政権交代と怨嗟の連鎖はお終いねと建築も夜明けに期待

とうとう政権が交代しましたね。今回つくづく実感したのは、怨嗟の連鎖というか、遺恨を残すようなことやると必ずやった人に返ってくるんだなってこと。相手をこてんぱんにやっつけるタイプの戦い方というのはダメですね。もう今回でこういう怨恨型の選挙はやめて欲しいなって思いましたとさ。ともあれ最近目まぐるしく改正(改悪)された建築基準法や建築士法などに大いに問題意識をお持ちの方が国土交通大臣になる可能性が非常に高そうなので、僕らとしてはそういう意味でもようやく夜明けが来たかもって期待するし歓迎したいです。
[PR]
by uegaito | 2009-08-31 11:17 | つれづれ | Comments(0)

ウエガイトのブログ


by uegaito