すき焼き通検定と合格と愛妻家ですがなにか?

f0113361_18405486.jpg

おお、なんと素晴らしいツーショット。第5回すき焼き通検定無事合格しました。お隣は検定主催者で浅草雷門すき焼きちんやの住吉社長でございます。第1回検定合格者のカミさんに続いて、夫婦ですき焼き通となりました。せっかく掲げている認定証と名著『すき焼き通』がとんじゃって全然見えないですね(汗)。台東区のセミナー仲間の柿本さんも一緒に受験してもちろん合格。合格するとちんやメンバーズカードがもらえるんですが記念日を1日申告しなくてはなりません。結婚記念日はカミさんが既に設定してしまっておりましたのでさて僕はいつにしようかと、これがしかし意外といつにしたらよいか思いつかないものなのね。会社の設立記念日つまりコウメの誕生日というのもいいかなと思ったのですが6月ですからね、折角だからもう少し早く来るほうがいいかななんて思ったりしてウダウダしてましたが、そうだカミさんの誕生日だろうここはと記念日欄にカキカキしてたら隣の柿本さんも奥様の誕生日にしたんだと。おおみんな愛妻家だ。ここ笑うところではないですからよろしく。ところでこのちんやの住吉社長、もう2年近く毎日ブログを更新し続けてまして、これがまた毎日読ませる内容なんです。これを読んでると、食の関係者の悩みや抱えている問題と、実は建築のそれは非常に似ているんだなっていつも思わされますね。もしかしたら医療の世界や教育の世界も同じような共感を思えるんじゃないかしら。そういう思いをふと起こさせるのは住吉さんの達者な文章力のなせる技なんでしょうね。
[PR]
by uegaito | 2011-11-28 18:40 | つれづれ | Comments(0)

ウエガイトのブログ


by uegaito