<   2011年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

f0113361_8561592.jpg

[PR]
by uegaito | 2011-04-29 08:56 | 建築 | Comments(0)

テンテンと幼虫とアブラ

また口内炎に苦しめられてます。なんでこんなによくできるんだろうか。ところで最近めっきりコウメとハッパの話を書かなくなったんだけど、これってさすがに二人とも成長して面白いことをする機会が単純に減ったんじゃないかって思って、でもよくよく考えたら彼女達に接する時間が極端に減ったからなんじゃないかってことに気がついた。最近一日中一緒にどこか出かけるとかすっかり無くなっちゃったもんなあ。きっと面白い事は相変わらずやってるんだろうと思うんだよな。今日も僕は締め切りに追われて仕事に行ってたんだけど、帰宅したら虫かごを嬉しそうに抱えるコウメに出迎えられた。テンテンを見ろと。なんじゃそりゃ。なんと公園でてんとう虫の幼虫を捕まえたんだって。幼虫。久しぶりだね、幼虫ネタ。見つけたのはコウメ、捕まえたのはハッパさんだって。そうだろうね。最初はハッパがテンタロウと命名したそうだけどコウメにテンテンと改名させられたんだそうですどうでもいいですが。アブラムシ入れとかないと死んじゃうよと指摘すると、油を入れるんじゃダメかなあとハッパさん。誰か何とかしてやって下さい。そういうことで。
[PR]
by uegaito | 2011-04-24 21:48 | 我が家のことですみません | Comments(0)
一昨日の4/20はとうとう鮫川村村民保養施設さぎり荘の工事引き渡しでした。そこで前日夜中に現場に入らせてもらって真夜中の写真を撮りました。貸切用の個室と廊下との間は一部障子のような建具になっていて、中の灯りがぼんやり洩れるようにしています。実際の運用ではこんな風に真っ暗にすることはないので、ほんとにほんのり透けるだけなんですが、やってみたかったってことでこんな写真を撮ったと。
f0113361_10224969.jpg

右側はキンメイモウソウチクを植えた光庭。個室の中と光庭だけ照明をつけてあとは全部消したら、なんとも幻想的な影ができて不思議な写真になりました。それにしても久しぶりに三脚立てて自分で写真を撮ったんだけどどうにも使える写真が撮れずにがっくりでした。目が悪くなってピントを合わせる作業がほんとにしんどくて。目は本当に大切にしないとなあ。おっとそうそう、翌20日は無事引き渡しも済んで、いよいよその日の午後から運営スタッフの皆さんに取説をしました。4台の薪焚き温水器ガシファイアーを使いこなすために29日のオープンまでは大変ですが、スタッフの皆さんよろしくお願いします。
[PR]
by uegaito | 2011-04-22 10:34 | 建築 | Comments(0)
2000年の独立開業以来初めて手がけさせて頂いた公共建築、福島県鮫川村村民保養施設「さぎり荘」が今月29日にオープンするのに合わせて、当事務所でもお披露目をさせて頂きます。詳細はこちらをご覧下さい。標高の高い鮫川村ではちょうどお披露目時期に桜が見頃になります。それも樹齢ウン百年の見事なヤマザクラがそちこちで。風評被害に負けず盛大に披露したいと思います。

さてさてそもそもブログを始めた理由はダラダラ書き綴ることでストレスを発散しようと思ったからだってすっかり忘れてました。書くことで却って暗くなってどうするんだまったく。こういうときはロックネタに限る。実は311後になかなか気持ちが上向かなかったので思わずキッスの昔のライヴDVDをアマゾって仕入れまして。1984年発売のアニマライズツアーを収録したやつ。なんで今頃ですがずっと欲しかったんだもん。一番イタい時のキッスですからね。素顔になった1983年『地獄の回想』の次のアルバム『アニマライズ』直後のライヴで、アルバムに参加していた3代目リードギタリスト、マーク・セント・ジョンがなんだかよくわからない難病ってのに罹ったもんで代わりに登場したのが結局4代目になることになるブルース・キューリックで、このライヴではブルースが出演してるんですね。つうことでせめて気持ちを奮い立たせようと深夜にヘッドホン付けて観ました。いやあやっぱりやってくれるよなあキッス。昔ジーンが、素顔になったばかりの頃は自分が自分でないようでとても困惑していたって言ってたことがあったけど、ほんとそうなんだろうなってくらいそこいらへんのおいちゃんだ。カリスマ性が思い切り欠乏したジーンを観るのはとても堪えられなかったよ。きっとこの時が底値だろうな。とにかくポールがそこにいなかったらキッスだってわかんないね絶対。その意味ではさすがポール・スタンレー大先生だ。彼だけはどんなスタイルでもやっぱりかっこいい。オープニングの名曲「デトロイト・ロック・シティ」でいきなり歌詞を間違えてるけどそんなの関係ねえ。アルバム『アニマライズ』はキッス作品全体のなかでも一際メタル色が強くて1曲目とか今でも大好きな曲なんだけどなぜかライヴはまったり感が漂ってたのはやっぱり見た目のせいかなあ。この時代はぼろ切れを派手に纏うのが流行っててね、ラットなんかもそんな感じだったな。ジーンの曲は元々スタジオ向きなのかライヴにアレンジするとへんてこりんになる曲が多くて、この時も「アイ・ラヴ・イット・ラウド」や「フィッツ・ライク・ア・グローブ」も違和感だらけ。いやあしかしこのDVD、もちろん1984年にビデオが発売されてて、当然すぐ買って観てましたよ僕は。当たり前じゃないですか。大学1年だったなあ懐かしい。かっこいいなあってぞくぞくしながらすり切れるくらい観たもんだ。で27年経ってもう一度観たと。なんであの時これがかっこいいと思ったか400字以内で答えなさいってくらい不思議だね。面白いもんだよな〜。いいじゃないのそういう時もあるよ。
[PR]
by uegaito | 2011-04-17 18:20 | ロック | Comments(0)
2000年の独立開業以来初めて手がけさせて頂いた公共建築、福島県鮫川村村民保養施設「さぎり荘」が今月29日にオープンするのに合わせて、当事務所でもお披露目をさせて頂きます。詳細はこちらをご覧下さい。標高の高い鮫川村ではちょうどお披露目時期に桜が見頃になります。それも樹齢ウン百年の見事なヤマザクラがそちこちで。風評被害に負けず盛大に披露したいと思います。

さてそれにしても原発事故は一向に収束しませんね。お陰で事故発生以来正直言って仕事が手に付かない。とは言ってもちゃんとやってますけどね。そのくらいショックだということです。ほんとは落ち着くまで休業したいくらい。僕は事故発生当初、東電や政府を信じて事態収束まではあまり騒ぐものではないと思ってました。原発は国策だし、ひいては世界のエネルギー政策に大きく関わる話なので、日本国としては威信を賭けて収束させると信じていたからね。言っときますが別に僕は原発推進論者じゃないですからね。この手の話はどうしても政治的な捉え方をされるので面倒なんだよな。現在大勢を占める意見を結論だけ集約するとざっくりこんな感じでしょうかーーー今更電気に頼る生活ってのが止められるのか止められないのかーーー要するに原発がなくても日本はやっていけるのかどうか。僕はですね、そういうのはどっちでもいいんです。あんまり興味がない。なるようになるっつうか。でも僕は今の事態はとても悲観的に捉えています。それは何故かというと、ここで原発が完全否定されると最早原子力ってのは兵器以外に使い道がないということがはっきりすることになるから。核分裂を[偶然]発見してしまったオットー・ハーン、そのメカニズムを解明してしまったリーゼ・マイトナー、その理論的なバックボーンを構築してきたアーネスト・ラザフォードやニールス・ボーアそしてアルバート・アインシュタインなどの20世紀初頭の天才科学者の皆さん、まさか自分たちの仕事が結局兵器にしかならない究極の地球滅亡アイテムだったとは考えなかったはず。と信じてるし、そうでないと浮かばれない。今日の原発の形態が最早無理だとしてもなにかしらこの膨大なエネルギーの平和利用が安定することを切に願うわけです。もう南無です。せっかく数日前にタカシナさんにキミのブログ面白いね〜ってお褒めの言葉をいただいたのに笑えない話になっちゃった。次は明るい路線に戻りますのですみません。
[PR]
by uegaito | 2011-04-17 09:26 | つれづれ | Comments(0)
当事務所で2009年夏より計画・設計・監理をさせて頂きました福島県鮫川村の村民保養施設「さぎり荘」が、いよいよこの4月29日(金・祝)に完成し営業を開始します。当日は10時から完成式典が挙行される予定で、その後11時から一般に開放されます。当事務所では発注者である村長及び村役場のご厚意により、この日の午後からお披露目の内覧会を致します。どなたでも来場可能ですので、是非お誘い合わせの上いらしてください。当日現地で上垣内を見かけましたら是非お声掛け下さい。
f0113361_1245188.jpg

f0113361_12295147.jpg

f0113361_1423687.jpg

村民保養施設「さぎり荘」
主要用途;立ち寄り温泉入浴施設
構造・規模;木造平屋建て692.59m2(本体)
      +RC平屋建て95.23m2(機械室)
所在地;福島県東白川郡鮫川村大字赤坂中野字広畑地内
基本的に各々お車での来場としてください。送迎は申し訳ございませんが致しておりません。鮫川村までのアクセスについてはこちら近場の目印である物産館「手まめ館」まではこちらをそれぞれ参照下さい。手まめ館の前のトンネルを抜けて信号左折、国道349号線沿いにすぐ見えてきます。

設計・監理
 意匠統括 ウエガイト建築設計事務所
 構造 MID研究所
 設備 テーテンス事務所
 ランドスケープ 東風意匠計画
 設計協力 BI設計、鈴木建築設計事務所
施工
 本体工事 陰山建設
 外構造園 花月庭園

美しい里山の景観を、より魅力的に引き立てられるような外観、対照的に外の景色を切り取るように楽しめるシンプルな内観のデザイン。敷地なりにカーブを描きながら水平に広がる在来木造の上に大断面集成材の大屋根が2つ連なり、里山の群落を思わせるシルエットを作り出そうとしています。鮫川バイオマスヴィレッジ構想に基づいて、恐らく国内初であろう4基の小型薪焚き温水器によって、村内から日常的に集められる柴や間伐材を燃料に温泉水昇温・給湯・館内暖房を行う、林産地ならではの環境共生型施設です。
[PR]
by uegaito | 2011-04-09 00:00 | お知らせ | Comments(1)
春休みでほとんどカミさんの実家に行きっきりのコウメとハッパ、最近はTV見るたびに放射能の話ばっかりなのでやたらと神経質になってしまってるようです。今朝は朝ご飯に出た魚どころか水も飲もうとしないそうでさすがにばーちゃんに怒られてたそうですが、とにかく怖いみたい。そりゃそうだよね、大人が右往左往してるんだからその大人を信じるしかない子供たちは心配なことだろうと思う。元々度を越して心配性のコウメさんだからなおさらだ。ばーちゃんちに行く際の荷物も、いつものデイパックの中に避難用品一式とペットボトルの水を1本ちゃんといれてるんだって。そういえばスーパーで牛乳を買おうとしたカミさんに、家に既に1本あるから今は買う必要ない、不必要な買い物は買い占めだと注意したんだそうですコウメさん(汗)。大したもんだ。きみを我が家の学級委員長に任命しようじゃないか。結局魚は食べたのかなあ。本当にすみませんお義母さん。

(追記)
ちゃんと魚を食べたか電話して聞いてみました。コウメさん、ちゃんと食べたって。しっかり焼いたから大丈夫だって言ってました。取りあえずそれでいいです。
[PR]
by uegaito | 2011-04-03 16:33 | 我が家のことですみません | Comments(0)

暗いと明るいと大成功

なんだか暗い話や込み入った話ばかりでイヤになる。イヤになるのはイヤなので無理矢理にでも笑ってみよう。そう今日はエープリールフール、日本語で四月バカ。別に日本語で言わんでもわかるわいですかそうですか。いやあ毎年なにかカマしてやろうと思いつつ気がついたら一日が終わってしまってたので今年は昨夜から練りに練りましたよ。今朝まだ娘たちもカミさんも寝てる時にまずいきなり慌てながら、寝坊だ学校遅刻するぞと起こしました。当然そんなはずはないと、春休みだもんとハッパが布団の中で反論するわけです。コウメなんか聞こえてないかの如くグーグー寝てるし(汗)。さすがにコウメもハッパも幼稚園児ではないからこんなことでは騙されません。というか騙されなくて良かったと、騙しておきながら妙な安心をしたけどね。とかいってまあこれは要するにカモフラージュなわけですね。ああ今日はエープリールフールだもんね〜こんなんじゃ騙されないよ〜と笑わせて油断させます。ここからが本番。携帯から自宅の電話にこっそりかけて呼び出し音を鳴らし、どこからかかかってきたかのように出て一芝居打ちます。コウメさん、先生から電話だよ。さあコウメさんびっくりです。ばたと起きあがって慌てて子機を受け取ります。しばらく耳に当ててフリーズ状態、横でカミさんが心配そうにしています。でも会話がない。しばらくしてようやく騙されたとわかって大笑い。あ、大笑いするのは僕だけですが。コウメは手足をばたつかせて悔しがる。やった。巧妙に仕込まれた四月バカプロジェクト大成功の巻でした。そういうことで。
[PR]
by uegaito | 2011-04-01 11:33 | 我が家のことですみません | Comments(0)

ウエガイトのブログ


by uegaito