腹痛いとべそと感受性

6年間皆勤賞を狙うなどと大風呂敷を広げまくってたコウメさん(小1)、昨日の朝登校寸前にお腹が痛いと泣き出した。どうも良く話を聴くと学校で友達とうまくいってないらしい。この子は僕に似てというかカミさんにも似てというか気の毒なことに妙に感受性が強い部分が両親に似てしまったんだな。まあでも慣れて自分で克服していくしかないのだから、腹痛いくらいで休むなとべそかくコウメを送り出す。どうせ相手は大して考えてなくてコウメさんが独り相撲してるんだろうからね。そしたら今朝はケロッとして楽しそうに学校に行ったよ。やっぱり子どもだ。こうやって少しずつ社会に揉まれて強くなっていって下さいよ。この話とは直接関係ないけど、それにしてもこう先の見えない世の中になって自分のことばかり主張する変な人が増え出すと、へたに感受性がない方が幸せなんじゃないかって心配になったりする。正義感なんかも一緒。子どもを育てるのが難しい世の中になったって思うよ。そういうことで。
[PR]
by uegaito | 2009-02-10 08:56 | 我が家のことですみません | Comments(0)

ウエガイトのブログ


by uegaito