富士山と20年と日本人

f0113361_13555054.jpg

大学同期の藤谷から、20年前にみんなで富士山に登ったときの写真が見つかったって送られてきた。懐かしいね。自分も含めてみんな別人のようにスリムだよ。確か88年の6月末だったような。9合目あたりでテント張って泊まったんだけど、僕は昔から山登りとか縁がなくて、どういう恰好で山に登るもんなのかわかっておらず、かなり適当な軽装だった上に夏用の寝袋を持っていったがために、夜あまりの寒さで死ぬ思いをしたんだよな。標高3700mなんだから寒いっての。大学まで出ていったい何を勉強していたのかね。でも生きて帰ってこられて良かった。「日本最高峰富士山剣が峰云々」て書いてあるからこの写真は多分翌日頂上で撮った記念写真だと思う(ってすごい適当なコメント)。登ったことがある人はみんな言うけど、富士山は遠目で見るための山で、登るにはイマイチみたいね。確かに岩と石しかない殺伐とした風景だもんね。青くないし。でも日本人なら一度は登らんと。一度でいいけど。
[PR]
by uegaito | 2008-03-08 14:10 | つれづれ | Comments(0)

ウエガイトのブログ


by uegaito