数字のマジックと坪単価とやっぱり剣崎はかっこいい

住宅の新築を考えている人だけでなく、よく聞かれるのが「坪単価」ですね。「この業者は坪40万円でできるっていうんですけど・・・」とかね。ええと、単価ってぇのはですね、単位面積あたりの価格ですね。ってぇことは、まず分数ですね。で、分子が工事費。分母が面積ね。賢明な方ならこれ以上説明の必要はないですね。あるあるナントカじゃなくても、分母をいじるだけでいくらでも坪単価の数字は変えられるということがわかりますね。だからこんなの信じすぎちゃいけないんです。ただの目安くらいに捉えておくくらいがいいでしょう。世の中、数字のマジックはいくらでもありますよ。統計なんかその最たるものです。騙されないようにするにはどうしたらよいか。原理を知るしかないんです。よく金八先生なんかで「だいたい数学を勉強したからってよお、それがどうだっていうんだよ、え、おい」(基本的に不良じゃなかったので、どうもその手のボキャブラリィに乏しくて・・・)ってのたまう生徒、いますよね?いいですか?こういうときに役に立つんですって。分母が大きくなると単価は下がるって。前提が明瞭にならないと誤解しか生まれないね。やっぱり数学が大事なんです。ちなみに、僕は設計のために30歳過ぎてフーリエ級数を勉強するハメになるとは思わなかった。そういえば剣崎は、高嶺竜児のブーメランフックが変質したときに「おめえのブーメランはスクエア(自乗※注;2乗ですね)だ」ってクールに言ってますね。さすがは名門聖華学園の生徒さんだ。
[PR]
Commented by 鮟鱇鍋で二日酔い at 2007-01-23 16:12 x
見開きページと少ない台詞に辟易としていた記憶しかありませんが、りんかけってそんなに難しかったのですか?
やはり私はOnePieceッ子ですので今はエースと黒ヒゲの対決に夢中です。
by uegaito | 2007-01-23 00:28 | つれづれ | Comments(1)

ウエガイトのブログ


by uegaito