グランド湯行きたいとリフレッシュと懐かしい時代

事務所で仕事してたら携帯が鳴る。出るとコウメで、今日は近所の銭湯に行きたいのだとのたまう。変わった子たちだなあ。僕は基本的にずっと内風呂で育ったので、銭湯ライフに目覚めたのは修業時代に広尾の風呂無しぼろアパートに住むようになってから。実際には建築に目覚める大学2年の冬あたりから、卒制のお手伝いや設計事務所の徹夜バイトなどでボチボチお世話になってたけどね。よく作業が煮詰まったり疲労困憊した時なんか、銭湯行ってリフレッシュしたもんだ。大きい湯船はやっぱり気持ちいいもんね。今も事務所の近所に名物の梅の湯があるけどさすがにここには行ったことないな。おっと早く帰らねばコウメとハッパが待ちくたびれて怒り出すね。そういうことで。
[PR]
by uegaito | 2009-01-24 17:53 | 我が家のことですみません | Comments(0)

ウエガイトのブログ


by uegaito