台彪会で二の酉と商売繁盛とデフレはもううんざりだっての

昨夜は台東区の経営セミナーが終わった後、受講しているみんなで二の酉の鷲神社に参拝に行った。商売繁盛を願う気持ち、みんな一緒だよね。そしらた「みんな」なんてもんじゃないのね。考えることはそれこそみんな一緒なのか、もはや神頼みしかないってのか、大鳥居から千束の交差点の辺りまでとにかくすごい行列なのでした。夜の10時近くでですよ。やばいね今日中に参拝できないかもねと言いつつ反対側、竜泉の方の列に並んだら、こっちは比較的すいてて案外さらりと鳥居をくぐれた。まずはみんなで工房巡りでお世話になった「よし田」さんへ行って宝船熊手を買った数人の仲間に便乗してみんなで三本締め。人数が多いと威勢もいいね。なんか来年は商売繁盛だ〜って気になるもんだ。再度参拝の列に紛れ込んで無事お参り、あいにく降り出した雨のせいで念願の屋台飲みが叶わず西浅草まで戻って遅い食事。それにしてもこんだけ参拝客が溢れてるのを目の当たりにすると、やっぱり巷は本当に不景気なんだって実感するね。一の酉の時にも書いたけど、参拝客はいるのに大きな熊手を持って歩いている景気良さそうなシャチョーサンが少ないような気がして。同日に発売開始になった年末ジャンボ宝くじも行列また行列なんだってね。この前経験したばかりだろうにまたデフレに突入したみたいだし、我が国さんいい加減学習しないとね。安売りに喜んでると国が滅ぶって。
[PR]
Commented by うくさん at 2009-11-26 20:47 x
本当にそうですね!我が国、いい加減学習しないと!
海外に出ると、本当にそう思いますよ。つくづく・・・。
安売りだけが能では、本当に国が滅びる。
限界点が無料だったらいいけど、普通は利益を取らないと
いけない訳ですから。
by uegaito | 2009-11-25 13:59 | つれづれ | Comments(1)

ウエガイトのブログ


by uegaito