ゴキブリ一掃計画と結果が見えないと量子論的殺虫

昨日の昼間、僕の席のすぐそばに巨大なゴキブリが出現したので、そろそろ頃合いかなということで帰り際にゴキアースレッドを焚いて帰宅した。前回実施した際は、翌朝何も知らずに出社したオクイさんが悲鳴を上げるほど(多分)床にゴキブリの死骸が散乱していたって聞いてたので今朝は楽しみにしてたんだけど、一体どういうことなのか、見えるところには一匹も死んでない。だいたい一匹見つけたら30倍はいると思え、なんてよく言うでしょ。どこか家具の陰とかでひっそり大量死しているのかなあ。シュレーディンガーじゃないけど結果が見えないと効果を信じられないっつーか、やだなあ。
[PR]
by uegaito | 2008-07-12 10:36 | つれづれ | Comments(0)

ウエガイトのブログ


by uegaito