<   2012年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

9/1と9/9と写真更新

9/1のお披露目案内の写真を更新しました。なお、9/9(日)も10:00〜13:00に医院の主催で一般内覧会が行われます。9/1にご都合が悪い方は是非こちらにどうぞ。
[PR]
by uegaito | 2012-08-26 11:06 | お知らせ | Comments(0)
この度、
SGM+JSA+UAA設計共同体で2009年より設計を進めてまいりましたLebenschaft Projekt I (前田産科婦人科医院)が完成の運びとなりました。
つきましては建築主様のご厚意によりまして、下記の通り完成披露見学会をさせて頂きます。どなたでも見学いただけますので、是非多くの方にご高覧いただきたく、ここにご案内致します。

日時 2012年9月1日 10:00〜16:00
場所 静岡県焼津市小屋敷214-1
JR西焼津駅北口から徒歩3分(駅から見えます)です。また東名高速ハイウエイバス焼津西停留所からも徒歩5分です。駐車場は患者様専用ですので原則お車でのご来場はご遠慮下さい。
(参考)東京駅→静岡駅→西焼津駅;ひかり号利用で約1.5時間です。

※現在も最後の追い込み工事中につき、写真は随時更新します。
f0113361_10554266.jpg

この写真は1階の待合いホールですが、この後これら全ての棚に緑化ポットが据えられ、待合い全体に緑が散りばめられます。点々と見える赤いのは帆布でできたマガジンラック。清水淳撮影。
f0113361_18101865.jpg

こちらは4階のテラス。サロンの間仕切りを全開にしてテラスを見た写真です。北脇将史撮影。
f0113361_10572192.jpg

2階の家族待合い。正面に見えるのがナースステーションです。この空間だけ杉板の型枠でコンクリートを打っています。清水淳撮影。
f0113361_1059887.jpg

そしてこれは既存医院の建物でなかなか外観が見えないのですがその既存棟の頭を越えた部分、つまり正面の4階部分です。建物サインがひと際目立ちます。清水淳撮影。

本作を、亡き建築家 佐々木聡さんに捧げます。

公園のような待合い空間を持つ産科婦人科医院です。
“Lebenschaft”とはLeben(生命)のschaft(景)という意味の、設計者の造語です。Landschaft(=landscape)が風景・景観と訳されるように、生命の風景をつくり出す場所としての意味を込めて命名しました。
焼津・藤枝地域の周産期医療の重要な拠点の一つである本医院は、診察の待合いの他にも出産立会の待合いなど様々な場面で長い待ち時間とつき合わせることになってしまうため、せめてその待合いの時間を少しでも気持ちよく過ごして頂けるよう、 一般的には外部空間のデザインであるランドスケープそのものを建物内部にまで持ち込み、設計しました。 1階は内外を連続する公園を、優しく繭のように建築が包み込み迎える待合い空間、 2・3階は随所に光り溢れ爽やかな空気が流れる病棟、 そして4階には遠く山並みを望む緑化テラスとサロンがあります。
建築とかランドスケープとかの境界を超えた、心地よい環境のデザインを目指しました。

Lebenschaft Projekt I (前田産科婦人科医院)
主要用途;産科婦人科医院(診療所)
構造・規模;RC造 地上4階建て 1,509.40m2

設計・監理
 意匠統括 SGM+JSA+UAA設計共同体
 (清水淳建築設計事務所+ウエガイト建築設計事務所)
 ランドスケープ オンサイト計画設計事務所
 照明 スパンコール/村角千亜希
 構造 木内事務所/木内達夫
 設備 設備計画

施工 竹中工務店名古屋支店

* * *

1階;外来診療部門、待合い、入院食厨房他
2階;3床室×2室、LDR(陣痛・出産・回復一貫病室)×4室、手術室、新生児室、看護室他病棟部門
3階;1床室×7室、医局部門他
4階;母親学級サロン、屋外テラス他
[PR]
by uegaito | 2012-08-21 22:17 | お知らせ | Comments(0)
亡き建築家佐々木聡さんと設計を進めてきた焼津の産科婦人科医院新築工事が今月末にようやく完成します。詳細は改めて追ってお知らせしますが、建築主様のご厚意により9/1(土)に完成披露見学会をさせて頂くことになりましたので速報です。場所は静岡県焼津市、JR西焼津駅から徒歩3分です。都心からは遠方になりますがよろしければ是非皆様いらして下さい。お近くの方は是非現地でお会いしましょう。
故佐々木聡さんの遺志を継いで、清水淳さんと一緒に足かけ3年かけてつくりあげてきました。ランドスケープデザインのオンサイト計画設計事務所との協働で、内外のデザインを超えた心地よい空間ができました。公園のような待合い空間を持つ産科婦人科医院です。
清水さんは佐々木さんの長谷川逸子建築計画工房時代の後輩、僕は共栄短大で同じ非常勤講師をしていた縁で、3人で計画を始めたのがちょうど3年前の2009年9月。その後佐々木さんが体調を崩して入院することとなり、入院先のベッドで描いた基本計画図をもとに清水さんと僕とで施主打合せを重ね、さあようやく基本設計開始だとした矢先の2010年1月25日、佐々木さんは突然帰らぬ人になってしまいました。まだまだ佐々木さんの頭の中にあるはずの様々なイメージや思いを理解できていないうちに向こうの世界に持って行ってしまったので、残された僕らは正直どうしていいかかなり悩みました。でも僕らを信じて下さるお施主さんの気持ちに答えるためにもなんとか体制を立て直して設計に臨まねばと、僕がかねてから協働を望んでいたランドスケープデザイン事務所スタジオオンサイトとの新たなチームによって、佐々木さんの描いた基本路線にランドスケープとの融合という背骨が加わって、恐らくそうそう実例のない、不思議な空間が出来上がったと思います。施工は品質では日本トップクラスの竹中工務店名古屋支店。佐々木さんの遺作を世に出すにはこれ以上の施工者はいないでしょう。あり得ないくらい美しい仕上がりに、日本の技術力の凄さすら感じます。あと半月で完成です。
[PR]
by uegaito | 2012-08-16 19:39 | お知らせ | Comments(0)

ザ夏休み娘と甲虫と造形

f0113361_1371313.jpg

画像を目一杯粗くして関係者向けサービス。見て下さいこのハッパの恰好。どうです素晴らしいでしょう。上野駅のホームですからね、ここ。てことはこの恰好で東武スカイツリーラインに乗って浅草駅で銀座線に乗り換えて上野駅で降りて混雑する中央改札口を通り抜けて地下のホームまで来たわけです。もちろんその間ずっとこの恰好のままです。キミはきっと大物になるよ。この日の戦利品はカブトムシオス・メス各1、赤トンボ数匹、子バッタ数匹が自力捕獲、あとはお友達に分けてもらったオニヤンマ1、ミヤマクワガタメス1。甲虫類以外は現地でリリース(といってもすっかり弱り果てていた・汗)して、帰宅してから自慢の観察眼で描いたのがこれ。
f0113361_13151741.jpg

ミヤマクワガタのメスです。ほんとはオスを捕ってあげたかったんだけど残念ながら見つからず。あのミヤマクワガタの造形は二人にいつか必ず見せてあげたいなあと、こう思うわけです。
[PR]
by uegaito | 2012-08-15 13:18 | 我が家のことですみません | Comments(0)
お盆のお供えの品を買いに内田商店さんに寄ったら、ちょうど昨夜0:28に内田さんが無事3,246gの男の子をご出産されたとお母様からうかがいました。いやあおめでたいです。
f0113361_144626100.jpg

ことろでこれは夏休みに入って研究心に目覚めた(のならいいのだけど)コウメとハッパを連れて、先日の日曜にさぎり荘に行った時の写真。4台の薪焚き温水器の前で薪割りをする通称がっさんに取材する二人。この機械は何ですか、どうして短い薪と長い薪があるんですか、一日にどのくらい薪を使うんですか、などと小さな声で一所懸命聞いてました。DSで写真を撮るあたり現代っ子ですな。いやしかしなかなかどうして、この木は何の木がわかるかと聞いたら「スギ」と答えましたよコウメさん。えらいじゃないの。そんでこの後はお風呂に入ってトンボとバッタとカブトムシを捕ったとさ。このブログを愛読している皆さんならもうお気づきだと思いますが、今年もハッパは虫かごを斜めに下げて虫取り網を持っての新幹線乗車でした。こんな子今どきそうそういないよね。できればこのままずっとこういう感じで育って欲しいなあ。そういうことで。
[PR]
by uegaito | 2012-08-11 14:57 | 我が家のことですみません | Comments(0)
いやはや。もうなんつうか、いやはやしか言えねえ・・・って4年前のネタですね(汗)。しかもひねりすぎだし。要するにテンパってるんです。あっという間にお盆だもの。そのお盆、今までは自分自身は直接的に関係することがなかったですけど今年は違います。先日四十九日も無事済んで、義父らしい素敵な仏壇にお入りになりました。
f0113361_21153470.jpg

まるでこのアトリエのためにデザインされたかのような仏壇は、台彪会の仲間、内田商店さんで揃えました。濃い色の部分はウォールナットつまりクルミの木、明るい色の方はなんとバーズアイメープルです。メープルはカエデの木ですね。バーズアイはそのまま鳥の目のような模様が散らばっている板材で、建築ではすっかり高級品となってしまっています。面白い材料の使い方だなと感心してしまった。引き出す部材の手がけの納め方なんかもすっきりデザインされていて、家具としてみてもかなりの高品質だと思いますね。最近、マンションで置くことなども多くなり、仏壇も重々しいものだけではなくてこのようなコンパクトでモダンなデザインのものも増えてきているのだそうです。仏壇業界も日々進歩しているのね。自身の作品に囲まれてきっと義父も満足だと思います。
[PR]
by uegaito | 2012-08-10 21:32 | つれづれ | Comments(0)

ウエガイトのブログ


by uegaito