<   2007年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

f0113361_1437533.jpg

手作りの夏祭りも30年経つと立派なもんです。平和。
[PR]
by uegaito | 2007-07-28 14:37 | つれづれ | Comments(0)
最近こんな本を買いまして、本気で中国語をマスターしようとしてるワタシ。きっかけは昨秋の北京行きで、まちなかをレンタサイクルで練り歩いた(走った?)時に、北京市井のおっちゃんおばちゃんの会話がなんだか妙に楽しそうに見えて、よっぽど面白いことを言ってるんじゃないかしら、ああ知りたい、と思ったわけなんです。なんかマスターできる気がするんだな、これがまた。この前ソウルに行ったときは絶対韓国語はマスターできないって無力感を感じたけど、なぜか中国語は懐かしさすら感じる始末。で、ファンキー末吉。この本は実に良くできてるんだこれが。本屋さんにはた〜くさんの中国語会話マスター本が売ってるんだけど、端から順に見ていってファンキー氏のが最もわかりやすかったね。え、なになに?って思う人は本屋で立ち読みしてみて下さい。やっぱりミュージシャンは耳が命なのかね。付録のCDをiPodに移して通勤は中国語三昧だ。さてこれで年内には晴れて中国人となって、怪しい食物を見分けられるようになるつもりなんだけど、間違って怪しい中国人にならないように注意しないと。
[PR]
by uegaito | 2007-07-26 19:26 | 読書 | Comments(0)
年子のうちの娘たち、最近とみにケンカが激しさを増してきまして、ほとほと手を焼いてる。だいたいは姉が妹を泣かすことになるのだけど、よくもまあ毎日毎日泣くなあってくらい妹はよく泣かされてるね。こんなに泣かされてたらさぞかし姉ニクシなんだろうなと思いますよね、ふつう。それが先週末、姉が2泊3日で幼稚園のサマースクールっての行って、妹にしてみたら滅多にない両親独占、一人っ子状態になったわけです。そしたらなんと、寂しいと。お姉ちゃんが大好きだから、いないと寂しい、早く帰ってこないかなあ、なんていじらしいことを言うわけですよ。あんなに毎日泣かされてるのに。なんて可愛いのだこの子は!って思いますよ全く。でもって姉が帰ってきたわけです。やっぱり早速泣かされるわけです。でもお姉ちゃ〜んて言ってるわけです。こんなかんじだから、総じて二人目の子ってのは性格がいいわけですよね。いつも弟を泣かしていた自分の子供時代を思い出して、身につまされる思いですなあ。意地悪な兄だった、ごめんよ。今さら謝られても困ろうが。
[PR]
by uegaito | 2007-07-25 19:45 | 我が家のことですみません | Comments(1)
夕べは久しぶりに同期の大島と一杯やりながらこのところの建築設計業界の混乱状況について話した。至って真面目に。いや愚痴か?とにかく弱小設計事務所なんかいりませんから、みたいな勢いを、先月施行された改正建築基準法などに感じるんで、どうやってこの激しい向かい風の状況を乗り切っていくか、若手の建築士はみんな悩んでいるのですよ。とにかく国としては「人は放っておくと悪さをするんだからきっちり管理して〆めないと」というスタンスなんだから。そうそう改正建築基準法と言えば、一般の皆さん知ってるのかな、建築確認申請した後で間取りや窓の位置など変更することができないっての。住宅って、建て主さんはもちろん専門家ではないことの方が多いわけですよね。だから図面やパース、模型など、色んな方法で設計者も一所懸命建て主に説明するわけなんだけど、なんだかんだ言ってピンと来ないわけですよ。だから着工して立ち上がってくると、やっぱりああしたいこうしたいって思うわけですね。壁の位置をずらすなんてのはそう無いとして、窓の形を変えたいくらいはあると思うんです。でもそんなことをしたら大変。工事をストップさせて確認申請出し直し。審査が完了するまでは工事しちゃダメ。今までなら工事しながら変更の申請をすればOKだったんだけど、耐震偽装事件のせいで、とにかく確認申請図と違う工事をすることは絶対ダメだと。建て主と住まい手の異なるマンションならそのくらいの厳しさは確かに必要だと思うけど、建て主=住まい手である一戸建ての注文住宅まで一律に規制するっていうのがどうも納得できない。自分の家を自分のお金で建ててるのに、なんで自分の思うようになおせないのって、ふつう納得できないでしょう。そういうことをなんで新聞は報道しないんだろうね。
[PR]
by uegaito | 2007-07-19 12:57 | 建築 | Comments(0)
昨日は季節はずれの台風が近づいてる影響であいにくの雨模様だったにも関わらず、家本展第二回セミナーには、8名の元気な小学生が集まって、家本建築家たちと銀座に家を建てちゃった。って言っても模型ですが。みんななかなか個性豊かでかわいい町ができたね。
f0113361_1119681.jpg

このイベントの準備は結構大変だったけど、完成した時の子供たちの嬉しそうな顔見ると、苦労も報われるね(特に来馬さん上野さんは本当にお疲れ様でした)。準備で久しぶりに細かい模型作業やって、わけのわからないところが筋肉痛になったよ。もう一からやり直すことのできない体になってしまったのね。小学生たちとの模型づくりの後は、設計における模型の意義について8人の建築家たちが思い思いに語るトークセッションがあり、こちらも多くの一般来場者の方々に熱心に聴いて頂いて嬉しい限り。ほんと家づくりに対する一般の興味が強くなってるなって感じましたね。それだけ建築家に対する期待も高まってるし、責任も重くなってるんだよね。
[PR]
by uegaito | 2007-07-15 11:19 | 建築 | Comments(0)
4月に来日するって予告していた神様ポール先生が一向に来ない。ポール先生ったってポール牧じゃないよ。ロックンロールのポール先生ですから。ロックと言えば、オートロック付きのマンションとか、最近当たり前のようになってきてるけど、あれ、実は本当に安全なのか疑問を感じませんかね?オートロック導入ってことがらを拡大解釈すると、つまり入国管理をしっかりしているからこの国は安全です、ってことじゃないかなと。でも犯罪のない国なんてないものね。確かにオートロックによって、その住人以外は出入りができないから不審者も各住戸の玄関までは到達できないとしても、そのマンションに住んでいる人間が全員善人かどうかなんてわかりゃしないでしょう。むしろ危険だったりして。だからオートロックだからってうかうか玄関に鍵を掛けなかったりできないわけですよ。やっぱり機械に頼るのには限界があるんだろうね。最後は人の目だよな、やっぱり。セキュリティこそ、人と人との関係性を再評価しないとね。ロケンロール。

家本展もよろしく。
[PR]
by uegaito | 2007-07-12 22:13 | ロック | Comments(0)
最近は子供が熱いようですね。家本展の14日のセミナーもあっという間に満員御礼になってしまった。申し込んだのに満員で参加できなかった方には本当に申し訳ございません。。。東京国際フォーラムでもお盆に丸の内キッズフェスタってのをするんだそうですね。こちらはまたすごい規模、いくつものイベントが一気にあるようで、その中で日本建築家協会関東甲信越支部も、『建築家と街をつくろう!空間ワークショップ』ってのをやるみたいです。『塗り壁体験〜かんたん快適空間』なんてのもありますね。面白そう。こういう平和な催しが増えると少しは美しい世の中になるんだろうかね。そのためなら建築家の皆さん、きっとひと肌もふた肌も脱ぎますよ。きっと。
[PR]
by uegaito | 2007-07-10 21:16 | お知らせ | Comments(0)
「アーティスト」って言葉、最近安くなったな〜って感じがしますね。特にアクセントを置かないで平らに発音した場合なんてそうね。それとか「アーティストさん」とか。だからなのか、本気でアートしている(いや、みんな本気か。それがまた厄介なんだな)方々は「美術家」って呼び替えたりしてますね。こういう、なんていうんだろうか、みんなが使い出しちゃって急に安っぽくなったり、意味が横滑りして変質してしまったりするの、自分の身近なところで起こると困るんだよな〜ってこと、ないですか?僕らの場合「オープンハウス」ね。設計した住宅が完成した際に、施主の合意を得て設計仲間や一般にも疲労、じゃなかった披露するのが慣例なんだけど、そういう時に「オープンハウス」って言うんですね、もともと。ところが最近は不動産屋さんが中古の物件を売り出しにかけるときにこう呼んでるんで困っちゃう。だから建築関係じゃない知人に「オープンハウスのご案内」ってお知らせすると「なに、上垣内さんって、物件を設計するだけじゃなくて販売もしてるの?」って聞かれちゃうのね。違うんですよ、僕らは設計しかしてません。ていうか物件じゃないですから。だからなんて表現するのかいつも困ってますよ、最近。「建築家」って呼称なんかも気をつけないと「アーティスト」と同じ道を歩みつつあるなんてことないですかね。やっぱり自称なのが痛いところだよな。
[PR]
by uegaito | 2007-07-09 21:56 | つれづれ | Comments(0)
銀座でいま開催されている家本展が新聞に紹介されました。びっくり。いやびっくりしてちゃいけないか。
[PR]
by uegaito | 2007-07-08 14:23 | お知らせ | Comments(0)
料理人をしている8歳下の従兄弟がとうとう念願の独立を果たし、品川区は大井町に今日、『和彩料理やまなか』を開店しました。元々ホテルの和食部門で修業した人なので、味は保証しますよ。是非みなさん(誰?)食べに来てくださいね〜。インテリアは残念ながらうちではありませんので念のため。

和彩料理やまなか
東京都品川区大井1-24-4大井町センタービル1F
03-3774-7308
日曜日のみお休み(祝祭日は営業)
[PR]
by uegaito | 2007-07-03 22:47 | お知らせ | Comments(0)

ウエガイトのブログ


by uegaito