卵とカマキリとところで凧揚げはどうした

先週にわか雨にちょうどやられて叶わなかった凧揚げをしに、近所の荒川土手へ。凧揚げというのはやってみると意外と退屈なものでして、コウメとハッパに凧を託して僕はあるモノを探しに。昔子供の頃ちょっと探せばごろごろ見つかったのに、なぜかどれだけ探しても一つも出てこない。諦めて二人の方に戻ったところでようやく一つ発見。二人に見せたらすぐにコウメが2つ目を見つけた。子供の目の高さについてることが多いのかな。結局5つ見つけてそのうち2つを家に持ち帰る。さて何の話か。
f0113361_2256627.jpg

そう、カマキリの卵。本当はオオカマキリの卵を二人に見せたかったんだけどなぜか無いんだよな。なんにしても二人にとっては初めて見るものなのでこれがカマキリの卵だと言われてもピンと来ないらしい。そりゃそうだ。春になったらうじゃうじゃ小さなカマキリが出てくるんだから楽しみだ。今年はバッタじゃなくてカマキリか、とも思ったけど肉食?のカマキリを飼育するのはちょっと大変なので孵化した時点でさよならだな。そういうことで。
[PR]
by uegaito | 2009-01-18 22:59 | つれづれ | Comments(0)

ウエガイトのブログ


by uegaito