勉強と宜しくと反省タイム

崇敬する二条先生がよくおっしゃることに、中小企業の経営者はもっと勉強しなければいけない、というのがあります。僕は仕事がら若僧の頃から経営トップの方々とお会いすることが多いので、なんとなくこの言葉の意味はわかりますね。会社を大きくしている社長の部屋って本で溢れてるし、とにかくよく本を読んでらっしゃる。やたら好奇心が旺盛で何でもどん欲に取り込もうとされる。学ぶ対象に分野の垣根がないのもパワービジネスマンとの違いかな。そういう社長ってお話ししていても本当に楽しくて時間が経つのをついつい忘れてしまう。もちろん僕がお会いする時ってのは設計の打合せでなのだけど、本題をそっちのけで経験談やいま興味があることなどに花が咲きまくって、結局設計のことはまあ宜しく頼むよ、みたいなこともあったね。そういう社長にだいたい共通しているのは、人の話を必ず肯定的に聞いてくれることかな。僕はスタッフにダメばかり言ってないか、立派な社長とお話ししたあとはいつも思わず反省タイムになる。
[PR]
by uegaito | 2008-09-08 09:27 | つれづれ | Comments(0)

ウエガイトのブログ


by uegaito