意見表明強迫症と初心がリンかけかと聞いてよねえ

だんだんブログにしてもFBにしてもツイッターにしても書くのが億劫になってきた。なんだか世の中何か意見をいちいち言わないとダメな気にさせられてるっていうかそういうのを読むのも疲れるようになった。まあだからこのブログではほとんど主張らしき主張はせずにだらだらと独り言を書き続けてるんだけどね。それもだんだん言うことがなくなってきたのは思ってることの込み入り具合が度を超してきたのかも。だからこの前初心に返ろうと思って名著『リングにかけろ!』を読み返しました。時間が無いのに。律儀に1巻から順番にね。最初の頃の高密度なコマ割りと説明的な進行はチャンピオンカーニバルのあたりで吹っ切れたようにラフ感バリバリになりまして世界大会あたりでもの凄い飛躍を果たします。これか!と閃くことは残念ながらありませんでしたかね。そりゃそうだよね。しかしこれまで散々言い尽くされていることでしょうがやっぱり菊の髪型がいつまでもお下げだったり河合のお姉さんがセーラー服着て車運転してたりなんだか不思議な漫画だよなあ。やっぱり漫画ってのはこうでなくちゃね。漫画なんだから。おまえ漫画みたいなこと言うなよ、とか言って漫画の方が緻密で現実的だったりね、そういうの辛いよね。別に辛くない?ブーメランフックまではまあわからないでもないけどと言いつつなんでブーメランなのかはやっぱり納得できないけどそれよりスクエアはもっとわからない。テリオスとかもっとわからないけどもう仕方ないと諦められる何かがあるよね。竜児が月島五中に移って剣崎と再び対戦することになったとき右手を怪我してて左手一本で剣崎に立ち向かうんだけどやっぱり上手くいかないんですがこれってその後にご登場なさる志那虎さんはローリングサンダーとかスペシャルローリングサンダーとかやっちゃってるしね。でもあっさり竜児がブーメランフックで勝っちゃうしね。まあいいけどね。何言ってるかわからないでしょう?要するに誰かに言いたいんだけど誰もこの話知らないから話せず一人悶々としてることをここでだらだらと書くってのが本来のこのブログの姿だってことに久しぶりに気づくことができて充実した時間でした。でも影道との戦いの途中でお腹いっぱいになりました。ありがとうロクさん。ありがとう朝丘先生。そういうことで。
[PR]
by uegaito | 2015-06-14 19:02 | つれづれ | Comments(0)

ウエガイトのブログ


by uegaito