バッティングとセンターと三振6.67回

建築意匠設計に携わる人がみんなそうかは知りませんが僕は新しい案件が始まって最初の案を固めるまでが一番苦しむ方ですかね。いわゆる産みの苦しみってやつです。天才ではないのでポンポンアイデアが出るわけではないわけです。でそういうタームでは大抵煮詰まるもんでして昨日もまるで夏休みのハッパさんのように机に向かって固まったまま全然進まずこのままじゃいかん気分転換せねばとコウメ&ハッパを浅草に呼び出してかねてから彼女たちが行きたがっていたバッティングセンターに行ってみました。蔵前に事務所を引っ越してきた13年ほど前に一度行ったっきりだったのでほんと久しぶりに。二人は人生初です。初心者向け球速70km/hのブースを確保してまずトップバッターはハッパさんから。最初こそ空振り連発でしたが20球のうち半分くらいからかすり始めて段々当たるようになってきました。ヒット級にはならなかったけどそこそこ打ててびっくり。続きましてコウメさんいきなりファウルだけど当たって次もその次もと全部当たる。ボチボチだけど前にも飛んだり。すごいねキミ。生まれて初めてバット持ってスローボールとは言え飛んでくる球を打ってしまうんだから。で父です。キミらとは年季が違うからね。しかしまあ久しぶりだから肩慣らしで100km/hにセットしてバッターボックスに立ちました構えて第一球なんと空振り続いて第二球投げた振ったまた空振り第三球も残念空振りの三振〜。なんて脳内に誰かの実況アナウンスが聞こえてくるくらいそのまま20球全部空振りしました(涙)。言い訳するわけじゃないのですがなんだか見えないのです目が。自分でもびっくりしたんだけどボールに焦点が合わない。乱視が進んで横向きにピントを合わせることができなくなってたらしい。優しい娘に育ったコウメたちは打つ方は一旦休んでピッチングに行こうと言ってくれて今度は僕から9つの的に向かって投げることにしましたがまあしかしノーコンもここまでひどいとはというくらい的に当たらず。続く二人はこっちも生まれて初めてですからね、まあこんなもんだろうという感じでしたが要するに三人とも同じレベルだったわけですええ。もちろん納まりつくはずはありませんで第二打席に挑みました。もうプライドもなにもかなぐり捨てて球速70km/hにしたらなんとかボールを捉えることができて勘も戻ってきて段々当たるようになった。中盤からは前にちゃんと飛ぶようになったし。でも70km/hだけど。小学生のリトルリーグ以下だな親父。いやあしかしハッパはふつうの女子って感じだったけどびっくりしたのがコウメさん。かなり打ててたからね。これ毎日練習したらそこそこ打てる選手になるんじゃないかしら。さすが茶道部なのに三年連続連合陸上大会の選手に選ばれるだけあって勘が良いのかもね。いやはやしかし久しぶりに野球に触れて腕が痛くなったけどいい汗かきました。その後は三人でときわ食堂行って打ち上げ。ビールの美味しかったこと。また行こう。どんどはれ。
[PR]
by uegaito | 2016-08-07 13:52 | 我が家のことですみません | Comments(0)

ウエガイトのブログ


by uegaito