カルロスとカヴァーゾと炸裂するおやじギャグ

再結成していそいそと活動してるラットにカルロス・カヴァーゾが加入したって、国民的ヘビメタ雑誌『BURRN!』にひっそりと書いてあった。なんてこった。この人もまだ働いてたとは。80年代のメタルの方々って本当に働きものですね~。違う?ちなみにカヴァーゾ氏のポジションは偉大なる故ロビン・クロスビーのそれ。思えばこの人、クワイエット・ライオットに入った時も直前に事故で亡くなったランディ・ローズの後釜。だからなんだって?なんでしょうね。もうこの際きっともっと働きたいと思ってるケヴィン・ダブロウを混ぜてクワイエット・ラットとかにしてしまってはいかがでしょうかってなにが面白いのかキミ。
[PR]
by uegaito | 2008-10-06 23:39 | ロック | Comments(0)

ウエガイトのブログ


by uegaito