<   2013年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

そういえば先日の高校卒業30周年の同窓会の時の話の続き。人生48年近く生きてると思わぬ再会があるもんなんですね。なんと小学校1年生の時のクラスメイトと再会したんですから。女性だということもありもちろん高校在学中も全く知る由がなく(僕は3年間男子クラスでしたから)、恐らく小学校1年生ないし2年生以来会ってないはず。つまりほぼ40年振りに会ったってわけです。同窓会当日に配られた出席者名簿で僕の名前を見つけて声をかけてくれたそうです。いやあなんにしてもやっぱりこの変な苗字のお陰ですねえ。普通小1のクラスメイトの名前なんてそうそう覚えてないよね。とはいえせっかく声をかけてくれた有難い人に向かって覚えてませんなんて失礼なことできませんからね、40年前の記憶を一所懸命たぐって思い出しましたよ。そしたら人間やればできるんですね。思い出しました。イメージ的にはじゃりん子チエを大きくしたような子で(ちなみに小1の僕はとてつもなく背が小さかったから当時の僕の印象だと彼女は相当大きく見えていたようです)えらく元気だったなあ。でも今じゃ僕の方が背が大きい。当たり前か。それにしても同窓会は正味4〜5時間あったんだけど、30年以上前の記憶をよみがえらせるにはちょっと時間が足りなかったね。用意のいい人は前もって卒業アルバム見て来てた。幹事の粋な計らいで名札を配られたんだけどそこに卒業アルバムの写真が使われてて、お陰でまずそれをお互いに見て笑いあうところから始められて良かったよ。あれはしかし相当面倒な作業だったろうなあ。改めて幹事さんたちに敬意を表したいですね。それから先生の思い出もあるんだけどそれは次回にしましょうか。
[PR]
by uegaito | 2013-07-24 21:39 | つれづれ | Comments(0)
コウメさん先日上野公園の西洋美術館前でスカウトされたんだそうです。2度目だって嬉しそうに話してました。あれ?そういうの興味ないって言ってなかったっけ?やっぱりあまちゃん効果なのかね。だいたいなんで上野公園のですよ、西洋美術館の前でですよ、アイドルになりませんか?ってスカウトしますか?アメ横が近いからですか?スカウトっつったら原宿か渋谷の109前って決まってるでしょうに。ちなみにコウメさん、1度目は随分前だったと思うけど場所は錦糸町の丸井前。う〜む渋すぎるぞスカウトマン。それにしてもコウメって赤ちゃんの頃はなかなか髪の毛もちゃんと揃わずに鼻の穴は正面から丸見えだし首は無いし正直大丈夫かなってかなり心配してました、父としては。今だから言うけどね。それがどうですか、今じゃスカウトされるくらいなんですよ?もちろん猛暑のせいじゃないですからね。最近はだんだん体つきも丸みを帯びてきたりして、僕が言うのもなんですがそこそこ可愛いんじゃないかって思いますからね。ええバカ親ですよすみません。しかしスカウトされた時に横にいてあたしには声掛けてくれなかったとぼやく母はどうなんだろう。あ、これきっと削除だな。
[PR]
by uegaito | 2013-07-23 17:05 | 我が家のことですみません | Comments(2)
昨日の投稿で載せた絵ですが、フェイスブックでも載せといたら薬師丸ひろ子主演の映画『里見八犬伝』のポスター写真を模写したものだと判明。すごいねFB。ということであの絵は薬師丸ひろ子だったんですね〜。潮騒のメモリーではなかったですけどね。そうそう、高校の卒業30周年同窓会があるからではないと思うんだけど、このところ急にYouTubeで浜田麻里観るのにはまってしまってまして大変です。元々はスティクスの『ミスター・ロボット』が急に聴きたくなってネット検索して観たのがきっかけで、そのままジャーニーの『セパレイト・ウェイズ』を観たら浜田麻里の『パラダイス』と似てるなあと思ってそのまま深みにはまりました。ジャーニーのPVはしかしイタかったなあ。前編これスティーブ・ペリーの顔のアップでとにかく辛い。本人もさぞ恥ずかしかったことだろうよ。そして浜田麻里姐さん。見始めた最初は80年代中盤の『パラダイス』『ブルーレボリューション』『ドント・チェンジ・ユア・マインド』なんかで大学入ったばかりの頃よくヒューガと見に行ったのを思い出しながら聴いてたんだけど、この頃の姐さんもすごいが周りのバンドメンバーがまたすごいのなんの。挙げ句に見つけた『ストーミーラヴ』に至ってはギター弾いてるのB'zでデビューする前の松本孝弘先生なんだけど(どうやらこの曲の作曲者でもあるみたい)髪型とか服装とか素敵すぎる。もう80年代満載。いやあでも麻里姐さんてやっぱりすごいなあって思ったよ。このあとデビュー20周年や30周年(!)のライブを見つけて観たんだけど声の伸びとか衰えてるどころかよりクリアに安定してるんだから。最近の方が髪型もすっきりしててきれいだし。なんかほんとにライブ行ってみたくなっちゃったよ。まだやってるのかなあ。ちなみに今回色々聴き直してみてやっぱり80年代後半のアメリカ渡った前後頃の『ヴォイス・オヴ・マインド』や『フォーエヴァー』『コール・マイ・ラック』が今でもいいなあって思ったね。ヘヴィ過ぎずポップ過ぎずで。え?区別がつかない?まあいいです。そういやあ最近街なかで偶然耳にして思わず検索してこれも聴いたな。『男』(苦笑)by久宝留理子。眉毛太くて懐かしかった。決して卒業30周年で昔を懐かしんでるわけではないんですよ。偶然です。
[PR]
by uegaito | 2013-07-22 16:10 | ロック | Comments(0)
僕は埼玉県立越谷北高校を1981年に入学、1984年に卒業しました。その、越谷北高第13期生の卒業後30周年の同窓会が、昨日草加でありました。同級生200人以上と当時の先生方14名など、結構な人数での盛大な会でした。幹事の皆さんは1年前から準備を始めてきたそうで頭が下がります。進学した専攻が同じだったり部活のOBだったりした一部の同級生を除き、ほとんど30年振りの再会なんですが、それより何より学年全10クラス460人くらいいますからね、初めて会う人だって実は結構います。あ、越谷北高は建前は男女共学でして、特に名門校で男女別の学校が多い埼玉県立の中では共学で比較的成績の良い学校だってんで僕も受けたんです。それと家から当時最も近い高校だったってのもあるんですが。そういうわけで男子校の春日部高校に行った親しい友達を尻目にやっぱ共学だよなあってうきうき入学式に行ったら僕のクラスに女の子がいないという共学の、いや驚愕の事実を知らされまして、あろうことかそのまま3年間全部男子クラスだったという悲しい高校時代だったわけです。てことはいくら30年経っても僕のいた3年2組には女の子はいないわけで、恐らくみんな同じ気持ちで出席にはとっても気が重かったんじゃないかと思いますね。でもまあ行ってみるとやっぱり懐かしいしね、楽しかったですよ。当時の担任だった増田先生とも久しぶりにお会いして、担任当時は33歳の若造だったこともわかって面白かったね。その増田先生、僕に会うなりいきなりTシャツを取り出して、これ覚えてるか?と。いえ見たこともありませんと答えたら、確かこのTシャツの絵はキミが描いたんだろと。3年生の文化祭だか体育祭だかでクラスで作ったんだって。いやあ全然覚えてないんだけど確かになんとなくタッチは自分のような・・・という絵がこれ。
f0113361_11573333.jpg

周りに聞いたら確かにこれは上垣内が描いたんだと。今でも持ってるという人も2,3人いました。すごいね。僕も実家にあるのかなあ。このTシャツを作った頃はパソコンなんて普及してなかったから、多分この字も全部レタリング(死語)なんだろうね。って自分で描いたんだろうに(汗)。いやしかし絵の意味も脈絡もさっぱりわかんないよねこれ。何考えて何見て描いたんだろうなあずぶん。まあそんな感じでいろいろ面白かったね。男だけだけどまたクラスだけで別途集まろうって話になりました。男だけだけどね。誰か一人くらい女になってないもんかね〜なんてシュールな意見もありましたことを付け加えておきます。話が長くなるのでまずはこの辺で。
[PR]
by uegaito | 2013-07-21 12:03 | つれづれ | Comments(1)

ウエガイトのブログ


by uegaito