品性と電気代とバリアフリーはどこに

さすがにトップページにカブトムシの幼虫の写真てのもなんなので早速更新。福島に仕事先を持っていたのはもしかしたら僕にとって冷静に今回の原発事故を見つめる良いチャンスだったのかもと思う今日この頃。首都圏に避難してきた福島の子ども達が避難先でいじめられるニュースはTVでも報道されたりしてそこそこ知られていると思うけど、いわきナンバーの車だというだけでいたずら書きされるというのは知られていないんじゃなかろうか。とにかくこの事故をきっかけに様々な人の品性の程度が透けて見えるようになったね。新生さぎり荘のオープン初日に実際にあった問い合わせ、いわきの住民なのですが私たちも入れてもらえるんでしょうかというもの。聞きようによっては村外者でも利用できるのかという素朴な問い合わせかなと思うけど、実は放射能問題で入浴を拒否されるのではないか怯えているんだそうです。なんでそんな言いがかり的なことを怯えないといけないのか。拒否された事実が無ければそんなことは思わないもの。ちなみにさぎり荘は今年一年間は被災された浜通り側の住民には無料で開放するそうですので心配には及びませんが、こういう話を聞くにつれ、僕は賠償の原資確保に増税で対処する発想は無いのではないかと思わずにいられない。確かに原発による電力確保は国策だったかも知れないし当時の国民が選んだ政治家達がそういうのを推進してきたかもしれないので国民全員が償わないといけないという意見も一理あるとは思う。でも少なくとも福島県の皆さんに同様に増税するのは絶対おかしい。賛否色々あることは重々承知の上で僕の私見を言うと、やっぱり東電管轄の電気代を上げて賠償に充てるべきだと思うな。もちろん東電は資産をはき出すだけはき出してもらった上で足りない分についてだけど。これは電気を深く考えなく貪ってきた首都圏の住民が反省をこめて冷静に生活を見直す良いチャンスなんじゃないかしら。使わなければ電気代は増えないんだから、使いたい人が余分に払えばいい。産業用の電気代が上がれば物価も上がるという意見もあろうけどそれはまた知恵を絞ればいい。真夏は休みにしても生活できるような社会にするってのも選択肢としてはアリでしょうし。ここぞとばかりに消費税などで増税する方が遙かに社会全体に悪影響を及ぼすと思うよ。僕が子どもの頃はエアコンなんて家には無くてせいぜいウィンドウファンが付いてたくらい、エアコンが家に付いたのは中学生の頃でリビングに1台だけだったもんだ。今じゃ全ての部屋にエアコンをつけたいって言われるもんな。その結果の猛暑なんだからみんなで一斉にエアコンをストップすれば気温は絶対下がるだろうね。3年くらい前にガソリンが高騰した時みんな車に乗らなくなって、その夏の夜の気温がぐっと下がったことがあったでしょ。そのくらいてきめんに効くはずですよ。だいたいこれでもう新しい原発なんてそう簡単につくれなくなったんだしじゃあ太陽光だって言ったって技術が完全に確立されているわけじゃないので即代わりになんてなんない慢性的な電力不足が続こうってなかで、節電つってエスカレーター止める鉄道会社のメンタリティなんかに疑問を投げかけつつ、なにが無駄でなにが必要かを人任せにしないでしっかりみんなで考えないとね。と言っても僕だってエアコン使わないってのができるか自信はない。この夏はそれなりに心配だけどね。
[PR]
by uegaito | 2011-05-06 20:18 | つれづれ | Comments(0)

ウエガイトのブログ


by uegaito