安藤先生と教師モデルと事務所を閉め出してしまったことがありましてごめんなさい

春を飛び越えて梅雨入りしたと思ったら真夏とゲリラ豪雨を繰り返すような毎日にすっかり身体が参ってしまったみたい。全然能率が上がらない。さてもう既に2日前になってしまいましたが、先日大学で大変お世話になった安藤正雄先生の定年退官記念パーティが都内でありました。その会に安藤研でもなんでもないのにお邪魔して参りましたわけです。遡ること30年(苦笑)、大学に入った僕は建築学科というのは設計の勉強をするところだと思っていたので1年生の実習が図学という製図法の課題ばかりなのが好きではなくてあまり熱心に勉強してなかったのでした。最初の2年間は教養課程が主体で専門の授業がほとんど無かったのもそういう気持ちを強めてしまったんじゃないかな。そんななかで2年生になって少しずつ設計課題が始まって、最初に設計の面白さを実感したのが、この安藤先生の課題だったんです。なんだか色々見聞きするのがとても楽しくなって、先生の研究室にお邪魔して洋書の建築写真集とか見せて頂いて、多分この時に今の僕の人生が決まったんじゃないかと思うんですよね。そのくらい僕にとってはインパクトの大きい先生でした。ああそうか、今思えば僕の非常勤講師としての学生に対する振る舞いのモデルは安藤先生だったんだなと気づいた。少し服部先生も混じっているけど。この後更に何人もの素晴らしい先生に出会うわけですが、初めてという意味で安藤先生は特別な存在なわけです。なのに安藤先生の研究室に入らなかったんだよね。一昨日のパーティの祝辞で現千葉大教授の柳沢先生がうまいこと言ってた。憧れの先生のところには行かないで遠目で眺めているのが女子的にはいいんだと。まあ僕もそんな女子的心境だったのかもね。その後卒業して就職、転職をした際に、親分ととても親しい関係にあることがわかってまた安藤先生と距離が縮まり、独立してすぐ母校の非常勤にさせていただいたときもよく声を掛けて下さって毎年蔵前で食事会をした時期もありました。パーティではみんなに向かって、寂しがり屋だからこれからも遊んでね、なんておっしゃってたけどそうそう気軽に飲みに行きましょうなんて言えないよな。また蔵前に来て下さるかなあ。そうだといいなあ。
[PR]
by uegaito | 2014-06-10 19:42 | つれづれ | Comments(0)

ウエガイトのブログ


by uegaito