γ-GTPとノンアルコールビールと飲み過ぎ注意報

去年の10月に久しぶりに健康診断受けたらそれまで全く何ともなかった肝臓の数値が異常に高く出たことがこの物語の始まりでした。な〜んてモノモノしい書き出しですが、要するにγ-GTPが男性の正常値上限70に対して238だかなんだかをたたき出してたわけです。慌てましたね〜そりゃ。だってあなた、肝臓は沈黙の臓器って言うじゃありませんか。自覚症状が出た時はもうお終いだって。で泡食ってネットで状況を調べたら「前日にお酒を飲んだら高く出ます」ってのがあって、ふと思い出しました。前の晩、日本工大の課外授業の後で学生たちと飲んだんだった(汗)。とは言えさすがに再検査をして安心せねばと思いつつ年を越してしまい、1月も半ばの頃、突然お酒が美味しくなくなったもんだからこりゃそろそろ潮時かということで1週間ほど断酒して再検査しました。結果は170とまだまだ高かったけどお医者さん曰く1週間止めた程度では抜けないよと。そうなんだ。。。ところがこの間にお酒を飲まなかったのが結構身体に楽だったようで、それまで毎日飲んでたのに意外と飲まなくても大丈夫になってしまったみたい。再検査後もう一回今度は2週間断酒実施しまして、再々検査したところ今度は95。酒だねやっぱり、だって。要するに肝臓が疲れて処理能力が落ちてるんだそうです。この断酒期間に覚えたのがノンアルコールビールでして、これって意外と美味しいんですよね。喉越しがビールなものだから十分飲んだ気がして、なおかつ酔っぱらわないので便利。多分ビールしか飲まずにいたらさすがにこれは不味いってなるんだろうけどお陰様ですっかり「ニセビール」に慣れてたからね。大して変わらないじゃんて。みんなと飲んでても違和感ないし、頭ははっきりしてるし、お奨めですよこれは。ということで昨夜は1リットル飲んで寝ました。朝方膀胱が破裂しそうでした。飲み過ぎには十分注意しましょう。
[PR]
by uegaito | 2011-02-17 09:59 | 健康または不健康 | Comments(0)

ウエガイトのブログ


by uegaito