<   2012年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

我が家のちびっ子たちもいよいよ成長期に差し掛かりまして日に日に巨大化していく中、おうちは一緒に広くなってはくれませんので段々雑魚寝もままならなくなりました。ということでやむを得ず二段ベッドを買いまして昨日家具屋さんが据付に来てくれました。どこでどう間違ったのかコウメもハッパもラブリー路線まっしぐら、最近はガーリーって言うんですか?僕はてっきり痩せすぎてる娘さんをガーリーって言うんだとばっかり思ってたのですが変な英語使われてもわかんないよなって感じでなんせ絶対に仕事では使わないようなデザインボキャブラリー満載の二段ベッドを選んだわけです。小学校高学年になっても自分の机のないコウメたちは小さいながら初めて「個」のスペースを持ったのが余程嬉しかったようで、各々自分ワールドを心ゆくまでデコリまくって枕元はこんな感じになりました。
f0113361_15422565.jpg

これはコウメさん。ポジションはもちろん上です。ハートの穴があいてるよまったく。本に囲まれてとても嬉しいんだそうです。左端にはいま一番のお気に入りの「織田信長が表紙の赤い本」をディスプレイ。縫いぐるみもね、ありますね。
f0113361_15483626.jpg

そしてこちらはハッパさん。ポジションは下ですね。見て下さいこのおびただしい数の縫いぐるみ。これがやりたかったんだそうです。足元も同じくらいありますのでよろしく。この子はあまりの嬉しさに引きつけを起こしかけました。天井からは紙風船が2つ吊る下がってハッパワールド炸裂してます。この子はこんな子だったのね〜って感じで二人とも個性がちゃんと出ていて面白いね。ちなみに二段ベッドってけっこう大きいのね。え?設計者の言うセリフじゃない?ワタクシ家には仕事を持ち込まない主義ですので。嘘つけ。まあいいじゃないの、そのお陰でとうとうこの部屋は晴れて「ねる部屋」から「あたしたちの部屋」に呼び名が変わりまして僕らは隣の納戸で寝る羽目になりました。二段ベッドは家具屋さんが組み立てから据付までやってくれたからいいけど物で溢れかえった納戸を大人二人が寝られるようにするのは自分たち以外誰もやってくれませんから。それはそれは大変な思いをしてなんとか夜には寝られるようになった次第です。カミさんは奇跡と言ってました。そんな感じ。
[PR]
by uegaito | 2012-10-15 15:59 | 我が家のことですみません | Comments(0)
先週末は秋晴れの中運動会が予定通りできて良かった。5年連続リレー選手のコウメさん第5走者で頑張りました。なんとコウメのチームは1位でした。すごいね〜しかし。あごを引いて走るスタイルがカッコ良かったもんね〜。さていつも我が家ネタではあれなんで、今日は久しぶりに読書の話。秋だからね。ひと月くらい前に新聞書評で見つけて買ったまま「積ん読」してた『147ヘルツの警鐘』というミステリー小説を読み始めました。僕はミステリーというか小説自体あまり読まない方なんだけどなんだかこれは読みたいなと思ったんだよね。昆虫ネタだってのが惹かれたんだろうね。まだたいして読み進んでないので内容をここで書くことはできない(じゃあなんで読書の話なんて書くんだ)けど出だしから衝撃的なつうか気色悪い話でなかなかよろしいです。『羊たちの沈黙』を思わせるかも。で僕は小説を読まないって書いたけどあくまで全読書量の中での話で、歴女コウメの父ですからね、学生時代に山岡荘八シリーズは大抵読破したね。徳川家康全26巻なんて大学院の試験勉強期間中に読んでたもんね。お陰で危なかった。小説は読み始めたらやめらんなくなっちゃうからね、慎重に読み始めないとね。40歳過ぎてからは一時、森博司の犀川助教授シリーズにはまったこともあった。そん時なんて睡眠時間がほんとに危機にさらされたものね。小説は怖いよね。その点建築の本はいいよね、すぐ眠くなるから。思えばなんでこう建築の本て読みにくいんだろうって思って、卒業設計では設計の説明を全部民話調の物語にしたりしたもんだ。その後はしばらくそんなの忘れてたんだけど6年くらい前の住宅のコンペでまたやってみたってのは以前もこのブログで書いた。こうやって思い返すと意外と文章を書いてたりするんだよな。僕の場合は実感として卒業論文や修士論文を書いたことで自信がついた気がするかな。高校生までは授業で作文書かされる以外長い文章書いたこと無かったからね。小学生からもうひたすらマンガ漫画でしたから。なんだろうねこの取り留めのない文章。どんなオチに持ってこうとしてるのか。僕にもわかりません。今日はそんな気分。さっきまでコンペの提案書作ってて大量に説明文を書いてたからなんだかどうでもいいくだらないことをたくさん書いてクールダウンしたいんだなきっと。ですのでオチはございません悪しからず。そういうことで。
[PR]
by uegaito | 2012-10-02 19:09 | 読書 | Comments(0)

ウエガイトのブログ


by uegaito