<   2014年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2月は大学では4年生の卒業設計講評会ラッシュです。僕らが学生の頃からは考えられないけど今は非常勤やゲストの講師を大勢呼んで大きな会場で公開講評会をする大学がほとんどです。ここだけ見ても今の学生はとても恵まれているよね。で、僕も非常勤講師をしている関係で芝浦工大建築工学科と日本工大建築学科の2つでお呼ばれして行ってきました。実は去年から少々気になる事象が起こってまして、ディプロマに当たって設計を選択する学生ががくんと減っているのです。今年はその傾向に拍車がかかってまして、芝浦工大では学年125人中なんと19人!。設計が建築学科の花形だったのはいつの時代だって感じですね。聞くと他大学でも軒並みそうらしい。設計の道がさして魅力的でなくなってしまったのか、大変な割には浮かばれないと思うのか、とにかく大学生活の総決算を設計で締めくくろうと思う学生がこんなに少ないというのは明らかに斜陽だよな。一方で出来映えはどうかというとこれはまあ今年だけ特別ダメってわけでもなく逆に少数精鋭ということもなく、取り組んだ学生はみんなまじめに問題に向き合ってきっちり設計していました。ただ気になったのが、今年の学生はテーマがとても社会性のある、現実的で身近な問題、シリアスな題材が多かった割にテーマ負けじゃないかと思うほど建築がこぢんまりしてたということ。拘置所や崩壊する地域コミュニティ、増える中高年単身者の暮らしを扱ったり、果ては自分自身がいつホームレスになるかわからないなどなど。それゆえ決して壮大な風呂敷を広げたり素っ頓狂な夢物語というような作品はほとんど無いわけ。もしかすると彼らは希望を持って入学した1年生から、2年生に上がろうとする春休みにちょうど3.11を経験したからなのか、建築に過度な期待感を持たないような、ちょっと覚めた提案になっているような気がした。というよりテーマがシリアスな分だけ逆説的に建築の無力さを明らかにしたような皮肉さすら。困ったね。先を行く者が明るい未来を示せていないんだろうな。あ、また暗くなっちゃった。
[PR]
by uegaito | 2014-02-28 20:21 | 建築 | Comments(0)
いやいやまずいね。落ち込んでいるさまをブログで書きっぱなしにしてしまうと初めて見た人はいったいなんだこの暗い奴は!と思ってしまう。今日もまだ会ってはいない初めて話をする人に、ブログ見ましたよ、と言われて我に返った次第。第一印象が悪いのは良くないね。まあ色々ありましたが当の本人コウメさんはだいぶ立ち直ったようです。先日は小学校最後のマラソン大会で予告通り5位だったんだって。ちなみに一方で心配していたハッパさんの順位はというとなんと8位。おかしいな。などど父が言ってどうする。とろいとろいと思ってましたがそう思っているのは親だけってことなんすかね。相変わらず何でもかんでもミジンコですけど。ところでコウメさん、最近とにかくよく食べるもんだからすっかり顔が丸くなってます。本人に言うと気にして食べなくなるかも知れないので黙ってますが、背も伸びたし体重も重くなったように見える。給食が大好きなんだそうです(汗)。つい先日も夕方に熱出しちゃって翌日学校どうだろうって言ってたらせめて給食までには行きたいと。そんなに美味しいんかい。まあ浅草の名のある飲食店のお子さんが大勢通う学校ですからね。そりゃあ栄養士さんも気合いが入るよなあ。そういえばこの前の日曜にコウメとハッパだけを連れて成田山に行って来たんだけど、参拝後に寄ったそば屋さんで僕が熱燗と板わさを頼んだら蕎麦味噌が付いてきて、かまぼこに蕎麦味噌つけて二人でばくばく食べちゃって、僕は二切れしか食べられなかった。しかも蕎麦味噌お持ち帰りをご所望なさいまして。なんて渋い小学生だよな。帰宅してからカミさんにかまぼこ買ってくれってお願いしてるし。そのうち、一本つけろやって言い出さないか心配だ。そういやあ幼稚園の頃、ドリフのDVDの影響でまさに「一本つけろや〜」って言って二人でげらげら笑ってたっけ。ちょっと前に寝られないってべそかくコウメに少〜しだけ梅酒を飲ませたらすっかり好きになったようで、最近では日本酒の香りがたまらないなんて言い出す始末。そもそも酒の肴みたいな食べ物が大好きなのでこの先楽しみでもあり心配でもありだね。でも早く一緒に飲みに行きたいなあ。そういうことで。
[PR]
by uegaito | 2014-02-27 18:58 | 我が家のことですみません | Comments(0)
色々書いておかなければならないことがこの数日に一気に起こって、でもなかなか書く気になれずで、ようやくちょっと書いてみようかなと思うようになった。まずは歴史的と言われる積雪の話。2/9はなんでも東京は45年ぶりの大雪なんだそうです。千葉に至っては観測史上最多積雪量なんだってさ。淡い記憶を辿ると弟が生まれる前だと思う市川から越谷に越してきて最初に住んだ家の時、ものすごい雪が積もった景色を覚えている。多分3歳か4歳くらい。どんぶりに雪を入れて上から砂糖をかけて食べたんだった。あの頃はあれがまた美味しかったんだ。それからあとの雪の思い出はしばらく無くて、次に大雪だったなあと思い出すのは大学2年から3年になる春休みに初めて都市計画事務所でバイトしてた時にドカ雪が降った記憶だな。てことは1986年だね。それからはしばらく似たような感じで毎年それなりに降っていたような気がするんだけどどうだろう。報道では今回の大雪に近いのは20年前の1994年だって言ってるけど。この時は御殿場に常駐してて今ひとつ首都圏の状況が思い出せない。1994年と言えばこの年の10月に結婚したのだけど確か結婚する前のいつかの冬にドカ雪が降ってカミさんの実家の庭でかまくらを作った記憶があるな。何故かソメヤさん夫妻がいたはず。何でだろう。1994年末には親分の事務所がそれまでの古川橋(南麻布)から魚藍坂(高輪)に移って、どの年だったか大雪が降って事務所の前の坂道が大変なことになったような記憶もある。昨日たまたま遊びに来たヒラタに聞いたら覚えてないと言ってたけど。てことはもしかして壁の穴事件の後ってことか?おっと。その辺以来確かにあまり大雪って記憶がないね。だからコウメやハッパがこんなの生まれて初めてだって興奮するのも仕方ないのだね。そしてコウメは「生まれて初めて」を立て続けに経験することになる。こっちは生まれて初めての強烈な挫折。乗り越えなければならないんだよね。というか本人もさることながらオヤジが意外とダメだ。挫折感というより強烈な敗北感というべきか。父親としてなすべき状況認識の甘さを痛感させられた。思わず誰かのせいにしたくなってしまうけど辛うじて働いている理性がそれを必死に押しとどめている。視界に入る全ての人や物が敵に見えて苛つく。仕事しなければならないのにあらゆる相手が自分の邪魔をしているように感じて集中できない。早く切り替えなければ。雪だって春になると全部融けちゃうんだからね。
[PR]
by uegaito | 2014-02-11 13:43 | 我が家のことですみません | Comments(0)

ウエガイトのブログ


by uegaito