<   2012年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

いやあいつになったら(その2)がアップするんだって感じですが今回はさすがに参ったのでその話を先に書いておきたいと思います。こんなひどい蕁麻疹になったの初めてなもんで。この2週間ほどは特に怒濤の締め切り波状攻撃と大きなイベントと北に行ったり西に行ったりが毎日のように続いたせいかもう24日の火曜あたりから既に内臓の調子が悪かったんだな思い返せば。水曜の多治見→焼津出張に至ってはかなり朦朧とする瞬間もあったり。なのに静岡コーラとか飲んじゃって余計腹を壊したり、そんな感じで最終の新幹線に乗って帰って来てだめ押しで打合せしたりして深夜に帰宅したもんだから翌朝はとうとうなんか可笑しい、じゃなかったおかしいって(S吉社長すみません)思ったら両腕の内側にボツボツが。。。取りあえず明らかに身体が疲れていたので半休して午後事務所に行ったはいいけどやっぱりだるくて早めに帰宅。そしたらそれまでは一旦収まってたボツボツが腕の内側全体に広がってもう気持ち悪いのなんの。あ、気分が悪いわけではなくて見慣れない自分の変化にビビったわけです。もしかしてオレ、いろいろ頑張ったから変身するのかもってちょっと期待しちゃったり。とにかく寝て治そうと布団に潜り込んだらなんだかどんどん痒くなってきた。思わず起きて身体を見たらもうゾゾゾって感じで体中に蕁麻疹が広がってるじゃないの。まるで全身薮蚊に食われたような腫れ方でとにかく見ればさらに鳥肌が立つという悪循環。すぐに医者に行けば良かったんだけどあいにく木曜日なので近所のかかりつけは休診。我慢してたら夜9時過ぎにヤバい感じになってきたので夜間救急のやってる病院に電話したんだけどうちには専門の科がないので無理ねと言われ、まあひきつけ起こしそうな感じでもないし体自体はピンピンしてるし大丈夫かって様子を見てました。ところが今度はあまりの痒さに寝られなくなっちゃった。てな感じでろくに寝られないまま無事?朝を迎えて速攻でかかりつけの医院に行って注射一発、かゆみは収まり打合せスケジュールの詰まった事務所に行ったら今度はどんどんだるくなってくる始末。いっぺんに来てくれれば救急車とか色々対策は打てただろうに順番に来るもんだからとにかく辛いのなんの。それでも約束していた4つほどの打合せをとにかくこなしてもうだめだって感じで帰宅、そのまま2日間フリーズでした。今日はようやく外出できるようになってニーナちゃん一家と我が家4人でお出掛けしましたがなんか調子が狂ってて皆さんにご迷惑をかけてしまったり。でもこんなに休みらしい休みをまとめてとったのもほんと久しぶりで、ようやく生き返ったな。まだ食事、特にお酒はとても飲みたいと思わないってことは本調子ではないんだろうけど、取りあえず明日は仕事だ頑張ろう。そんで明後日はさぎり荘の1年検査で鮫川村。あっちの美味しい空気を大量に摂取して完全復調だなきっと。とにかくあれです、ちゃんと休みは取りましょう。そういうことで。
[PR]
by uegaito | 2012-04-30 22:14 | 健康または不健康 | Comments(0)
月日が経つのは本当に早いもので、まだまだずっと先だと高をくくっていたニッポン全国彪友会台東万博があっという間に終わってしまいました。昨日はメインイベント翌日のオプショナルツアーの日で、僕はそのうちの一つ「大江戸したまちアーツアンドクラフツツアー」の担当として、4人の地元のメンバーと一緒に4名のお客様を半日ご案内しました。コースの詳細はこれです。まずスタッフ5名は朝8:30にツアースタート地点である浅草ビューホテルに集合って自分でみんなに案内したにも関わらずその本人が遅刻(汗)。自宅を出て駅のホームで電車を待っている間に、せっかくこの日のために仕込んだツアー用の地図を忘れてきた事に気づき走って戻って、電話して持ってきてくれたカミさんから途中で受け取って再び駅に走る。前日の深酒が響いてとにかく気持ち悪い。。。という感じで15分も遅れて集合場所に到着したら、皆さん既に到着されててほんとにすみません(汗)。島田さんはなんと「彪友会ツアーin台東!」と書かれた手作りのボードまで用意下さってて朝から感動。お陰で参加者の皆さんの顔がわからなかったけど全く混乱無く全員時間内に集合できました。それにしてもさすが二条門下の集まりです、集合時間に遅れる人が誰もいなかった素晴らしい。時間通りにビューホテルを出発でき、予定通りバスに乗ってまずは最初の訪問先東京松屋さんへ。早速4階のイベント会場でからかみのご説明をいただき、名匠小泉さんのからかみ刷り実演を見ます。ここでも参加者の皆さんからポンポン質問が出ます。ほんと二条門下というのは素晴らしいと実感。実演を一通り見せてもらった後はいよいよお待ちかねの刷り体験。このためにわざわざ静岡県から今回の大会に登録されたと嬉しいことをおっしゃって下さった参加者の方もいたくらいです。予め胡粉を引いて下ごしらえされた紙に一人ずつ雲母(キラ)を刷ります。雲母(うんも)は岩石の状態で雲母(キラ)は顔料になった状態、「キラキラ」の語源ですという説明に一同へ〜。ご自身の商売にどう絡められるかイメージされたり早速ご自身の会社のイベントに今日のプログラムをそのまま招聘したいと嬉しい申し出を頂いたり、しつこいけど二条門下の皆さんは頭の回転も決断力もほんとただ者ではない。東京松屋河野さんの上手な進行のお陰で、途中から我が台彪会のさう姐さんも加わった総勢10名無事時間通りに全員が体験を終えて各自お土産に自分の作品を携え次の訪問先のある千束に向かって再びバスに。いやあしかしこの日の話はやたら長くなりそうなので今日のところはここまでにしましょう。ということで続く。
[PR]
by uegaito | 2012-04-22 12:18 | 台彪会 | Comments(0)
とうとうこのブログもひと月以上放置されてしまいました。これだけ空いちゃうとどうやって再開したらいいかで悩んじゃって余計書けなくなるのね。ということでどうでもいいことで書き出すことにしました。昨日からいよいよ我が家の娘どもも新年度が始まりまして、コウメさんは5年生、ハッパさんは4年生になりました。早いなあ。このブログを始めた時はまだ二人とも幼稚園児だったのにあっという間にもうすぐ小学校卒業しそうな勢いだもんね。なんだかいつも一緒に暮らしてるからあんまり成長している感じがしないつうかいつまでも幼い感じがするんだけど5年生っていったら普通お姉さんだよな。そう言えばコウメは最近推理ドラマとかにハマってるようで、まあコナンくらいはいいとして相棒やら科捜研の女とか毎週食い入るように観ているらしい。どうなんだろうね。ちょっと渋すぎやしませんかね。火サスとかはまださすがに観てないようだけど。そのうち好きな女優は片平なぎさとか言ったりしてね。沢口靖子は僕は同い年ってこともあって高校生の頃は大好きだったなあ。武田鉄矢の刑事物語なんかに出てる頃が最高だった。いまはどうかって?それは言えませんや。水谷豊も僕の世代なら熱中時代だよな。あの頃は池中玄太も大好きだった。そういえばちょっと前にやたら流行ったマルマルモリモリのマルモのおきて、あの阿部サダヲはほとんど池中玄太だった。彼は平成の西田敏行だと思う、というか西田敏行はまだ現役か。何の話だっけ。要するにあれです。少し脳を休めたいです。
[PR]
by uegaito | 2012-04-07 16:29 | 我が家のことですみません | Comments(0)

ウエガイトのブログ


by uegaito