酒の効用と電氣ブランとしかくいまるい

数日前に東武伊勢崎線に乗ってたらふと、神谷バーの広告のこんな言葉に目がいった。曰く『忘れるために飲むのか、思い出すために飲むのか。ま、どっちでもいいのだけれど。』。それでふと以前読んだ新聞記事を思い出したよ。辛いことや嫌なことを忘れようとお酒を飲むと、却って記憶に焼き付けられてしまうんだって、どっかの大学の教授が解明したらしいって。だから嬉しいことがあったときにこそ電氣ブランオールドを飲みに行くべきで、なにか忘れたいことがあるときは飲まぬべし、なわけです。どっちでもよくないわけ、幸せに生きたいなら。幸せに生きるといえば、数日前カミさんが娘二人を連れて買い物に出たときの話。建物に入ったら突然ハッパが、ちがうよしかくいよママちがうよって慌てた感じで言ったんだって。出ようって。何言ってるのかしばらくわからなかったカミさん、とにかく一旦外に出てはっと気がついた。丸井に行くよって言ったのに入ったところが丸くなかったんだって。
[PR]
by uegaito | 2008-04-13 22:05 | つれづれ | Comments(0)

ウエガイトのブログ


by uegaito