまったのだけどそれもそのはず、設計はかの内井昭蔵大先生でした。校舎に限っては11校中では明らかにここが一番だと思います。僕もこのくらいの仕事がしてみたいもんです。学校ってのは子ども達が生活の大半を過ごす場所ですからその後の人生にもとっても影響すると思うんですよね。なにもお金をかければいいってもんではないですけど無頓着につくっていいもんでもないよね。学校こそ、ちゃんとした建築家に設計してもらうべきだと思うんだよね要するに。僕が行ってた越谷市立大沢北小学校は当時の新設校で新しい校舎が建ったばっかりだったんだけどそれでも児童数が多すぎで追いつかず、確か2〜3年生の時はプレハブ教室でしたね。もう、現場事務所みたいな本物のプレハブ。ベニヤ臭いの。そんな思い出しかないもんなあ。あと廊下を直角に曲がるソハラ先生しか思い出せない。5年生の時に同じく市立桜井小学校に転校するとここは一気に当時創立60年くらいの伝統校でとにかく古いがしかしRCという中途半端なとこだったね。赤水が出るからと飲料水は水筒持参で。まあ怖かったね花子さん出そうで。トイレ掃除で女子を茶化した同級生の連帯責任取らされてトイレの床に正座させられたのとかしか思い出せない。ひでえよなあ。中学校はこれまた新設校で無限に広がる田んぼの宇宙の真ん中にぽつんと羊羹型のハコが建ってました。地盤沈下して校舎の足元がどんどん見えてくることとか、4階建てなんでエレベーターってのを初めて見て感動したとかそんなことしか思い出せない。とにかく特徴のない建物だった。ダメだよそんなの貴重な税金でつくっちゃ。そうだ租税教室の話だった。まあそういうことで小学校ってのは担任の先生のキャラクターが結構色濃く出るもんなんだということを知りました。そしていよいよ来月頭にはハッパのいる小学校に租税教室に行きます。楽しみだなあ。その前に確認申請出さないといけないので元気に生きているか心配だけど。そういうことで。
[PR]
by uegaito | 2015-01-22 21:45 | つれづれ | Comments(0)
本日ハッパ12歳になりました。とうとう干支が一周してしまいましたね。早いなあ。小さい頃から妙にひょうきんで、無口なんだけど可笑しいみたいな変な子でした。変な子は年々磨きがかかってとてもここでは書けないことばっかりの12年でしたね。手先が器用でカミさん譲りの根気強い細密な描写力と表現力の持ち主となっております。そう言えば昨年末に突然針金ハンガーを潰して良いかって聞かれたので何すんのかなって思ってたら丸めてその周りに細〜く切った緑の折紙を一本一本糊で貼り始めてなんとクリスマスリースを作っちゃったことがあった。写真に撮るのを忘れたけどびっくりしたねほんと。なんか、あたしは何でも作れるから、みたいな妙な自信持ってるんだよね。この調子でいけばあと数年で模型作れるな。楽しみに待ってるぞ。本気ですから。
[PR]
by uegaito | 2015-01-09 10:38 | 我が家のことですみません | Comments(0)
『あまちゃん』以来『ごちそうさん』『花子とアン』と毎朝欠かさず朝ドラを見続けてきたのにその反動か『マッサン』は最初の頃は何となく観ないでた。けどすっかり染みついた習慣というのは実に恐ろしいもので結局毎朝8時にはテレビの前に座ってしまってついつい朝ドラの日々が戻ってしまった。実のところ嫁いびり&意地悪系が苦手なんだよね。この、NHK大阪が作る方のドラマって不思議と嫁いびり系が多い気がするんだけど視聴率が取りやすいのかね。苦難の日々が続いてそれでも負けないヒロインが最後に認められ和解してカタルシスってのがどうも辛いのよね。それはまあいいとしてマッサン、この何とも言えない融通の利かない本物かぶれっぷりがどうにも身につまされる。日本人にとってまだほとんど馴染みのないスコッチウイスキーをまずは広く認知してもらうところから始めるためにピート臭のきつい本物の味を日本人に受け入れられやすい口当たりにアレンジして売ろうと言う鴨居の大将の主張は全くもってもっともで、どう見てもマッサンの方がこだわり方を間違えているし俊兄に至ってはもう困ったレベルで、これまでも何度もそういう感じで迷走し続けるのって何だか脚本に悪意すら感じるんだけど、そのマッサンの姿が正しい建築の姿や住宅のあり方、材料の使い方を主張する余りデベ系のクライアントから呆れられる独立したての頃の自分と重なったりして何だか辛い。頑張れマッサンとおれ。でもやっぱり頑固はダメだ。急がば回れだね最近は。ところでシングルモルトが広く世の中に認知されてもてはやされるようになったのって僕の記憶では1990年前後じゃなかったかしら。つまり60年くらい経ってようやくマッサンに世の中が追いついたってわけでしょう。それまでは洋酒全般がまだえらく高かったしね。今じゃ考えらんないけどね。親分の設計した表参道のストラーダ地下に入ってたストラスアイラとかで僕らもかっこつけて良く飲んだな、あの頃。何の話だっけ?とにかく朝ドラは毎日ハッピーなのがいいです。そういうことで。
[PR]
by uegaito | 2015-01-05 21:36 | つれづれ | Comments(0)
f0113361_21111573.jpg

あけましておめでとうございます。2015年が始まって既に21時間余りが経ちました。今年もウエガイト一家楽しく過ごして参りたいと思います。さてこの写真、顔出し禁止のため二人の顔がおかしくなってますが見覚えのある方いますでしょうか。撮影の舞台は独立一作目のカミさん実家のアトリエですが、そうこのアングル、12年前の年賀状のと同じなんです。違うのは12年前にはまだハッパはカミさんのお腹の中でまだ出てきてませんてこと。それがあなた、12年でこんななっちゃうんだもの。右がコウメ(13)で左がハッパ(もうすぐ12)。今年の春から二人して中学生です。というわけで12年前の年賀状。じゃーん。
f0113361_2121549.jpg

ね。それにしてもまるまるしてましたなあコウメさん。いまも顔はまんまるだって?よく食べるもんね〜。しかし小さかった時期は本当に一瞬で過ぎ去ってしまうね。まあ色々大変だったけどね。小さい頃はとにかくよく病気してしょっちゅう救急車のお世話になってたコウメも今ではすっかり丈夫になってというか頑丈になって本当に良かった。12年前の8日後にぬるっと生まれた(出産者談)ハッパに至っては小学校6年間皆勤賞目前ですからね。ひ弱だった父のたった一つの願いは健康でいてくれることだから見事に親孝行してくれててなんていい娘たちだこと。そういうことで今年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by uegaito | 2015-01-01 21:09 | 我が家のことですみません | Comments(0)

ウエガイトのブログ


by uegaito