パーティとおめでとうとでもちょっと寂しいのはなぜ

さて一つ前の続きです。コウメもハッパも物心つく前からできるだけ自分が設計した建築が完成した際は見せるようにしてきたんですが最近ちょっと遠方の仕事が多くなったのと彼女たち自身が大きくなってそれなりに忙しくなったのもあって、なかなか機会が作れなくなってきてました。今回はそういうこともあってかなり無理矢理なんとかハッパだけでもと連れ出したわけです。思い返すと不思議とこういう経緯で連れ出せるのっていつもハッパなんだよね。なので彼女との二人旅はこの数年結構多いんです。ということで西焼津に着きました父娘ですがまずは助産院に行ってパーティ準備中のお施主様にご挨拶、パーティ開始まではまだ小一時間あったのでハッパに4年がかりの仕事の成果を見てもらいました。いつもの案内ルート、本院1階待合い→2階新生児室前→3階ホール→4階サロンと来て屋上テラスへ。ちょうど夕日が沈む頃でハッパさんはここが特にお気に入りのようでした。それから1階に戻って再び助産院へ。程なくして院長先生登場であらためてご挨拶。お嬢様風のご挨拶を仕込んでおけば良かったと心の中で呟きつつしかしまあそれなりにちゃんとご挨拶できてて良かった。助産院の中も一通り見学し終わった頃清水さんも到着、本院スタッフの皆さんも続々到着されていよいよパーティの始まりです。院長先生のご挨拶のあと乾杯となったのだけど気を抜いていたらまさかのご指名。慌てて乾杯の前の一言をお話しさせていただきましたが僕はとにかく昔からアドリブがききません。冷静に考えれば昨年の本院開院祝いの際も振られたので今度こそちゃんと事前に原稿を起こして暗記して臨むくらいすべきだったんだよな。しどろもどろになりながら挨拶する父はハッパにどう映ったかな。まあ僕のダメダメ話はそれくらいにして院長夫人お手製の豚汁やたくさんの美味しいお料理、それからとっておきの美味しいお酒をいただき楽しい時間を娘とともに過ごさせて頂きました。皆さんからも過分なお褒めの言葉をいただきまして設計者冥利に尽きる幸せな日でした。写真はパーティの中盤でケーキ入刀をする本院師長と助産院師長(でいいのかな・・・)。撮影はハッパさん。勝手に載せちゃってごめんなさ〜い。
f0113361_19162245.jpg

本院の4階にあるサロンももちろんパーティに使えるのだけどやっぱりこの助産院のリビングは居心地が違うなって皆さん思って下さってるんだろうな。こぢんまり感も含めてより住宅的な心地よさと、中庭〜本院の待合いへと抜ける「閉じた開放感」みたいなの、これは実際にここに来ないと実感できないかな。あらためて前田産科婦人科医院と繭のいえ助産院のグランドオープンおめでとうございます!
[PR]
by uegaito | 2013-11-27 20:51 | 我が家のことですみません | Comments(0)

ウエガイトのブログ


by uegaito