<   2013年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

昨日2/20、千葉大建築学科の栗生明教授の定年退官最終講義があり久しぶりに西千葉の母校に行きました。栗生先生は僕が卒業してから赴任されたので直接教わったことはないのですが、縁あって独立直後に非常勤に招聘して下さった恩人であります。昨日の講義というか講演の中でもちらっと触れてましたが、栗生先生は苦学して早稲田大学の建築学科を大学院まで6年間通われてその後巨人槇文彦さんの事務所に入られます。6年勤めて独立、程なくして東大の教授に赴任された槇さんに呼び戻されて槇研究室の助手となります。その時の最初の大学院生が我が親分團紀彦、早々に研究室で取り組んだコンペのために槇事務所から担当として派遣されたのが大野秀敏現東大教授というのだからのけぞる。栗生・大野・團というすごいメンバーでコンペをやったんだって話、飲み会の度に親分から聞かされてました。どう考えてもまとめ役が栗生先生だったことは想像に難くないですが。そういうお人柄です。それがよく実感できた昨日の最終講義でした。僕の独立後間もない2000年のいつだったかな(汗)栗生先生から突然電話があって、キミを来年度の非常勤講師に推薦したいんだけどいいかなって。びっくりしましたよ。それがきっかけで正味5年間、母校で後輩達の設計課題を見させて頂くことになったわけです。昨日の講演後の懇親会で久しぶりにすっかり立派になった当時の教え子(というのも申し訳ないけど)たちにも会えて、みんなのお陰で自分が成長できたことを感謝しましたね。大きな声じゃ言えないけど、講師をしてなかったらもしかしたら今頃設計をやめてたかもしれないもんね。苦しくても歯を食いしばってでも設計を続けられたのは、ひとえに「教えてるから」。そのきっかけを与えて下さった栗生先生には本当に感謝してもしきれないです。そういうふうに思う若手は多いんじゃないかしら。先生を見ているとつくづく設計の仕事を取るのは取りも直さず人柄なんだなあって実感しますね。もちろん実力あっての人柄だけど。そう言えば栗生先生、昨日とても興味深いことをおっしゃってた。会や団体に入ろうとする際にそこに自利を求める人が多すぎるってことと、千葉大にはそういうのがないんだって感じのこと。後者はまあ置いておいて、僕も自分がそうではないから余計うんざりするんだけど会に入ってメリットがないとか言ってやめちゃったりそもそも入らなかったりする人ってやたら多いんだよね。先生は「計算高い人」って呼んでそういう人とはつき合わないことにしたって。僕も見習おうっと。ともあれまだ65歳、建築家としてはこれからいよいよ思ってたことを発揮できると言われている年齢です。平等院宝物館鳳翔館、長崎原爆死没者追悼平和祈念館に続いて昨年は伊勢神宮のせんぐう館を完成されて、厳かな建築家道を突っ走ってますからこれから益々僕ら迷える若手を引っ張ってっていただきたいなと願ってやまずで。そういうことで。
[PR]
by uegaito | 2013-02-21 20:44 | 建築 | Comments(0)
一年前のコウメの1/2成人式で書いたこれ、昨日のハッパのと同じように写真を付け加えました。懐かしい。こうして見るとやっぱりコウメさんは基本的な顔が変わんないね。でも今ではすっかりお姉さんの顔になってるよね。
[PR]
by uegaito | 2013-02-17 21:02 | 我が家のことですみません | Comments(0)
上垣内ハッパさんへ

今日の1/2成人式、とっても立派でした。正直言ってハッパがこんなに立派だとは全く想像もしてなかったので本当にびっくりしました。しっかりした声で、はっきりと、少しも言い間違えたりつっかえたりもすることなく、小さい頃の写真の説明をして、将来の夢を語って、そのために努力することを、ママ譲りのよく通る声で話してたね。家では完全にリラックスしているというより手を抜いているのだということが、今日よ〜くわかりました。思えばハッパちゃん、小さい頃から変わってましたね。マシンガンのようによくしゃべるお姉ちゃんの存在が、しゃべり出すタイミングを失わせたのか、別にあたしがしゃべんなくても全然問題ないし的な悟りなのか、とにかく幼稚園に入るまではほとんど言葉を発することがなかったんじゃないかね。だから小さい頃どんな声だったかを思い出せないよ。今日パパとママの前で手紙を読んでくれたなかで、これからはちゃんと色々お話しすることを約束しますって言ってたね。ふつうそんなことを1/2成人式で約束しないと思うよ。ていうかそのくらい自分でもしゃべってないよなあって自覚していたわけだね。それからハッパちゃん、小さい頃から虫が好きだったよね。旅行に行ったりすると必ずバッタとかカマキリとかトンボとか捕まえて嬉しそうにいじってたもんだよね。ザリガニとかもいまだに捕るのが好きだよね。今どき男の子でも虫が触れない子がいるって聞く中で父としてはとても良い傾向だと嬉しく思ってます。ただしカイコを顔にのせて嬉しそうにしている写真をママに見せてもらった時はさすがにパパは凍りました。ものごとには限度ってものがあるのでこれからは呉々も気をつけてよね。

将来の夢は漫画家なんだね。お姉ちゃんは建築家って言ってくれたけど。〆切商売ってのは同じだけどハッパのセンスや造形力にはなみなみならぬものを感じている父としてはこれからじわじわと巻き返しを図るのでよろしく。ハッパちゃんは本当に黙々と漫画を描くのが好きなんだね。そう言えば小さい頃からハッパは一人遊びが平気でしたね。一人でお人形さんごっこやお絵かきをしてて、一人では全然時間をつぶせないお姉ちゃんと対照的に、とても手のかからない子でした。そのせいか自分の世界が出来上がっていて、我が道をひょうひょうと進んでいる感じを受けます。漫画がどうかわからないけどハッパの絵は本当に大人がうなるくらい上手ですよね。そう言えば実は字も上手だったりして、ハッパの形を取るセンスにはパパもママも太鼓判を押しますよ。

f0113361_1154413.jpg

f0113361_12111867.jpg

赤ちゃんの時、ママが、この子は顔がとてもきれいだよってよく言ってました。正直言ってパパにはなんのことかよくわかりませんでした。だって赤ちゃんてみんな似たり寄ったりのおっさん顔でハッパは髪の毛も薄かったし。ところが1歳を過ぎた頃かな、確かに美しいかもって思うことがありました。よく見れば色白でまつげが濃くて長くて、そうこうしているうちに大きくなるにつれて一重かと思ってた目が二重でぱっちりしてきてこれはもしかしてって思いましたよ。今のところちょっと落ち着いたというか、さすがにこれ以上書くと単なる親ばかのレベルなので(もう遅い)やめとくけど、お姉ちゃんと二人、美人姉妹って言われるのが正直言ってかなり嬉しい父です。この先、小学生の頃までは美人だったのに惜しいよね〜ってささやかれることのないようマジで祈るよ。いずれ渋谷とかに遊びに行ったりするのかなと思うと気が気じゃないです。さりとて漫画にハマってアキバとかナカノとかに入り浸るようになるのも心配だけど。

子どもの頃は1歳7ヵ月という時間の差はとても大きいものだけど、だんだん歳をとるにつれて大した差ではなくなってきます。もう既にお姉ちゃんよりハッパの方が上手なこととかあるもんね。お互い身近ないいライバルで磨き合ってくれるといいなあって思います。たまに二人でスクバンの自分のパートをハミングし合ってハーモニーになってたりするのを聴くと父はとても幸せな気分になります。逆にケンカしてハッパがわんわん泣いているのを聴くととても辛い気分になります。もういい加減簡単に泣かされるのはやめて強くなろうね。ついでにお姉ちゃんもそろそろ妹いじめはやめよう。なかなか生まれてこなかったコウメが生まれて、そしたらあっという間にハッパが生まれてきたよね。年子で育てるのも大変だったけど(特にママはね)今になってなってみると一気に二人とも大きくなるから楽なのかもね。小さい子が一気に家からいなくなってしまったのがちょっと寂しいなと思ったりもして、そういうパパやママの気持ちを察してくれてるのか、ハッパちゃんはいつまでたっても小さい子のふりしてくれてるんだよね。今日の発表を見ていてそう思いました。これからも仲良しの家族でいて欲しいなと思います。ついでにいつまでも変な子でいて欲しいかな。

f0113361_11563421.jpg

[PR]
by uegaito | 2013-02-16 16:05 | 我が家のことですみません | Comments(0)
今頃ナンですが半年ほど前に買ったCDの話。ええそうです今頃ちゃんと聴きだしたんですすみません。いいから早く何買ったのか言えよってね。すみません。謝ってばかりだね。いいから。買ったのは我が心の師匠なるほどナルチョこと鳴瀬喜博先生の新しいユニット「ザ・チョッパーズレボリューション」のその名も『チョパレボ!!』。いい加減にもほどがあるってご本人たちが申しているようですがまあ昔からこういうノリですからね。別に驚きません。むしろかしこまったタイトルつけられる方が戸惑いますね、ええ。まだ学生の頃この人に憧れてチョッパー練習して、六本木PITINNとか渋谷LIVEINNとかあちこち追っかけてたんだけど、ある時(確かPITINN)会場で販売しているCDを買ってたら真後ろにナルチョ先生がヌッと現れてそれなのにサインの一つも頼めず固まった自分が懐かしいね。そういう想い出が走馬燈のように駆けめぐる『チョパレボ!!』まああれです、いつものように好き勝手にやってるわけです。やけにうるさいなあと思ったらTMスティーブンス先生も1曲弾いてらっしゃるとか。ああなんだか今日は体調がえらくいいなあと思う時、是非聴いて下さいって感じ。体調が優れない時はやめた方がいいです。更に悪くなるかも知れませんからね。なんていいつつ1曲目はかなりイイです。良いという意味で。気持ちいいチョッパーの曲って、つうかチョッパーなんて今どき使わない言葉だよね〜なんだけど、スタンリー・クラークの『タイム・エクスポージャー』1曲目以来久しぶりに聴いた気分。あくまで気分ですから、いちいち文句言わないで下さいね。チョッパー好きには必聴の1曲かもね。こちらでちょろっと観られますが前半があまりにオタクっぽいのでどうだろう。とにかく何歳になっても飽きないのは何故ということで。
[PR]
by uegaito | 2013-02-15 19:25 | ロック | Comments(0)
f0113361_1854542.jpg

休日出勤から帰ってきたらコウメとハッパにいただきました。今日一所懸命手作りしたんだそうです。まだ一応パパへのプライオリティは高そうだけどきっともうじき毒味係になるんだろうな。別にいいけどね。
[PR]
by uegaito | 2013-02-11 18:50 | Comments(0)
f0113361_14403551.jpg

先日打合せで焼津に行った際、帰路でとても綺麗に富士山が見えたので思わず携帯で撮ってコウメとハッパの携帯に送ってあげました。実は最近さすがに色々物騒なので二人には子供用の携帯「マモリーノ」を持たせてます。この携帯はカメラがついてないので自分で気に入った写真を撮って待ち受けにすることができません。そこで待ち受け用によく写真をリクエストされるんだけど、二人ともこの富士山の写真をとても喜んですぐに待ち受けにしてくれたのには父ちょっと感激。こうなると本物の富士山を見せてあげたいよなあ。僕は父の実家が大阪にあったので小さい頃新幹線で大阪に行くのが楽しみでした。やっぱり一番の楽しみは窓から見える富士山。なんだろうね、日本人なんだね〜。ついでに言うと昔は水飲み器用の折りたたみ型の紙コップがあって、弟と二人でこれをごっそり持って帰るのがまた楽しくてね。困った悪ガキだな。まあ時効ってことで。ビュッフェとか冷凍ミカンとかポンジュースとかお茶とか、昔は新幹線の旅が色々楽しかったね。今ではすっかり単なる移動手段になってしまっててつまんないね。
[PR]
by uegaito | 2013-02-04 14:40 | 我が家のことですみません | Comments(0)
また地震。今度は北海道ですが最大震度5強。ここのところ夜中によく地震が起こりますね。2年前の今頃ってどうだったんだっけね。とにかく気をつけて生活しよう。それにしても昨日今日の生暖かい天気といいなんだか気味が悪いね。どうか杞憂であって欲しいもんだ。とにかく備忘録的に様子を記述しとく次第。
[PR]
by uegaito | 2013-02-03 00:09 | Comments(0)

ウエガイトのブログ


by uegaito