ハッパデートとなかださんリスペクトと姉妹仲良くはいつの日か

寄ると触るとケンカばかりなコウメとハッパなので、たまに僕とカミさんで二組に分かれて過ごす日を作ってます。一昨日の日曜は夕飯をコウメの誕生日祝いに全員で外食することにしてそれまでの半日をカミさんとコウメ、そして僕とハッパという組合せで出かけることにしました。かねてからご案内頂いていたなかだえりさんの個展の最終日ということもあって、僕らは千住に向かうことに。ハッパは家族4人でいる時はとにかく寡黙でして、ヘタすると声を発するのはケンカする時か泣く時って感じで。小さい頃からせっかちでおしゃべりな姉が全部しゃべってくれちゃうので黙ってても用を成すみたい。でも二人でいると実は結構よくしゃべるんです。思いのほか言うこともおしゃまになってきてるしね。それにしても千住の街って飲みに行くことしかなかったので昼の街がこんなに賑やかで楽しいとは知りませんでしたよ。二人でまち歩きしながらすっかりハッパさんとのデートの様相を呈してしまった。まだね、手とか繋いでくれるしね。良い子だなあ。そんなこんなでなかださんのご自宅兼アトリエである個展会場に着いて、築190年の<蔵>にまず感嘆のハッパさん。なんせ絵を描くのが大好きで絵だけは誰にも負けないと自負してますが壁を埋めるたくさんの駅弁のイラストにいたく感動しておりました。コウメが後生大事にとっているだるまの駅弁もイラストの横に容器も飾ってあったりして、これ食べたとか見たことあるとか盛り上がりましたよ二人で。へへへ。『奇跡の一本松』をはじめとするなかださんの著作と一緒に会場で売られてたイラストのポストカードを欲しいというハッパさん、折角だからご本人いらっしゃるので自分で買いに行かせたら、サインが欲しいと言い出しまして、ちゃっかりいただいちゃってました(汗)。ハッパさんいたく尊敬の念を抱いたらしい。動物は自分より強い相手は本能的にわかるってやつか。違うか。なかださんも小5の厚かましいお願いに快く応じて下さってほんと感謝です。三丁目の夕日のワンシーンみたいだって言われてましたねそういえば。そしてその後は会場でばったり会った富士川太一&白川貴子夫妻と一緒に珈琲物語でお茶。ここでもなかださんのイラストがたくさん飾られているのを見てハッパさん更に感激しておりました。富士川さんはそのハッパにいたく感激しておりましたが。どうも有り難うございます。とまあ充実した千住の半日を過ごしたわけですが、これでしばらく姉妹ゲンカはないなと思ったあなたはまだ甘い。夕方コウメ組と合流して仲良かったのはほんのつかの間、あっという間にいつもの騒々しい言い争いが始まってうんざりでぐったりな日曜日になりました。そういうことで。
[PR]
by uegaito | 2013-06-04 21:07 | 我が家のことですみません | Comments(0)

ウエガイトのブログ


by uegaito