野に放つと幼虫とシャーペンの芯

一昨日の話。父は仕事、母は用事で埼玉に行かなきゃってんでコウメとハッパは行きがかり上曳舟のヨーカ堂で時間をつぶしててくれとなりました。小5と小4、まあ色んな悪さも覚える年頃なので父としては気が気ではなかったのですね。自分の子どもを信じないのはいかんと思い直しましたけど二人ともまあ結構自慢じゃないですがどちらかというと比較的平均より可愛い方ですので変なのに絡まれたりしないかも心配になるわけです。カミさんもさすがに心配なようで急いで用事を済ませて曳舟に戻ったと。カミさんはうっすらと、ゲームセンターにいる二人を覚悟していたそうです。そしたらあなた、二人はカブトムシの幼虫と遊んでましたとさ。なんでもスカイツリーの開業記念でヨーカ堂でカブトムシの幼虫を無料配布してて(なんでやねんて感じでしょうが僕もあなたと同じ気持ちです)これが意外と子ども達が誰も食いつかず、ウチの子たち、厳密に言うとハッパさんだけが、かわい〜とか言いながら見ていたら3匹もくれたんだそうです。二人を見つけたカミさん目テンで、聞けばここに来る前は文具売り場でシャーペンの芯を買ってたんだって。なんて素朴な二人だろうこと!君ら本当に墨田ッコか?いやそれでいいんだけど。というわけでその後僕とも落ち合って一緒に腐葉土を買って帰って、我が家には3匹のカブトムシの幼虫がカメタンの仲間入りをした次第です。ちなみにカメタンは我が家のペットの最長寿記録更新中です。カブトムシの幼虫を水槽に移す時、手伝ってくれたハッパさん、ちょ〜かわい〜とか言って幼虫をいじくる。しかし不思議な子だよあんたは。まああれだ。今年こそちゃんと成虫に孵そうな。
[PR]
by uegaito | 2012-05-29 20:30 | 我が家のことですみません | Comments(0)

ウエガイトのブログ


by uegaito