<   2009年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

昨年末に怒濤のごとく落っこちた世界の景気は悪化の一途を辿ってるとか先が見えないとか言われてますけど、この前講演を聴いたザ・リッツ・カールトン・ホテル・カンパニー日本支社長の高野さんは興味深い見解をおっしゃってた。もう以前みたいに景気が回復するとかはなくって、全く違った世界が現出し始めたんじゃないかって。パラダイムが変わったってことですね。トフラー思い出すなあ。これからは貧しいのを楽しむ時代だみたいなことおっしゃってた。任せとけって感じだ。高野さんが子どもの頃は、空き缶のフタが大切な遊び道具を作るための素材だったから大事に集めてたんだけど、今の子はそんな涙ぐましい努力しなくたって買えばいいと。うちの子たちはトイレットペーパーの芯だって捨てないでとってるよ。いつの子たちだいったい。スチロールトレーも牛乳パックも捨てる前に彼女たちの手によって加工が施される。これからはコウメ&ハッパの時代ってことですか?そういうことで。
[PR]
by uegaito | 2009-02-26 18:50 | 我が家のことですみません | Comments(0)
この前の日曜は前日の同窓会イベントですっかり精根尽き果てて白くなってたりした。でもあまり布団で固まってると家族から愛想つかされるのでやむを得ず起きて、すみだ耐震フォーラムやってるの思い出してまたしても曳舟文化センターへ。墨田区は耐震改修に対する取組が全国で最も進んでる自治体の一つだからね。ちょうと耐震改修に果たす町会の役割というような内容のシンポジウムが始まるところで、席について聴きました。木造密集地域である墨田北部の5つの町会からそれぞれ町会長さんが出席されて、それに区の都市計画部長がパネラーに加わっての画期的なパネルでした。やはり皆さん口を揃えて金銭的な問題や高齢世帯の諦め、町会というコミュニティ単位の力の衰退のようなことを嘆いておられた。耐震診断自体も面倒がられてるみたい。墨田区は補助金も相当つくのに、それでも耐震補強改修が思いの外進まないんだって。なぜか。これまでも何ともなく建ってたからこれからも大丈夫だという地震に対する甘い見方、やっぱり多いみたい。そりゃ何十年も震度6とか起きてないから大丈夫なだけですから。会場では答えはもちろん出なかったけど僕が思うに一番問題なのは、ひとんちのことに口を挟むなと言う変な気遣い風潮じゃないだろうか。耐震性が劣るがために大地震で倒壊したとする。その住人本人が被害を受けるのは自己責任だからと言われても、これだけ密集した場所では建物が転けるとお隣にぶつかって損壊させたりするし、倒壊で火が出る可能性も十分あり、そうなるとお隣は火事までもらうことになる。関東大震災なんかはこっちの被害の方が大きかったですよね。つまりお隣が低耐震性だと思いっきりとばっちりを食らうわけです。だ〜か〜ら〜、町会というか地域のコミュニティぢから、ご近所がお互いに思いやりをもって踏み込み合うお節介な日常が、耐震性の向上には大切なんじゃないかなと思うんです。
[PR]
by uegaito | 2009-02-25 20:45 | 建築 | Comments(0)
1年くらい前からかな、事務所のすぐ近所まで軽トラで売りに来るお弁当屋さんが出現して、僕らもよく利用してたんです。500円だからねなんつっても。助かるよなあ。なんて言ってたらあれよあれよという間にあちこちに500円弁当の出店が立ちはじめ、挙げ句の果てに350円弁当まで出現。今日はちょっと歩いて春日通り手前で昨日発見した350円弁当を買って来て食べたんだけど、まあそこそこ美味しいです。これでは既存の弁当屋さんもランチやってる飲食店もタマったもんじゃないだろうね。すぐに自分の世界に置き換えるクセのある僕は、設計料もこうなのだろうかと悩ましくなる。これだけ世の中が不景気になってしかも全く先が見えないとくれば、みんな確かに財布のひもが固くなるってもんだ。同じようなサービスなら1円でも安くって思うわな。弁当なら500円か350円かってところだけど、設計料ってちょっとやそっと値引きしたくらいじゃ「安い!」って感じしないところが何とも悩ましい。いきおい設計施工の方に流れちゃうよね。ほんとはそっちでも設計にお金がかかってるのに「タダです」とか言うセリフ信じちゃうから困る。どれだけ営業努力してもタダ(同然も)にはできないもん。どうすりゃいいのだ設計事務所、と350円弁当食いながら考える。消化に良くないですね。
[PR]
by uegaito | 2009-02-25 12:47 | たべもの | Comments(0)
最近密かにここのボロニア風ミートソースにハマってます。レトルトや缶のソースってどこか物足りなさを感じてて、やっぱ自分で作った方が美味いなあなんて思ってましたが、これなら十分て感じ。関係ないけど20年前にちょろっとサンフランシスコ郊外の英語学校に通ってた時に同級生でカミーラというボローニャ出身のきれいな女子学生がいたのを思い出すね。一人しか知らないくせにボローニャというのは美人しかいない町なんだろうと信じてたもんだ。バカだね男って。いやキミだけだろう。そういうことで。
[PR]
by uegaito | 2009-02-25 09:43 | たべもの | Comments(0)
さてお遊戯会の続き。この日はダブルヘッダーですからね、急いで曳舟駅に向かってそこから電車で3駅先の住吉にあるトステムショールーム東京へ。この日の午後はまるまる大学の同窓会の総会イベントで、僕は役員だったりするから欠席するわけにはいかないのです。この日のためにステキな先輩である藤沢さんにもスピーチをお願いしたり、学生の卒業制作・研究の発表者を募集したり、そりゃあもう大変だったわけです準備がね。でもボランティアで集まってくれたOB/OGや現役学生の頑張りで、会はなんとか大盛況でした。会場はトステムに勤める2人のOBの、後輩に対する思いが結実した結果。彼らも僕と同期。この日は同期が総勢9名集まって、楽しい夜になった。それにしても卒制を発表しに来た学生達のエネルギーのすごいのったらあなた、トラック何台も借りて畳1枚分くらいある模型が30コ近く会場に集まっちゃったんだから。聞いてねーよとか富井に言われたりして大変だった。僕だって聞いてねーよって言いたいわけです。盛り上がったけどね。てな感じで元気です、千葉大。
[PR]
by uegaito | 2009-02-24 19:48 | 建築 | Comments(0)
今日は移動時間がかなり長いので、携帯からブログの更新してみようと思ったけど、どうも携帯というのは推敲する文章書くのに向いてないようで、こんなことしか書けない。あ、いつも推敲してるのか~とか笑ったでしょ。
[PR]
by uegaito | 2009-02-23 17:48 | つれづれ | Comments(0)
書きたいことがいっぱいありすぎて手が止まってしまってます。こういうときは順番に書いていくのがいいかってんでまずはハッパさんのお遊戯会。何度も泣きそうになってしまったよやっぱり。出だしのセリフを忘れて先生に助けられてなんとか役をこなせたあたり、最後までハラハラさせてくれたけど。ハッパの成長に感無量というのもあるけど彼女たちの演じた劇「福沢諭吉」の、それぞれの園児の演技に胸が熱くなってしまった。親になってみてわかる親の気持ちというのまで重なってくるもんだから自分の「息子としてのダメさ」みたいなのも、隣の席で孫の演技を観てるばーちゃんに心の中で謝ったりしていろいろ忙しい心の中でした。ハッパの劇が終わるやいなや余韻をかみしめる間もなく脱兎の如く同窓会の会場へ。まずはそういうことで。
[PR]
by uegaito | 2009-02-22 18:13 | 我が家のことですみません | Comments(0)
コウメの小学校で1年生が他の学年の前で発表する会というのが今朝早くにあって、6時に起きて観てきました。一年間の学校生活をまとめた劇と合唱、合奏。最後の合奏ではコウメさんは一人で大太鼓でした。なぜだろう。大太鼓ってどっしりした子が受け持つ印象がないです?どっしりしてるのかな。確かに華奢じゃないけど。といいつつハラハラしながら観てたら、ちゃんと正確にリズムがとれてて良かったよ。気が小さいので叩く音が小さかったけどね、まあご愛敬でしょう。それにしてもみんな去年の4月は制服に着せられてるような感じだったけど、セリフもちゃんと言えるし演奏もしっかりできるし大したもんですね。帰りがけにニーナちゃんのパパが、子どもってのはやらせればできちゃうもんですね〜なんてしみじみ言ってました。ほんと子どもの可能性ってのは無限だね。もちろん先生方のご指導あっての賜物ですが。
[PR]
by uegaito | 2009-02-20 12:01 | 我が家のことですみません | Comments(0)
リアルタイムじゃないところがこのブログのユルくていいところなんだな〜なんて誰も思ってないか。。。ということで昨日の夜の話。台東区の主催する若手経営者・後継者経営サポートセミナー4期目、昨日が最終回でした。僕は2期目にも受講していたのだけど何度受けても毎回なにか気づかされる有り難い機会なので今期4期目も受け直してる。というか1期から毎期受講されているツワモノがやたらと多い不思議なセミナーなんです。2期目の時は出張が重なってしまって1回休んじゃったので皆勤賞がもらえなかったから、今期は頑張った(笑)。親子だなあやっぱり。そんで目出度く皆勤賞頂きました。画像の大きさを小さくできない(汗)。でかいよこれ。
f0113361_21581399.jpg

本当にこのセミナーの仲間には何度気持ちが救われ、元気をもらったことか。受講生仲間「台彪会」の連帯感はハンパない。セミナーは終わっちゃったけど「課外活動」で5期が始まるまでの半年間にいろんな勉強会を立ち上げることになった。第1弾は4月に区内の工房巡りをする予定。またみんなと会えるのが何より楽しみ。
[PR]
by uegaito | 2009-02-19 21:48 | つれづれ | Comments(0)
下記、今朝コウメに聞いたら、タコじゃなくて(怒)スカートなんだそうです。まだ制作途中でこれから足をつけるんだって。左のハッパの方は胴体のうしろに指をはめる輪っかが2つついていて指人形なんだそうです。二人とも思った以上になかなか考えてらっしゃる。そういうことで。
[PR]
by uegaito | 2009-02-18 10:52 | 我が家のことですみません | Comments(0)

ウエガイトのブログ


by uegaito