カテゴリ:ことば( 4 )

SF寒しと差異と差別

もう24年も前、大学院の1年生の夏にちょっとだけアメリカの学校を体験しに行ったことがある。サンフランシスコ郊外のとある州立大なんだけど僕は旅行を含めてこの時初めての海外でして、真夏に日本を出発して行き先がカリフォルニアなんだから暑いはずだとTシャツで空港に降り立ったらなんせ寒くて右往左往したもんだ。行き先の情報をちゃんと調べずにとにかく行っちゃうの、未だに治らんな。ところでこういう感じだから日本人以外の人々と話をするのももちろんほとんど初体験でして、さすが人種のるつぼアメリカというか世界各国の人たちと友人になりました。たった3ヵ月だったけど不思議と1年くらいいたような感じだった。そういう濃密な経験のなかには結構シビアな、というか日本でのそれまでの自分の生活があまりにぬるかったんだろうけど、人種の話とか思想信条、宗教にまつわることがたくさんあった。詳しくは書かないけどね。で、帰国してきて設計のバイトやら修論の準備やらになったなかでちょうどその頃流行ってた言葉に「差別化」ってのがあって、とにかく世はある種のマーケティング全盛というか、今から考えたらバブルの始まる時期だったもんだから浮ついたマーケティングもどきに接していたんじゃないかなと思うんだけどとにかく当時やたら飛び交うその言葉に非常に違和感を覚えたもんだ。使っている人たちのニュアンス的には調べてはいないけどきっと原語はdifferensiation「差異化」の方が正しいんじゃないかなって感じたんだよな。なのに「差別化」っていうとdiscriminationを想起させるでしょ。このdiscriminationという言葉に散々接してきたばかりだったので特に過敏になってたんだろうね。言葉を適当に弄ぶのがこの頃の特徴だったんだろうけどその中でもこの「差別化」はやっぱり度が過ぎて無神経だったなと思うねやっぱり。いまちなみにマーケティングではちゃんと「差異化」が使われているようなので、心あるリーダーが用語をただしたんだろうね。
[PR]
by uegaito | 2012-01-21 16:08 | ことば | Comments(0)
下町の食文化ってのは食べ物だけでなく食べ方まで含んでるーーー昨日料理評論家の山本マスヒロさんと噺家の林家正蔵師匠の対談セミナー「下町の“食”を考える」でとても印象に残った言葉。食べ方の美学ってのかな、それこそ下町の文化なんだと。このセミナーは台東区内の4つの青年経営者団体、浅草法人会と上野法人会の両青年部会、東京商工会議所台東支部の青年部、そして東京青年会議所台東区委員会が、多分初めて合同で企画したイベントで、食をキーワードに下町地域の活性化を考える2年越しの企画のキックオフセミナー。外国人観光客が激増して、浅草の飲食店での客のマナーも理解と想像を超えるシロモノになってきてるんだそうですが、それは違うよこういうふうに食べるんだよ、と気づかせてあげるのも大事な文化保存活動なんですね。ってことはその前にまずは自分が素敵な食べ方を身につけないといかんな。頑張ろ。
[PR]
by uegaito | 2010-09-09 10:54 | ことば | Comments(0)
「特許が切れても誰もできねえんだよ。これがほんとの特許だよ。な?」−−−先日、岡野雅行さんという東向島の町工場の社長さんの講演を聴いた。これはその時の岡野さんの一言。この方、特許をバカにしてるんじゃなくて特許のあらゆるテクニックや明暗を知り尽くした上での話なんですね。真似しようと思っても岡野さんの技術に誰もついて来れないんだって。終始てやんでい、べらんめいの下町がらっぱち言葉ってのもあってか心にとても響いたお話しでした。この数年、ものつくりの最前線に携わる人ほど馬鹿を見て苦しんでると感じてたので、ものつくりをここまで偉大なワザの世界に引き上げて、全てのものつくり人に胸を張れと背中を叩いてくれる人を知ることができてとても力づけられた。「町工場の強みは雑貨やってるってことだ」ってのも嬉しかった。大企業=組織力は確かにすごいけど、それだけでは不可能なことを『いろんなことに手を出して経験している一人』だから実現しちゃう。僕らの存在意義を確かめる上でも示唆に富んだ講演だった。拝んじゃいそうだったよ。
[PR]
by uegaito | 2008-06-18 09:43 | ことば | Comments(0)

そうなんだよね

「方程式を組み立てる。あとは、コンピュータが解いてくれる。答を求めることは、計算と同じで、高等なレベルの仕事ではないんだ。いつも言っているけれどね、人間の能力とは、現象を把握すること、そして、それをモデル化することだ。現象と現象の関係を結ぶことだよ。それはつまり、問題を組み立てる、何が問題なのかを明らかにすること。それができれば、もう仕事は終わり」
森博嗣『有限と微小のパン』で犀川創平のセリフ
[PR]
by uegaito | 2006-11-15 16:03 | ことば | Comments(0)

ウエガイトのブログ


by uegaito