<   2006年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧

f0113361_23145360.jpg

今日は夕方から日本建築家協会連続企画展示「アーキテクツギャラリー」の今週企画『まちへ』のクロージングパーティに行った。出展者のひとり南條洋雄さんは、学生時代にバイトで大変お世話になった建築家。写真は会場の様子。会場に行ってみると、これまた学生時代からもう20年連みっぱなしの志岐さんがいた。どの世界もそうなのだろうが、例に漏れず建築界も狭い。個人的な印象としてはかなりな狭さだと思うな。その後この協会の会合に出席したのだけど、終わってから隣りの部屋を覗いたら(賑やかだったので)、建築ジャーナルの西川編集長に会った。さらにびっくりしたのは、そこに修業時代の同僚のミッキー中村さんがいたことだ。いつも変わらずいいキャラだ。リアクションも全く変わってない。頷きあいの無間地獄に陥りそうになったが、頃合いを見計らいつつ退散。
今日は報告調になってしまってすみません。
[PR]
by uegaito | 2006-11-30 23:14 | 建築 | Comments(0)
一週間ほど前から、娘の右目のまぶたにアトピー性皮膚炎のような症状が出たので、いつもお世話になっている東京駅前クリニックの北崎先生に診てもらう。幸い大事ではなかったので良かった。
この先生は、恐らくアトピー患者の診察・治療人数では日本でも指折りの方だ。先生には結構古くからお世話になっていて、現在のクリニックのインテリアを手がけさせて頂いてもいる。非常にご多忙な先生だけど、昔から何ともいえない独自の時間と世界を持っていて、話が楽しい。こういうタイプの先生は診察時間も5分もないんじゃないかって誤解されがちだけど、かなりしっかり診察時間をとって下さり、じっくり話を聞いて診てくださる。インフォームド・コンセントの王道を行っているようなクリニックじゃなかろうか。対話は医療も建築設計も同じ。僕もこれだけは先生に負けないように気をつけよう。
[PR]
by uegaito | 2006-11-29 23:34 | つれづれ | Comments(0)
たまに一般の方に「建築士と建築家の違いはなにか?」と尋ねられるのだけど、犀川先生だったらどう答えるだろうか。「画数が違う」かな。もしくは「国に決められて存在するのが建築士、自分の責任のもとに自分で名乗るのが建築家」だろうか。世間では建築士=設計者と思われていることが多いだろうし、2級より1級の方が優秀と思っている人も相当いるだろう。どちらも実情は「必ずしもそうとはいえない」。なんせ建築士は設計(意匠・構造・設備)の他にも施工や行政、教育機関など多方面に亘って、1,2級合わせると101万人いるんだそうだから。もちろんだぶって所持している人もいるし、亡くなっている人もカウントされているので現状の総数ではないけど、こんなに多くては国民の100人に一人は建築士だけど、全員が設計者だったら大変だ。そんなに設計の仕事はないです。「=設計者」はどちらかというと建築家の方が世間のイメージとのずれが小さいだろう。それが自称というのは、どうなんだろう。
[PR]
by uegaito | 2006-11-29 00:20 | 建築 | Comments(0)
iPodシャッフルを買って、ひと通り大好きなロックを脳に充電したら、違うのも聴きたくなってきた(=飽きた)。自宅の奥にしまわれている昔むかしに買ったCDたちを漁ってみたら、不思議なのが(やっぱり)出てきて、そいつらを端から順に聴きだしてるのだけど、まずはいきなりヒットが出た。TMスティーブンス。いやあ、キてますよ。アウト・オブ・コントロールってバンド名なんだけど、そのまんまだ。『ブーム』(←これじゃなにもわからないよね)という10年以上前のアルバムで、スティーブンスさんはベーシスト&ボーカリストで、とにかくものすごいうるさい(苦笑)。最初から最後までうるさい。日本の方に例えると鳴瀬嘉博ってところか?(すみません、ごめんなさい)。我が家のコレクションで10年間ほっとかれたのって、それなりに理由はあるのだなと思いつつ、今聴いてみると、これがなぜか、心地いいのです。そういうのってありますよね?たまにはうるさいのもいいものだなあ(いつも聴いてるのとどう違うのだと突っ込まないで下さい)。
[PR]
by uegaito | 2006-11-27 23:52 | ロック | Comments(0)

健康と青汁とチタン

今年に入ってから、毎朝青汁を飲んでいる。もともとこういうのはバツゲームのためにあるものだと思いこんでいたのだけど、あるお施主さんに勧められて試しに飲んでみたら、これが案外どころか大変美味しい。それ以来一日一杯必ず飲んでいて、しかもたまに事務所の近くの青汁スタンドにも行くくらい。それにしてもこの青汁スタンドというのは、これがまたすごい。入るとまずあのケールのニオイ(「匂い」でも「香り」でもないのです、やっぱり)がムア〜っと襲ってきて、でもそれにひるまずに「青汁一杯」と注文すると、グラスになみなみと、それこそ表面張力目一杯、注いでくれる。こいつを一気に飲み干した日には、しばらくビタミン一式やカロチンを摂らなくても楽勝なのではないかと満足してしまう。一杯300円。冬はケールが甘くなる季節になるので、初心者の方はこれからチャレンジすることをお勧めします。
しかし昨年くらいから、施主の方々との話題がなぜだか健康に関することが多くなった。やはり不健康に見えるのだろうか。別のお施主さんからはファイテン勧められたし。
[PR]
by uegaito | 2006-11-26 22:05 | たべもの | Comments(0)
f0113361_21382780.jpg

下の娘の脱力アートっぷりにはいつも驚かされるというか目が点になるというか、どうしてこういうことするかな。靴下にボールを入れて顔を描いて、「見て見て~かわいいでしょ〜」って。どうすんだよ、靴下。。。
[PR]
by uegaito | 2006-11-25 21:38 | 我が家のことですみません | Comments(0)
今日、学生から立ち食いそばの美味しい店を尋ねられた。厳密を旨とする自分としては、まだ十分調査が出来ていない状況下で、あまり適当なことは言えないのだが、ケチと思われるのも癪なので、現時点での最良店を教えた。
その後、高1以来の友人日向君と会って、経営者の心得についてレクチャー受ける。彼は同じ理系ながら、技術系営業としての経験が豊富で、経営をエンジニアリング的に解釈してアドバイスしてくれる。そこまでわかっているなら自分でやったらどうかと言うと、それとこれとは違うのだという。そこがまた世の中の面白いところなんだろう。自慢ではないが(こんなところで自慢しても仕方ないし)、僕は彼のような信頼できる親しい友人に恵まれていることだけは確かだ。林のようにスタッフに余計な事(高校時代のお恥ずかしいハナシ)を吹き込むのは困るけど。
[PR]
by uegaito | 2006-11-24 22:51 | つれづれ | Comments(0)

病気の予防と心と内臓

今日は、現在工事中の現場を施工している太陽ハウスが毎年勤労感謝の日に開催している感謝祭に行ってきた。ここ数年は千葉西総合病院の先生方に、それぞれのご専門を中心に健康に関する話題を聞く企画になっていて、今日は消化器科部長の梅谷先生に、消化器系の癌についての話を聞いた(こう書くと数人で聞いているようだけど、600人くらい聴衆がいる大きなホールでの講演なんだけど)。この先生は消化器科の部長さんだからもちろん消化器がご専門なのだけど、心療内科の外来も持たれているそうだ。それは「こころ」が「からだ」の働き・調子と密接に関連しているからで、こころの安定が免疫力を増し、病気の予防につながると(なんかみのさんの番組みたいになってきた)。消化器系の癌を予防するには、自分の性格を否定しないで好きになることが重要と言っていた。なるほど。宇宙人ネタで東スポにまんまとヤラレる自分を、愛らしいと思えるようになれということか(その前に、いつまでもこういうつまらないことに拘る自分を愛らしいと思わないといけないか)。
[PR]
by uegaito | 2006-11-23 22:52 | つれづれ | Comments(0)

鉄骨建て方開始

f0113361_9505841.jpg

今日からさいたま市の住宅の鉄骨建て方が始まった。こちらは鉄骨造2階建てで、来春竣工予定。既存の住宅と一緒に中庭を形成する設計で、適度な囲まれ感が心地よい空間を生みそう。
この写真は現場に今立ち会っている担当の高橋さんから。
[PR]
by uegaito | 2006-11-22 09:50 | 現場進行中 | Comments(0)

宇宙人と自分に嫌悪感

今回ばかりはほとほと自分に愛想が尽きた。駅の売店で見かけた「やらせ宇宙人/私が作った」という見出しにまんまと引っかかって、東スポなどという一流紙を買ってしまった。東スポなのだから、絶対記者の脳内現実でしかないと、頭ではわかっていたのだけど、ロズウェル事件の宇宙人の真実<かも知れない>とのせめぎ合いの結果、後者に負けたかっこうだ。なぜこんなに「宇宙人」に反応してしまうのだろう。思えば僕が小学生の頃は世の中、不思議なことだらけだった。テレビも雑誌も書籍でさえも(『世界七不思議図鑑』とか・苦笑)不思議だらけだったものだ。その影響で、頭の奥の方は未だにファンタジーなのだろうな。今の子供の方がずっと冷静かも知れない。
[PR]
by uegaito | 2006-11-21 18:39 | つれづれ | Comments(2)

ウエガイトのブログ


by uegaito