ネアンデルターレンシスとまんねんとアロ

唐突ですけど、ネアンデルタール人て、クロマニヨン人の祖先じゃないって知ってました?だいたい僕くらいの歳だと、高校時代でさえ、猿人(アウストラロピテクス)→原人(エレクトゥス、ペキネンシス)→旧人(ネアンデルターレンシス)→新人(クロマニヨン)→現代人って理科の時間に教わったと思うんだけど、違ってたんですね。ネアンデルタール人とクロマニヨン人は、少なくとも3万年は地球上で共存していて、前者が後者に駆逐されてしまったらしいんですね。「万年」ですよ、まんねん。去年とか再来年とかじゃないんです。もしかしたら今飼っているペットが(僕は何も飼ってないですけど)1万年後には絶滅しているかも知れないってことですよ。可愛がらねば。そういえば恐竜って最盛期のジュラ紀って1億7千万年前で、絶滅する前の白亜紀でさえ7千万年前でしたよね。ジュラ紀の最強恐竜がアロサウルスで、白亜紀はティラノサウルスレックス。その間1億年ですよ!それで指が3本から2本になるだけなんだもんなあ。気が長いですね。だから、明日までに作ってこいとか、だめですよ。アロサウルスに笑われます。
[PR]
Commented by 某阿 at 2007-01-20 00:42 x
昔の常識って、気づかないうちにどんどん塗り替えられてますね。
「旧人・新人」もそうだし、「愚鈍な恐竜」も「四大古代文明」も。
「ビッグバン理論」ってのも、既に何やら古臭い感じだもんなあ。
最近の原子(量子)物理学ってどうなってるんだろう?
たまに覗いておかないと、取り残されてしまうかもしれないですねえ。
by uegaito | 2007-01-17 23:11 | つれづれ | Comments(1)

ウエガイトのブログ


by uegaito