感動と友情とゲイラカイトってなによ

おれはいま猛烈に感動している。というわけで先ほどビデオに撮っておいたメジャー第2シリーズを観終わりました。冷静になるまでもなく極めて単純なストーリーでございます。でもやっぱりいいのよね。友情。これですな。思えばワタシの人生はことほどさように単純な行動原理で成り立っているのでございます。複雑に見えるとしたらそれは見る側がそうなだけね。シンプル。それはさておき、いやさておいていいわけでもないんですが、今日はチビ達の冬休み最後の日曜なので大サービスして近所の河川敷で凧揚げ(笑)。
f0113361_2323166.jpg

不運にも本日快晴なり。風がないと凧は飛ばんのですね。この写真は仕方ないのでフォトショップで合成、というのはさすがに嘘で、なんとか飛んだ瞬間をカミさんがキャッチした貴重なワンカット。直後に真っ逆さまね、わかってるとは思うけど。小学生の頃に、それまで竹ひごに和紙張って2本ひょろっと足をつけて飛ばすのが「凧」っていう概念いや文化をぶち破ってUSAから来航した洋凧に引っ掛けてよく「ゲイラガイト」とか呼ばれてましたよ、そういえば。弟もそうだった。娘達はさすがにないかな。それにしてもこの子達のテンションに一日中付き合うのは相当大変だね。夜になってもじっとしてない黙らない。おまけに観たテレビがサカナくんだもんだから五感を異様なテンションで刺激されて思わずダウン。こんな子たちを毎日何十人もいっぺんに相手する幼稚園の先生にただただ脱帽致しまして候。
[PR]
by uegaito | 2008-01-06 23:23 | つれづれ | Comments(0)

ウエガイトのブログ


by uegaito